喫食障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

喫食障害(きっしょくしょうがい)とは美味しく食事をすることが、何らかの要因で障害を受けること。

要因[編集]

  1. 歯科・口腔の要因
    • 歯痛をはじめとする口腔内の疼痛。動揺の著しい歯牙の存在。
    • 義歯の不適合や破損。義歯安定剤の不適切な使用。
    • 口腔内の腫瘍やのう胞。先天異常。口腔乾燥。外傷。舌苔など
  2. 身体的要因
  3. 心の要因
    • うつ病。家族関係などの不和。不幸などさまざまな精神的ストレスなど。
  4. 喫食環境
    • 孤食。冷たく暗い雰囲気。騒音。臭い。食器や部屋の配色や照明など。
  5. 喫食状況
    • 言葉かけ。食事時間。喫食量など。
  6. 献立など
    • 冷えた食事。嫌いな食べ物。香りの悪い物。
    • 見た目が著しく悪いものなど。