嘉飯山地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

嘉飯山地区(かはんざんちく)は、福岡県筑豊地方の中にある地域の呼称である。飯塚市嘉麻市嘉穂郡桂川町(2市1町)の区域全体を指す。

概要[編集]

当初、「嘉飯山地区」という名称は、穂郡塚市田市の2市1郡を指す地域名として成立した。

その後の市町村合併により、山田市が消滅して嘉麻市となり、飯塚市も嘉穂郡の自治体と合併したことによって、嘉穂郡に属する自治体は桂川町のみとなったため、近年では「嘉飯桂地区」(かはんけいちく)と呼ばれることもある。また他にも、麻市・穂郡(桂川町)・塚市を纏めて「嘉飯地区」(かはんちく)、同地域は広い意味での嘉穂郡全域であることから「嘉穂地区」(かほちく)などと呼ばれる場合もある。

かつては炭鉱によって栄え、炭鉱が閉山した後には過疎化が進んでいたが、最近は飯塚市、桂川町の人口が上昇に転じた。特に飯塚市は筑豊最大の都市であり、独自の都市圏飯塚都市圏)を形成している。

区域[編集]

面積[編集]

  • 369.38km²

人口[編集]

歴史[編集]

関連項目[編集]