嘉納徳三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
嘉納徳三郎

嘉納 徳三郎(かのう とくさぶろう、明治3年4月12日[1]1870年5月12日) - 1945年昭和20年)5月17日[2])は、日本の大蔵官僚錦鶏間祗候

経歴[編集]

兵庫県出身[3]1895年(明治28年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[1]。大蔵属、主税官、税務監督官、青森税務管理局長、松山税務管理局長、神戸税関監視部長、長崎税関長、横浜税関長を歴任[1]1916年大正5年)に大蔵省専売局長官に就任した[1]

1918年(大正7年)6月7日に退官[4]した後、同年同月21日、錦鶏間祗候になると同時に朝鮮銀行副総裁に就任した[3][5]1923年(大正12年)に朝鮮銀行を退職した後は、財団法人講道館理事を務めた[3]

1945年(昭和20年)5月に死去し、戦時下のため葬儀は神戸市の自宅で近親者のみで執り行われた[2]

親族[編集]

  • 久保田貫一 - 妻の父。埼玉県知事、和歌山県知事、鳥取県知事

出典[編集]

  1. ^ a b c d 大正人名辞典 p.1424 1917.
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1945年6月4日朝刊、2頁。
  3. ^ a b c 人事興信録 1931.
  4. ^ 『官報』第1754号、大正7年6月8日。
  5. ^ 『官報』第1766号、大正7年6月22日。

参考文献[編集]

  • 五十嵐栄吉 『大正人名辞典』 東洋新報社、1917年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第9版』 人事興信所、1931年