嘉月絵理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

嘉月 絵理(よしづき えり、本名:小池 絵理(こいけ えり)、3月18日 - )は、宝塚歌劇団卒業生(元月組副組長・男役)。東京都世田谷区出身、東京都立松原高等学校卒業。公称身長166センチ、血液型AB型。一時、絵理と改名したが、嘉月絵理に戻す。宝塚歌劇団時代の愛称えり

略歴[編集]

父は俳優の南原宏治。母は宝塚歌劇団36期生で女優の上月左知子。兄が二人おり、長兄は俳優の南原健朗、次兄は元俳優の山口正朗。その影響で、幼少時より芸事に親しむ。

1989年宝塚音楽学校卒業後、宝塚歌劇団に75期生として入団。入団時の成績は10番。星組公演「春の踊り~恋の花歌舞伎~/ディガ・ディガ・ドゥ」で初舞台を踏む。 同期に湖月わたる伊央里直加美穂圭子らがいる。

新人公演時代は主にベテランや専科が演じた重厚な役どころが多かった反面、当時の月組のスター級が演じた難役、「PUCK」のオベロン(本役真織由季)や「ハードボイルド・エッグ」のジョージ(本役久世星佳)、「ミー・アンド・マイガール」のパーチェスター(本役汐風幸)なども与えられた。

1990年、月組に配属。

2005年光樹すばる副組長の退団に伴い、月組副組長に就任。

2007年、「MAHOROBA-遥か彼方YAMATO- /マジシャンの憂鬱」東京公演千秋楽をもって退団。

退団後はアミューズメントパークのダンストレーナーとして活動していたが、2010年に芸名を「絵理」と改め、THEATRE MOMENTSの舞台『マクベス - シアワセのレシピ』にて退団後に初めて舞台に出演する。その後「嘉月絵理」に戻す。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

舞台[編集]

  • THEATRE MOMENTS vol.14 『マクベス - シアワセのレシピ』マクベス夫人(2010年5月、シアターX)
  • 東宝『レ・ミゼラブル』(2011年4月 - 6月) 
  • 『何処へ行く』(2014年3月、シアター1010
  • ミュージカル『マリオネット』ナポレオン(2014年5月 - 6月、六行会ホール)
  • ニールサイモン「映画に出たい」スティフィー(2014年9月)
  • ミュージカル座 ミュージカル『タイム・フライズ』(2014年12月、シアター1010) - 剣持和子
  • e-stage『幸せの王子』(2015年3月、神戸灘区民ホール) ※主演
  • 『コンクラーベ』(2015年5月) - カレルレンゴ・アスカーニオ
  • 『誓い〜奇跡のシンガー』(2015年9月、中野区野方区民ホール・クレオ大阪中央大ホール・いわきアリオス中劇場)
  • 朗読劇『時空を旅する女たち』(2015年12月、なかの芸能小劇場
  • 『マリオネット』(2016年5月、六行会ホール
  • 『ママの恋人』(2016年7月、中目黒キンケロ・シアター
  • 『ダンスレボリューション~ホントのワタシ~2016』(2016年8月、築地本願寺 ブディストホール)
  • 朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』(2017年11月、紀尾井小ホール
  • 『龍馬とryoma』(2018年3月、杉並区立杉並芸術会館 座・高円寺2)
  • 朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』(2018年4月、大丸心斎橋劇場)
  • 『リーディング・ミュージカル スウィングしなけりゃ意味がない』(2018年5月、渋谷シダックスカルチャーホール)
  • 『月とサンポーレ!!』(2018年1月、中目黒キンケロ・シアター)
  • 『龍馬からの手紙』(2018年7月、セシオン杉並
  • 『五・五合目の海』(2018年9月、シアターグリーン
  • 『月とサンポーレ!!』(2018年10月、宝塚大学 アートヒルホール)
  • 『鬼女』(2019年3月、杉並区立杉並芸術会館 座・高円寺2)
  • 『YESTERDAY ONCE MORE 〜あの時君は若かった〜』(2019年4月、武蔵野芸能劇場)
  • 『TO BE OR NOT TO BE 〜生きてるの?死んでるの』(2019年7月、築地本願寺 ブディストホール)

関連項目[編集]