噂の刑事トミーとマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
噂の刑事トミーとマツ
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS大映テレビ
プロデューサー 春日千春、千原博司
(大映テレビ)
樋口祐三、野村清(TBS)
出演者 国広富之
松崎しげる
石立鉄男
第1シリーズ
放送時間 水曜日20:00 - 20:55(55分)
放送期間 1979年10月17日 - 1981年3月25日(65回)
第2シリーズ
放送時間 水曜日20:00 - 20:55→20:00 - 20:54(55分→54分)
放送期間 1982年1月13日 - 12月22日(41回)
テンプレートを表示

噂の刑事トミーとマツ』(うわさのけいじトミーとマツ)は、1979年から1982年の水曜日20:00 ‐20:54(JST、1982年9月までは20:00 ‐20:55)にTBS系ほかで放送されていた大映テレビ制作によるテレビドラマ

概要[編集]

外見も性格も対照的な2人の刑事、警視庁富士見署捜査課の岡野富夫(トミー)と松山進(マツ)の名コンビ(劇中では「トミマツ」、失敗時には「オソマツ」「ドジドジコンビ」と呼ばれている)が時には衝突し時には協力しながら事件を解決まで導いていく。企画当初の番組名は「噂の刑事」だけだったが、松崎しげるの意見を脚本家が取り入れて現在のタイトルに変更された[1]

当時日本の刑事ドラマでは『太陽にほえろ!』や『特捜最前線』に代表される、捜査員や犯人の人間模様を描く群像劇が主流となっていた。一方、当時の海外ドラマでは若い捜査員がコンビを組んだいわゆるバディ作品が多く作られており、製作局となったTBSでも『刑事スタスキー&ハッチ』が放送され高い人気を得ていた。本作は『スタスキー&ハッチ』を元に作られた国内刑事ドラマにおける「バディ作品」の元祖であり、「和製スタ・ハチ」とも言われていた[2]。バディ作品はその後『あぶない刑事』や『相棒』等、刑事ドラマの一ジャンルとして定着することとなった。

毎回クライマックスの格闘・銃撃戦シーンで怖じ気づくトミーにマツがしびれを切らし、「こんな事が怖くて刑事が出来るか! お前なんか男じゃない、女男で十分だ! おとこおんなのトミコ!」と怒鳴りつけると、トミーがその言葉に発奮して一瞬にして悪党をなぎ倒すと言う展開が定番となっていた。この変身は回を追うたびにエスカレートし、当初は凄腕刑事レベルに変身という程度だったが、回を追うごとに耳をピクピクと震わせ、特撮ヒーロー並みの運動神経と何の流派とも分からない拳法を使うとてつもなく強い男に人格が変身するというキャラクターとなった(まれに、犯人役や被害者役、御崎・相模・森村がトミコと叫んだことで変身したケースもある。またトミー自身が言ったトミコが、反響現象で自分に返る、本人がつぶやいただけで変身したこともある)。また、マツの場合も「おとこおんなのマツコ!」と呼ばれると鼻がピクピク動き戦闘能力が上がるシーンがあった。これらの設定は徹底されておらず、一話毎に違っている[注釈 1]

主要登場人物[編集]

警視庁富士見署捜査課(指揮官は課長)

通称は「トミー」。巡査。富士見署に配属された新米刑事で、優秀な捜査課長だった父の血筋は受け継がれておらず、血を見るだけで卒倒してしまうほど気弱なダメ刑事である。マツからは何かと先輩風を吹かされ、確保現場では腰を抜かし、マツを頼ろうして「男女のトミコ」と呼ばれると人格が変わる。ただし、人格変身中は善悪の区別がつかず無差別に相手を攻撃しひどい時は躊躇いもなく殺人を犯そうともする[注釈 2]。時には、こだまで自身の叫んだ「トミコー!」という叫びで変身したり、降りかかる火の粉を払おうとして追われる身となった自身と同じ変身する人間の被疑者と共にやくざを叩きのめしたこともある。正気に戻るとその間の記憶と拳法についての記憶はなくなってしまっている。しかし、ハンサムな上優しいので女性にはめっぽうモテるタイプ。使用拳銃はコルト・ローマンMk3の2インチ。
富夫は幼少の頃から気弱で、周りの子供達からも「トミコ」と呼ばれてからかわれていた。しかし祖父が実力派の武術家(打撃も含めた柔術系?)であり、祖父の薫陶をうけて武術の才能には期待されていた。ところがある日、一人で稽古をしている際に逃亡中の殺人犯と出くわし、正当防衛とはいえ攻撃を避けた拍子に相手を崖下に転落させ、落命させてしまう。
その事がトラウマとなって、富夫は他人を殺した武術を記憶の底に封印してしまい、常に気弱で控えめな男となってしまった。
父にならって警官となった後もその気質は変わらなかったが、「トミコ」と呼ばれた時だけ、彼には幼少時に身に着けた武術の才が甦り、あらゆる敵を打ち倒す格闘の天才として活躍するのだった。
通称は「マツ」。巡査。蟹股で背が低く、常時シークレットブーツを愛用する通称「世界一踵の高い靴の男」。トミーが配属された当初、後輩なのに自身の部下だと思って下宿のおばさんにもそう自慢し、父親がトミーの父親のような優秀な上司にこき使われて死んだのだとトミーをこき使ってやろうと筋違いの恨みをぶつけようとして険悪だった。しかし、徐々に力を合わせるようになり、御崎が行き過ぎで課長職を解かれて査問を受けることが決まった際、トミーと一緒に自分たちも処分を受けると泣き叫んで縋った。不細工ながら女性にモテようと努力するが、惚れた女性が田舎へ帰京、あるいは婚約者がいた、真犯人であったりと不遇を食らう[注釈 3]。長髪で足を踏まれたり前述のマツコ状態には髪が釣り上がる。性格はかなり直情的で、暴走・失態は日常茶飯事のうえ、デスクワークでは勤務中にマンガ雑誌を愛読している有様。しかし、女の情報屋が暴力団事務所の摘発での報復で殺害された際に激昂するなど、現場主義のおやっさんとして亡き刑事だった父親(小林昭二)譲りの正義感が強い面を持ち合わせることもある。使用拳銃はコルト・パイソンの4インチ。ニラレバ炒め餃子が大好物。ちなみに第一シリーズOP撮影当時は日焼けをしていなかった。
通称おやっさん。地道な捜査を得意している。巡査部長。時折口調が江戸弁になることがある。
  • 片桐警部補清水章吾)※途中の複数回は、清水章吾の病気により、藤木敬士が代役を務めた。
課長補佐。キザであることから通称キザギリ。肩書きの通り御崎の腰巾着のような存在で刑事たちを小馬鹿にし、相模から怒鳴られる余り、隙あらばマツ達と共謀して蹴落とそうと企む。部下をアゴで使って自ら体を張る事を嫌がる、異常に臆病でヤクザへのガサ入れの度に機動隊の支援を要請し、ロッカーには機動隊のヘルメットが入っている。他には海外留学の経験があり所々英語を挟む今で言うルー語のような話し方をする、署内では海外ポルノ雑誌を読みふけり、トミーと同じく死体が苦手で現場ではいつもハンカチに手を当てている。マツと同じく現場に行こうとするとドアにぶつかりこけてしまうのがお約束。
関西弁の刑事。東と一緒に西山に給料の前借りを頼み、将棋を指したりしている。第二シリーズ後半で「ナンちゃん」「ナン」と呼ばれるようになる。
庶務(経理)。無事定年を迎えるため、極力現場で仕事をさせず庶務をさせており、普段は富士見署の面々を易しく見守っているが昔は「オトシの西さん」と呼ばれ一目置かれていた。経費の私的流用、無駄遣いは許さない。
体力派の刑事。主に高村、南田らと組んで捜査をしており、南田と同じく「トン」、「トンさん」と呼ばれる。第二シリーズ17話の警察手帳から本名は「東洋一」である。
警視庁本庁刑事部管理官。捜査課の目付役で、本来は管内各署を巡回する[注釈 4]役割。刑事だった亡きマツの父親を尊敬しており、その縁から家族のいないマツの身元保証人でもある。それ故マツに対しては常に激昂しつつも内心では心配している。序盤は登場しない回もある。「御崎ーッ!、御崎はいるかーッ!」とデカ部屋(捜査課)に怒鳴り込んでくるのが定番。第1シリーズ44話で、御崎への監督責任を問われ警視に降格[注釈 5]、捜査課長として富士見署に左遷される。髪型から通称モジャモジャ(石立自身が極度のウェービーヘア)。
捜査課長。課長室に陣取り、咥え煙草でしゃべったり住宅広告を見ながらその価格(値段)を呟く場面が多々ある。相模とは警察学校同期の間柄で、立場上反目しつつも裏では互いに信頼している。第1シリーズ43話で捜査の際の行き過ぎを問われ査問となり、最終的に課長職を解かれる。

その他

通称サッチ。警官ではない。トミーの姉で、気弱な弟を強い男にしようと叱咤激励しているが、うまくいかない。実は当初は最終回でマツと結ばれる案も考えられていたが、延長などで無くなり第1シリーズ第42話で麻薬Gメンの男性(原田大二郎)と結婚して降板。尚、実際の志穂美はトミー役の国広より2つ年下である。
第1シリーズ21話から出演。交通課所属、自己中心、自分の都合最優先な性格で自称幸子の一番弟子。登場以降ヒロイン、マドンナ役となりバディ物からトリオの刑事物へと変わっていく。トミーのことが好きで仕事中でも彼を見つけると、犯人追跡中のトミーに抱きついて結果的に逃亡の手助けをしたり、マツからは「チビ」「マリッペ」「大根足」と呼ばれているが実は好きである事を素直に言えないケンカ友達(三すくみの三角関係である。)で二人きりになると照れたり、自身の妄想に恋人役として度々登場するがまったく相手にされない所か命令であってもマツとの検挙や囮捜査を嫌がる、若しくは放棄し、ゆえにトミマツ2人と並んで富士見署の問題児になっている。演じる石井めぐみは、レギュラー出演前の18話にも別の役でゲスト出演している[3]。階級は第二シリーズ途中で巡査部長の昇進試験に合格した設定になっている[4]。当初は石井めぐみではなくナンシー・チェニーが演じていた[注釈 6]
マツが暮らすアパート富士見荘の管理人。セミレギュラー。

スタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

  • オープニングテーマはオリジナルのインストルメンタル
    • 第1シリーズの43話まで、44話以降、第2シリーズの三つで、微妙にアレンジが異なる。
  • エンディングテーマ
歌はいずれも松崎しげるが担当。なお、「愛の静けさ」においては、松崎自身の作曲。
挿入歌
  • 男のロマン

歌:国広富之

第2シリーズで、主として聞き込みシーンに使用。

放映リスト[編集]

第1シリーズ[編集]

1979年10月17日1981年3月25日、全65話。
サブタイトル 脚本 監督 エンドロール(ゲスト)
1 二人合せて一人前? 長野洋 井上芳夫 神山卓三、井上和行、成川哲夫/早川雄三黒部進/野村昭子、沢田情児、小池雄介/兼松隆、江梨みつ子、吉田昌雄、浅見小四郎/ 以上
2 トミーの初恋・夢見街 長野洋 井上芳夫 江木俊夫石原初音ホーン・ユキ鶴間エリ/神山卓三、井上和行、成川哲夫/三重街恒二阿部昇二木瓜みらい沖田駿一/ 以上
3 女装で迫るトミーとマツ 今井詔二 江崎実生 藤木敬士丹下キヨ子/野村昭子、立石凉子/神山卓三、井上和行、成川哲夫/和久井節緒関山耕司、木島一郎、佐藤耀子/日和田春生、岡田和子、大辻鉄平、矢野泰子、小池幸次/沢柳迪子、山田博行、城山いづみ、上田かほり、米倉幸/ 以上
4 女ごころvs迷コンビ 長野洋 江崎実生 本阿弥周子菅貫太郎川辺久造、神山卓三/成川哲夫、井上和行/椎谷建治星野晶子、弘松三郎/金田明夫岸野一彦水橋和夫、山田昌人/久地明、佐々木紀子、嶋英二、菅田朝行/ 以上
5 トミマツ真ッ青・女の戦争 江連卓 土井茂 風間杜夫織本順吉、森田あけみ/あき竹城団しん也上月左知子渡辺やよい/神山卓三、井上和行、成川哲夫/中井徹、竹原くにえ、扇子由紀雄/高橋正彦、綾瀬桜、田中明夫、飯田真一郎/ 以上
6 トミーにっこり、マツが死ぬ 長野洋 井上芳夫 多々良純津村隆奥村公延/神山卓三、井上和行、成川哲夫/阪上和子、狩野勝彦、小笠原弘剣持誠栗原敏村上潤、井上清和/ 以上
7 あぁ煙突のてっぺんで 江連卓 土井茂 山田隆夫坂上味和高野浩之/神山卓三、井上和行、成川哲夫/梅津栄、佐々木梨里、辻シゲル/武内文平、池田まさる、中村ブン金子吉延宮田光山崎優子/竹内靖、林弘造、川口静男、佐久間亜子/横山政幸、関朋子、武見潤鈴木義弘/ 以上
8 きまった!トミーの投げ銭 江連卓 井上芳夫 ポール牧藤村有弘早瀬久美子江幡高志/神山卓三、井上和行、成川哲夫/うえだ峻久保田民絵、清嶋智子/大山豊今西正男和沢昌治高杉哲平勝田久、益田愛子、ラッキー三郎ラッキー熊、三木風子/村上幹夫、小寺大介、高橋享、大原穣子、馬渕里美/波多江聰平、加藤森士、小坂室太郎、川口清雅、吉田康子/ 以上
9 トミマツのセメント詰め 今井詔二 江崎実生 三輪里香あき竹城藤江リカ/神山卓三、成川哲夫/井上和行、近藤宏出光元達純一、菅野直之/岩城和男、波すずめ、山田博行、栗田八郎/ 以上
10 トミマツの袋詰め 長野洋 井上芳夫 ケーシー高峰石山かつみ/神山卓三、成川哲夫/井上和行、冷泉公裕中川明、蒲原敏明、田山涼成/静ひろみ、鈴木弘道、小縁涼子/ 以上
11 トミー変身の秘密 PART-I 長野洋 土井茂 頭師佳孝、滝沢麗子/神山卓三、成川哲夫/井上和行、多宮健二、近藤準/四方晴美花房徹朝比奈尚行岡真佐子宮田光、永井雅春/秋野陽介、波多野陽司、住本敏彦、米津高明/ 以上
12 張り込み先の珍家族 茶田才 井上芳夫 長内美那子袋正保積ペペ/神山卓三、井上和行/成川哲夫、福岡正剛八名信夫多田幸男南城竜也、福原秀雄、和田瑞穂宮田光、山本ゆみ、田中穂積、側見民雄/ 以上
13 銭湯でタイホ! 刑事も裸、犯人も裸 江連卓 湯浅憲明 谷村昌彦根岸明美/野村昭子、神山卓三/井上和行、成川哲夫/林ゆたか辻シゲル川崎あかね丸岡奨詞野見山夏子、湊俊一、岡部正純青山恭子、三川雄三、谷津勲、石黒正男/森康子塩見三省だるま二郎小川隆一中村武巳佐野大輔、江口瑞絵、小野敦子、小幡誠一、深沢猛/星野暁一、安藤良夫、柴田博樹、町田喜久江、布施木昌之/ 以上
14 愛の酔拳 オソ松失恋の恐怖 今井詔二 江崎実生 中島久之/井上和行、成川哲夫/神山卓三、鶴間エリ内田稔沢井孝子桜京美椎谷建治伍代参平三上左京相原巨典西尾麻里、宮沢公栄、五十嵐五十鈴/松坂司郎、由利勝郎、福永喜一、田辺清輝、源馬均、山中直人/ 以上
15 燃えよドラゴン 鎌倉の決闘 江連卓 井上芳夫 日の下金太郎/小鹿みき白木万里津村隆、成川哲夫/井上和行、神山卓三/三戸部スエ、蔵一彦、水森コウ太/尾形恵子、大貫一孝、山田昌人、三木風子/池田史比古、上田大火、田中正彦、矢野泰子/鈴木義弘、米持みさ子、大島ゆり子、稲垣泰子、大橋広子、牛山蕗子/ 以上
16 マツがクビ、トミコ頼むぞ 茶田才 土井茂 仁和令子/成川哲夫、井上和行/神山卓三、水木英二/野村昭子、白川和子/信実一徳、上月ハニー、草薙良一長谷川弘、戸麻戸まり、樋口のり子/飯島洋子、星一、野田和敬、武見潤/ 以上
17 キン好きトミ好き、マツ嫌い 江連卓 岡本弘 桜井センリ玉川良一ナンシー・チェニー、なつきれい/高林由紀子西川ひかる/成川哲夫、井上和行、神山卓三/大森不二香、小松蓉子斉藤真篠原大作、夏麻衣子、西屋東、和泉喜和子/坂井寿美江、小沢悦子、三沢もとこ、末宗俊子、藤沢恭子/ 以上
18 花の芸者に恋したトミー 長野洋 井上芳夫 湯原昌幸/神山卓三、石井めぐみ[注釈 7]/成川哲夫、井上和行/杉江廣太郎大林丈史山本廉大和撫子、三木風子/高山千草、暮林修、入江正徳、柳沢紀男/鈴木弘道、吉田昌雄、竹下誠治、大島ゆみ恵、益田哲夫/ 以上
19 女抱きつきスリ大騒動 長野洋 土井茂 坂上味和斉藤美和/川上伸之、金子吉延三角八郎中井啓輔/神山卓三、成川哲夫、井上和行/菅野直之、星純夫佐藤純一新海丈夫/ 以上
20 高校三年生と年上の女 今井詔二 井上芳夫 すどうかづみ人見きよしサンダー杉山/宮田真、遠藤征慈/井上和行、成川哲夫、神山卓三/池田道枝、渡辺巌、栗原敏佐野哲也/ 以上
21 トミーのファーストキス 今井詔二 土井茂 栗田洋子水島弘、石井めぐみ/成川哲夫、神山卓三、井上和行/村松克己野瀬哲男加藤健一岡幸恵、長田三奈、飯田裕美、史織ゆき/遠藤薫、池田信子、尾ノ瀬良子、佐久間亜子、塩野入恵子/ 以上
22 変身の秘密PART-2[注釈 8] 長野洋 井上芳夫 由利徹南利明/石井めぐみ、遠藤真理子/神山卓三、井上和行、成川哲夫/木田三千雄きくち英一久里みのる/角友司郎、九九八十一、岡本光彦、富永真知子、湯浅洋行/ 以上
23 男ならトミコぬきで勝負しろ! 江連卓 江崎実生 吉谷昭雄、浜田寅彦/藤枝亜弥、山岡甲/平凡太郎、重田尚彦/神山卓三、井上和行、成川哲夫/武藤章生吉岡ひとみ、佐々木梨里/鶴岡修、木島一郎、北見敏之小原秀明/上野綾子、若原初子、工藤啓子、広田正光/田中美江、川瀬小夜子、門脇三郎、小海とよ子、三上剛/ 以上
24 アタリ!女のカンなのね 長野洋 井上芳夫 中村まなぶ、吉田忍/石井めぐみ、神山卓三/成川哲夫、井上和行/古尾谷雅人、佐藤秀美/小寺大介、榎戸一郎、荻谷道子、橋本富士代/ 以上
25 トミーまっ青、マツのお見合い 江連卓 土井茂 春川ますみかわいのどか桂木梨江/成川哲夫、井上和行、神山卓三/古代一平、石原昭宏、金田明夫大山豊三重街恒二小川露里後藤哲夫、たうみあきこ、山川弘乃、野沢由香利/鳥井美映子、市川勉森篤夫、ライナーゲスマン/ 以上
26 決戦!トミコ対マツコ 長野洋 江崎実生 坂上味和/石井めぐみ、石田純桜むつ子、神山卓三/井上和行、成川哲夫/小原秀明大谷一夫岩城和男/林弘造、副田まり、木村千里、横山ますみ、原山美貴/ 以上
27 女は不良が好きなのよ?! 今井詔二 井上芳夫 石井めぐみ、成川哲夫/井上和行、神山卓三/田島令子西田健/鹿股裕司、小山麻美/荻原徹也、吉沢由起中島元/永浜三千子、平光琢也島田彰岡田和子、江村和紀/大川まり、尾川昌浩、山崎康雄、上村正仁、育野由佳、渡辺小百合/ 以上
28 トミーびっくり、マツの変身 江連卓 土井茂 石井めぐみ、小林昭二/神山卓三、井上和行/成川哲夫、出光元草薙良一、兼松隆、中村まり子真田五郎今井久[要曖昧さ回避]、沢木美伊子、見城貴信/栗原敏、亀山美樹、大鳥居ゆり子、松本美千代/ 以上
29 激負け! トミマツのホテルマン 江連卓 湯浅憲明 永井秀和/石井めぐみ/泉じゅん、井上和行/成川哲夫、神山卓三/うえだ峻、清水石あけみ/北島京子、中西ぼん子、角間隆/ 以上
30 チョンボな変装、 尻かくさず 長野洋 井上芳夫 山口果林神田隆田口計/石井めぐみ、伊東達広/成川哲夫、神山卓三/井上和行、広瀬昌助相原巨典嶋英二、中川みゆき、町田幸夫/ 以上
31 トミマツまっ青、 女の激突 長野洋 井上芳夫 浅野ゆう子下條正巳/石井めぐみ、成川哲夫/神山卓三、井上和行/久保田民絵山崎満及川ヒロオ塩見三省、下坂泰雄、山本亜紀/ 以上
32 ああ!トミマツの 4回戦ボーイ 江連卓 土井茂 山田隆夫/石井めぐみ、海老名みどり堀内正美、神山卓三/井上和行、成川哲夫/水森こう太、内田直弘、水橋和夫/村上幹夫、岸本功、浦山紀子、小倉智昭/吉沢高明、蒲原敏明、吉田昌雄、井上清和/ファイティング原田(友情出演)/ 以上
33 奇妙きてれつ、 ダブル変身 長野洋 土井茂 西崎みどり頭師佳孝/石井めぐみ、神山卓三/井上和行、成川哲夫/奥村公延和久井節緒小池雄介岸野一彦越村公一武見潤岩城和男高橋利道/ 以上
34 海だ、水着だ、ギャル一杯 長野洋 土井茂 荒木由美子/石井めぐみ、青山京子/成川哲夫、神山卓三/井上和行、江幡高志河原裕昌、沢田勝美、東海林典子/松香ふたみ小柳みゆき、円淨順子/二宮寛相原巨典小林優子/ 以上
35 のぞいちゃ駄目よ! トミーとマツ 江連卓 井上芳夫 鈴木ヒロミツ/石井めぐみ/神山卓三、井上和行/成川哲夫、笹入舟作長谷川弘清川新吾夏海千佳子、湊俊一/佐古雅誉佐藤由美子、藤木保宏/福永幸男、結城ひろ美、真樹ゆかり、伊藤聖子/ 以上
36 トミマツやりすぎ! 課長をタイホ 長野洋 井上芳夫 伊東四朗/石井めぐみ、井上和行/成川哲夫、神山卓三/平泉征林ゆたか保積ぺぺ青木和代丸山詠二、林弘造/荒瀬寛樹、中川みゆき、水谷敏行、高橋利道/ 以上
37 トミマツの ダンシングオールナイト 江連卓 土井茂 左とん平加藤嘉山本ゆか里、井上和行/神山卓三、成川哲夫/大井小町久里みのる高野真二斉藤清六、岸本功、栗原敏、小島光貴/ 以上
38 久美子! 恋の三角レースだよン[注釈 9] 長野洋 江崎実生 大場久美子浜田寅彦、石井めぐみ/西田健加藤和夫/成川哲夫、井上和行、神山卓三/露原千草、木島一郎、根岸一正益田哲夫、由利勝郎、岩井潤一、米持みさ子、岩崎徳子/ 以上
39 トミマツの、 健康美なのだ! 今井詔二 土井茂 西岡徳馬、石井めぐみ/神山卓三、成川哲夫、井上和行/津村隆永井秀明千うらら/羽鳥裕美、早野くみ子、一条さゆり、真田恵利、源馬均/天現寺竜山下一夫、宝木原博也、折原博、深沢猛/ 以上
40 Oh NO! 悪い予感は必ず当る 今井詔二 江崎実生 三浦真弓/石井めぐみ、成川哲夫/井上和行、神山卓三/あき竹城福崎和宏椎谷建治、田中穂積、山田博行/関山真由美、萩原等司、中川毅、井田哲夫/ 以上
41 俺はハードボイルドだど! 江連卓 土井茂 小野進也仁和令子/石井めぐみ、神山卓三/井上和行、成川哲夫/佐藤博、鶴岡修、須永慶/石黒正男、竹本純平、三宅晴久、川口静男、加藤斉孝/桜井センリ/ 以上
42 サッチが結婚 トミー激祝マツ激怒 長野洋 江崎実生 原田大二郎/石井めぐみ/内田稔、井上和行/成川哲夫、神山卓三/汐路章、三上剛、沖田駿一/鈴木弘道、小林操栗原敏、蒲原敏明、宮本知彰/森橋文和、林幸一、田波正則、岩泉芳武、山田一善/ 以上
43 ゆきすぎ課長辞職! さて後任は? 長野洋 土井茂 西村晃池波志乃藤村有弘平田昭彦/石井めぐみ、吉野佳子/神山卓三、井上和行、成川哲夫/野見山夏子、畑中猛重、久遠利三/高橋亨[要曖昧さ回避]、中川みゆき、添田聡司/ 以上
44 トミマツまっ青、 情無用の新課長 長野洋 井上芳夫 早川保人見きよし織本順吉清水昭博小坂まさる、田浦智之、佐藤秀美/島崎奈々、藤原俊祐、飯田テル子/高橋利道、吉田昌雄、益田哲夫甲斐道夫、岩城一男/ 以上
45 トミマツの、 ヤマトよ永遠に 江連卓 江崎実生 ナンシー・チェニー峰岸徹青空球児青空好児梅津栄十勝花子大和撫子オスマン・ユセフ、ジョージ・ロバーツ/朝比奈尚行大原真理子加地健太郎榎木兵衛、三川雄三、谷津勲、尾形恵子/大川万裕子、松田章、吉中六、仲野裕岡本美登戸田信太郎崎津均、竹下誠治/ 以上
46 トミマツ卒倒! 新課長、死のドライブ 長野洋 安室修 中条きよし新藤恵美鈴木瑞穂/武内文平、篠田薫小寺大介名川貞郎/竹内靖、一ノ瀬かおる、中川みゆき、伊藤武史/ 以上
47 決まった!おそマツの 大ギャング 江連卓 井上芳夫 中島ゆたかかわいのどか上田忠好広瀬昌助金井進二、石黒正男/永井雅春、尾坂和也、会田由来、和智雪恵/栗原敏、中川みゆき、じゅんしもん、尾田量生/ 以上
48 マツもびっくり! 山びこ変身 長野洋 井上芳夫 三浦リカ/西沢守、伍代参平山本清遠藤征慈/柏木隆太、きくち英一、宮本宗明、三浦伸/吉田昌雄、沢田祥二、村上潤竹田道弘/ 以上
49 当った星占い! 今日は水難の相 江連卓 江崎実生 江木俊夫浜田晃藤江リカ沖田駿一、弘松三郎、大前均松香ふたみ岡本ひろみ、林弘造/河原昭雄、中川みゆき、手塚香代子、伊東知則/姉崎公美、下条千恵美、結城ひろ美、上長千花、山下一夫/ 以上
50 トミマツもん絶! 花嫁が消えた 長野洋 江崎実生 荒木由美子山本伸吾下塚誠浜田寅彦加藤和夫福田公子福崎和宏小原秀明、稲川善一、松井紀美江/関保之、青木みどり、岩崎徳子、米持みさ子/ 以上
51 どじどじコンビと 恐怖の女すり団 江連卓 土井茂 栗田洋子関根世津子野見山夏子工藤啓子小柳みゆき香椎くに子、中川みゆき/丹羽たかね、矢野泰子、宮田光/下条千恵美、正木香子、渡辺栄子、森田恵子根岸明美/ 以上
52 アッ?マツが トミーを射殺した! 長野洋 井上芳夫 石橋蓮司清水昭博水森コウ太奥村公延/日の下金太郎、菅野直行、浅見小四郎大矢兼臣、中川みゆき、木室幸、竹下誠治/益田哲夫、井上清和、岩城一男、沢田祥二、伊藤紘/ 以上
53 夜更けのダンスは 死のタンゴ 山本邦彦 土井茂 谷村昌彦堀川まゆみ福崎和宏杉江廣太郎若尾義昭塩見三省/福永幸男、柚木悦子、高橋利道エンベル・アルテンバイ、デビット・フリードマン/ 以上
54 文句あっか?! アタシは空手三段よ 長野洋 井上芳夫 和田アキ子高城淳一上田忠好/古代一平、原口剛須永慶/山田きよし、山田昌人、中川みゆき/杉山孝志、遠藤ユミ子、内藤みどり、藤栄とも子/ 以上
55 トミマツ卒倒! 真冬に出たぞ女幽霊 今井詔二 江崎実生 野村昭子、秋谷陽子保積ぺぺ井上高志小林まさひろ及川ヒロオ/遠藤薫、今西正男和栗正明/ 以上
56 尼僧院の悪魔! トミマツ大混線!! 長野洋 江崎実生 月丘夢路/佐々木梨里、新谷由美子/今村廣則、中村幸路、田中穂積/中川みゆき、溝田和子、遠峯裕子、広政令子/大石きみ代、浜田雅美、池田マリ、上田睦子/ 以上
57 トミマツ腰抜け、 女は魔物だ! 江連卓山中伊知郎 井上芳夫 ポール牧藤江リカ石田純一、村田みゆき/黒部幸英かわいのどか三谷昇青木和代木村翠、小林由治、内田理恵、結城ひろ美/和沢昌治、稲川善一、猪野剛太郎、和泉喜和子/戸川暁子、沢柳迪子、岸本功、竹内靖、篠田薫/ 以上
58 七転八倒! トミマツの昇進試験 山本邦彦 安室修 高原駿雄沼田爆殿山泰司白川和子奥野匡長谷川弘古本新之輔谷津勲、田村元治/ 以上
59 ドッキリ写真! 女の後ろに犯人が!! 長野洋 土井茂 村松克己林ゆたか江幡高志、平井公彦、安田裕治/岡部健土井美加、矢野泰子、山中康司/岡本美登、竹下誠治、藤川聡、中川みゆき/ 以上
60 ナヌ!ドラマの犯人が 本物だァ? 今井詔二 井上芳夫 寺島まゆみ津村隆野村泰治三雲孝江[注釈 10]横山エミー、杉山孝志、井上博一斉川一夫入江正夫金尾哲夫竹本純平天現寺竜篠田薫、竹内靖、山下一夫、桑名良輔、越村公一/ 以上
61 雨降るボトル! トミマツ死の恐怖!! 江連卓 井上芳夫 木ノ葉のこ/西沢守、谷川みゆき/井上由紀夫、山田博行、岡田映子/榊原ジュン、森川ゆき、竹下誠治/玉川良一/ 以上
62 キャッ! 水曜日の切り裂き魔 江連卓 江崎実生 峰岸徹生田悦子堺左千夫沖田駿一増田順司三夏伸工藤啓子姉崎公美/村上幹夫、大原穣子、古田千鶴、相原巨典/鈴木真実子、八木景子、仲野裕、江川久仁夫/下条千恵美、正木香子、磯村利恵、真田恵利/ 以上
63 悪党め! ちん兵器で御用だ!! 今井詔二 江崎実生 木ノ葉のこ西田良、堀礼文、椎谷建治/中川みゆき、上田幸輔、大島宇三郎、成田次穂/山田京子、富井淳西尾麻里、渡辺哲三/ 以上
64 アリ?!トミー人質 マツは医者 山本邦彦 井上芳夫 西岡徳馬、古代一平/中川みゆき、二宮寛伊藤正博川部修詩、田村元治、恩田恵美子、石黒正男/野村信次、高橋豊、大塚洋、西巻映子/小林テル、伊藤公子、塩田映湖、平野雅子/米持みさ子、宇田さなえ、矢車武、田辺清輝/ 以上
65 しばしお別れ、 トミマツ大サービス 長野洋 井上芳夫 湯原昌幸丹古母鬼馬二、土方弘/久保田民絵、林弘造、桐原史雄/塩見三省久保晶、福永喜一、大地常雄、蒲原敏明/志穂美悦子/ 以上

※ この表の「エンドロール(ゲスト)」で、黒字の氏名はレギュラー出演者、青字と赤字の氏名はゲスト出演者。 ※ なお、レギュラー出演の石井めぐみ、成川哲夫、神山卓三、井上和行は、第43話まではゲスト出演者のクレジット(氏名のみ)であったが、第44話以降からはレギュラー出演者のクレジット(氏名と顔)に移行された。

第2シリーズ[編集]

1982年1月13日 ‐1982年12月22日、全41話。
サブタイトル 脚本 監督 エンドロール(ゲスト)
1 (66) 絶望! やっぱり駄目だ このコンビ 長野洋 江崎実生 新井康弘木ノ葉のこ藤村有弘三角八朗及川ヒロオ側見民雄岸野一彦、吉田美由利、池田史比古、板倉加代子/酒井努、井上誠吾佐藤浩、東山茂幸、青山隆裕、鈴木弘道/ 以上
2 (67) トミコ大合唱! ムム、なめんなよ 長野洋 江崎実生 長谷川明男奈美悦子市川好郎中村ブン汐路章/堀礼文、田中康憲、南雲佑介、林弘造/後藤いずみ、有明祥子、井上清和、小林操戸田信太郎/ 以上
3 (68) トミマツ卒倒! パトカー 死のドライブ 江連卓 井上芳夫 牧れい片桐竜次東龍明丸岡奨詞/宇野壬麻、逸見慶子、吉野慎一、中平良夫/ 以上
4 (69) トミー失神! マツの死を呼ぶ警察手帳 長野洋 井上芳夫 玉川良一由利徹鈴木瑞穂林ゆたか根岸一正江角英高品正広吉岡ひとみ/黒井美左子、今西正男、和泉喜和子/千葉茂、荻生田善道、代田鑑之、風間文彦/ 以上
5 (70) トミマツの阿波踊り! 爆弾魔のふざけた命令 畑嶺明 湯浅憲明 三浦リカ伊藤高立川光貴、菅野直行/スーパーリキ、佐古雅誉、鶴岡修/勝田久、小池幸次、大須賀裕子、若原初子/吉中六、池田生二、野川ひとみ、岩瀬裕美、矢沢裕紀/ 以上
6 (71) トミー仰天! マツの巨大デベソ突き 江連卓 江崎実生 西田健藤宏子麻生えりか三夏伸、村上幹夫/槇ひろ子竹本純平井上肇/鮎川久美、井上清和、菅野真紀/高橋希代美、竹村麻里子、トビー・ウィリアムス、オーチス・ワシントン/ 以上
7 (72) トミマツふらふら! ジャズダンスに潜入 畑嶺明 江崎実生 長谷直美松本ちえこ清水めぐみ岡本広美粟津號内田勝正、福山象三/明日香泉笹入舟作、林弘造/荒瀬寛樹、岡本美登、村野友美、後藤俊子/有明祥子、大串知子、山田博行、竹内靖/高嶋洋、北保至、スクールメイツ/ 以上
8 (73) 漁港の決闘! 決ったトミーの鯨突き 江連卓 湯浅憲明 山田隆夫/平凡太郎、古川ゆみ子/椎谷建治塩見三省有崎由見子佐々木敏山崎満、石黒正男/吉田太門、川上伸之、沼崎雄、谷津勲榎木兵衛鈴木泰明、町田幸夫、小沢悦子/谷口育里子、安藤美智子、有山由美子、下坂泰雄、田中穂積/ 以上
9 (74) 行けゆけ! 忍者トミコちゃん 長野洋 湯浅憲明 岡本達哉福田公子福崎和宏小原秀明丹古母鬼馬二木田三千雄高崎蓉子、水野広、菅野真紀、喜多川務/ 以上
10 (75) マツ気絶! 巨大クレーン対ターザントミー 長野洋 江崎実生 一ノ瀬康子田鍋友啓市川好朗中村ブン南道郎藤江リカ辻シゲル小林アトム、菅野真紀/ 以上
11 (76) 強烈! 香港カラテ対トミー空手 江連卓 江崎実生 植木等楠トシエ藤木敬士/巽かおり[注釈 11]及川ヒロオ/山岡八高、三夏伸、佐々木梨里/滝川潤、加藤益弘、吉中六、岡本プク/伊藤厚志、杉山隆志、矢原美紀夫、小幡一雅、河井憲/ 以上
12 (77) トミーの月光仮面、 恐怖の大爆走! 畑嶺明 湯浅憲明 田崎潤保積ぺぺ掛田誠/町田真一、遠藤薫、倉沢暎子/中島元仲野裕、田辺清輝/由利勝郎、松坂司郎、倉増貴志、西谷雅恵/ 以上
13 (78) トミマツ丸焼き! 死のピクニック 長野洋 湯浅憲明 なべおさみ日向明子黒部幸英高野真二、藤田啓而/井上三千男、石原昭宏、飯田裕美/桑名良輔、栗原敏、田波正則、岡本美登/ 以上
14 (79) 危うし裸少女! トミー必殺の投げ皿 江連卓 土屋統吾郎 林未来、渥美国泰久富惟晴石井富子小沢寿美恵、ダブルコミック、阿部雅彦/明石憬子、大前田武、須藤慶/磯田俊比古、中村幸路、平尾仁、かまくら文太/一柳俊之、青柳泰、伊吹礼一、太田理奈/ 以上
15 (80) 笑撃のガンプレイ! 噴火口の対決 江連卓 江崎実生 坂上味和早川保長谷川哲夫陶隆司井上博一広瀬昌助汐路章/鶴岡修、宮田光、下条千ゑ美/樋代舞子、遠藤由美子、江上理枝子、栗原敏/ 以上
16 (81) トミマツまっ青! おとこ女が出たァ 長野洋 江崎実生 和田アキ子荒木しげる青空球児青空好児堺左千夫長谷川裕二、永谷悟一/佐藤浩、清水朗、鴨下正直、田波正則、岩井潤一、金田憲明/ 以上
17 (82) アリャ?! カラテ美女の意外な弱点 秩父久方 江崎実生 生田悦子有川博浜田晃/佐々木梨里、関川慎二草薙良一根岸一正根本由美剣持伴紀/町田幸夫、穴原正義、沢田祥二、田波正則、伊藤健/島村卓志、町田政則田村由美、菅野真紀、高崎蓉子/ 以上
18 (83) 死ぬゥ! 廃車場の人間スクラップ 畑嶺明 宮下克彦 湯原昌幸舟倉たまき長谷川弘小池雄介三戸部スエ天草四郎奥野匡/林弘造、下坂泰雄、達純一大島宇三郎/小松明義、守田さなえ、佐藤百起、酒井努、三浦康治/ 以上
19 (84) 城ヶ島の対決! トミマツvs凶悪軍団 江連卓 竹本弘一 松山政路秋谷陽子出光元中井啓輔宗方奈美伊達正三郎森大河宮内順子/三川雄三、木村翠山崎満/畑中猛、庄司三郎、島英司、外崎晃/ 以上
20 (85) 絶望! 火葬場行き死の特急便 今井詔二 降旗康男 由利徹仁和令子三角八郎車だん吉吉岡ひとみ/井上三千男、河井博、岡本プク、杏里加代子/ 以上
21 (86) 敵は脱獄犯! トミマツ死の珍道中 長野洋 江崎実生 浅野真弓阿藤海保積ぺぺ露原千草三夏伸小原秀明/永井雅春、後藤康夫、菅野真紀/ 以上
22 (87) トミマツ呆然! 課長必殺の突撃 江連卓 江崎実生 磯野洋子三谷昇睦五郎椎谷建治岡本広美猪俣光世沖田駿一、木島一郎/松浪志保岸野一彦谷本重美(小川範子)天現寺竜/ 以上
23 (88) トミマツ降伏! 悪党死の水攻め 長野洋 土屋統吾郎 榊ひろみ芦川よしみ片岡五郎、信実一徳/明石憬子、伊藤彰洋、佐藤政道寄山弘、飯田テル子、坂井寿美江、宝井宏治、福永幸男/ 以上
24 (89) 行け猿島へ! モジャ課長死のピンチ 江連卓 竹本弘一 谷村昌彦絵沢萠子神田隆灰地順明日香いづみ田中浩守屋俊志、久遠利三/新藤幸、下坂泰雄、風中臣、菅野真紀/ 以上
25 (90) ネス湖の怪獣? トミーの水中変身 長野洋 江崎実生 岡本達哉田鍋友啓麻生えりか西田良/東野祐子、鈴木敬子、沢柳迪子、麻ミナ/鬼塚昌男、山本圭子中屋敷鉄也、田辺清輝、佐藤正行/ 以上
26 (91) 湖の対決! トミー死の円月殺法 江連卓 江崎実生 三ツ木清隆坂上味和小林昭二八名信夫、兼松隆、山岡八高/浅見小四郎小林まさひろ、船場牡丹/岩城和男、福永幸男、桜井ゆうこ唐沢民賢栗原敏、小西直弘、番哲也、鳥海ゆかり/上山克彦、江本博也、志村しのぶ、田中恵里子、吉田英樹/清宮義之、水沢真子、遠藤由美子、北保至、山田一善/ 以上
27 (92) トミマツ卒倒! 出たァ アメリカ仕込みの蛇女 江連卓 湯浅憲明 竹井みどり根岸明美藤江リカ緋多景子石山雄大、井上聡子、岡部健笹入舟作桑原一人有田沙織/伊沢美香子、大野月子、百良雄、加増正夫、高橋務/ 以上
28 (93) 決ったァ! トミーの飛行機投げ 江連卓 土屋統吾郎 穂積隆信中原早苗鈴木瑞穂青空はるお広瀬昌助/明石憬子、林弘造、野見山夏子早坂あきよ、小西美千代、高井純子、松田真知子木村翠、美谷和子、マミーナ、宮川実/ 以上
29 (94) 大ピンチ! 恋した男は変身できぬ? 江連卓 江崎実生 古館ゆき梅津栄椎谷建治/堀礼文、山岡八高、篠田薫/竹内靖、安倍玉絵、川端豊喜、桑野利之/ 以上
30 (95) トミマツ生き埋め! 「トミコ」が出ない!! 長野洋 江崎実生 新谷由美子保積ぺぺ及川ヒロオ市川好郎/沢田勝美、沖田駿一/吉中六、真田英明、杏里加代子、有本操/ 以上
31 (96) 死ね! かよわいギャルをだます奴 長野洋 宮下克彦 谷川みゆき大村波彦江幡高志松岡ふたみ露原千草三重街恒二/伊吹礼一、由利勝郎、河井憲、宇都宮英世/ 以上
32 (97) 倒せ殺人空手! トミーの延ズイ蹴り 江連卓 江崎実生 森川正太/林未来、久富惟晴花房徹、高瀬佳子、卯木浩二、伊藤厚志/ 以上
33 (98) トミマツの 「喜劇・ターザン拳」 長野洋 江崎実生 石橋正次中村ブン岡本達哉三角八朗三夏伸小原秀明宮田光、上田大火、益田哲夫、井上清和、後藤哲夫/ 以上
34 (99) 放火魔まて! トミー恐怖の綱わたり 江連卓 竹本弘一 東啓子長谷川弘丹古母鬼馬二二宮寛内藤剛志、石黒正男、小沢悦子/田辺清輝、福永喜一、根本美和子、内田淑美、山下明美/ 以上
35 (100) 空から車が降る港 あゝトミマツのW変身 江連卓 竹本弘一 白石まるみ、宮坂塁/山西道弘日向明子/今村廣則、越村公一、保科宏行/本橋勝美、井口秀子、加山真衣子、安藤美智子/藤川祐子、船引秀秋、和田泰典、菅野真紀/ 以上
36 (101) ジャッキートミーの グラグラ酔拳 江連卓 江崎実生 坂上味和/日の下金太郎/伊達三郎堺左千夫西田良、兼松隆、関根大学今西正男、林弘造、阿部光子、岸本功/荒瀬寛樹、遠山伸子、佐藤圭三、堀高広、大渕智徳/ 以上
37 (102) 死ぬゥ! トミマツの人間せんべい 長野洋 江崎実生 田鍋友啓、木下和佳/藤江リカ、木島一郎/鈴木泰明、桑田和美、鈴木弘道/金田憲明、竹内峰雄、猿渡幸太郎、井上清和/ 以上
38 (103) マツが妊娠? 課長突然の恐怖 今井詔二 竹本弘一 舟倉たまき保積ぺぺ/武内文平、及川ヒロオきくち英一辻三太郎、真野ゆうこ、田村元治、山崎満、山口純平/上田大火、大村浩之、遠藤由美子、川渕豊喜、青柳泰/ 以上
39 (104) 進めトミマツ! 人間戦車だ!! 江連卓 宮下克彦 岡幸恵村上弘明堀内正美塩見三省二宮寛、桑崎てるお、山田昌人/桐原史雄、山中康司、内田ひとみ、片見美智子/ 以上
40 (105) マツも仰天 空飛ぶトミー 江連卓 土屋統吾郎 小林聡美渥美国泰谷口香井上高川崎あかね榎木兵衛、杉山孝、石黒正男、久保晶/加瀬幸市、和田朱実、八束愛、鈴木弘道/ 以上
41 (106) もう嫌だ! コンビ解消独立します 長野洋 土屋統吾郎 伊藤真奈美庄司永建福崎和宏森大河小池雄介/井上昇、杏里香代子、小西直弘、井上清和、鈴木弘道/ 以上

※ この表の「エンドロール(ゲスト)」で、黒字の氏名はレギュラー出演者、青字と赤字の氏名はゲスト出演者。

放送後のトミーとマツ[編集]

製作側について[編集]

  • 第1シリーズは当初42話(3クール)程度で終了する予定であったが、好評だったために延長される事になった。しかしスケジュールの折り合いの都合から林・志穂美らが降板する。
  • 舞台の富士見署は第1シリーズ初期は、東京都港区港南中日新聞東京本社東京新聞)の建物(現存せず)をモデルとしていたが、同シリーズ中盤より東京都府中市にある府中勤労福祉会館をモデルとする。以後、『秘密のデカちゃん』の朝日署、『婦警さんは魔女』の日の出署も全て府中勤労福祉会館の建物がモデルとなる。武蔵野線車両や府中市の市章の入ったゴミ箱などが映り込むところを見ると、主に府中市内でロケを行っていた模様。
  • マツの「トミコ!」の台詞と共にトミーが耳をピクピク動かすというアクションは、松崎によるとE・H・エリックの耳を動かす芸をヒントにしていたという。最初は針金で耳を動かしていたが、後になって国広が針金無しで耳を動かせるようになっていたという[5]

ネット局について[編集]

DVD化[編集]

ポニーキャニオンから2003年2月19日にトミーBOX(1 - 11話収録)3月19日にマツBOX(12 - 22話収録)が発売されているが、2018年6月現在まで続刊は発売されておらず未完となっている。

奇跡の刑事 トミー&マツ[編集]

月刊YOUに、ドラマを原案とした漫画『奇跡の刑事 トミー&マツ』が連載されていた。単行本は全5巻で3巻以降は電子版のみ。

主要登場人物
  • 岡崎富男
ドラマの岡野富夫に相当。人物像もドラマを踏襲し、臆病だが「トミコ」と言われると激怒して人格が変わる。人格変化中のことは覚えていない。
  • 松田進
ドラマの松山進に相当。ドラマと同様に独断専行が目立ち、その度に同僚や上司から注意されている。

脚注[編集]

  1. ^ 例えば変身は、ある話では富士見署周知の事実であるが、別の話ではマツと相模だけしか知らないなど。
  2. ^ 最終回で犯人のヤクザを笑いながらプレスで潰そうとし万里子が必死に止めた。
  3. ^ 家族同然に心配してくれたり、本音でぶつかろうとする等真剣な所に惚れる女性もいるが決まって世間知らず、ふくよかな体系、未成年、純朴・朴訥であり面食いのマツには、結局兄貴分として終わってしまう所も多々ある。
  4. ^ 七曲署の藤堂俊介や西部警察署の面々と顔見知りである事を発言している場面がある。
  5. ^ 実際には降格処分は余程の事でない限り行なわれない。
  6. ^ その後ナンシーも45話でゲスト出演している。
  7. ^ この第18話のみ、ゲストとして出演。芸者役。
  8. ^ テレビ放送画面のこのサブタイトルでは、「トミー」という言葉は付いていない。
  9. ^ テレビ放送画面のこのサブタイトルでは、だよンの「ン」は小文字表記であった。
  10. ^ 劇中に同局のワイドショー「3時にあいましょう」が登場した為。
  11. ^ 巽の己は「巳」の表記。
  12. ^ 現在はフジテレビ系列。

出典[編集]

  1. ^ 荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(5)噂の刑事トミーとマツ 松崎しげる
  2. ^ 週刊テレビガイド 1979年10月12日号 p.4
  3. ^ 噂の刑事トミーとマツ
  4. ^ 週刊TVガイド』(東京ニュース通信社)「テレビ50年史」2000年12月10日発行「人気刑事ドラマの役職・階級」
  5. ^ アサヒ芸能徳間書店)2018年3月22日号 p.46 - 53「激情のオール直撃ワイド 俺たちがシビれた刑事ドラマ50年の勲章」より。

関連項目[編集]

TBS 水曜20時台(1979年10月 - 1981年3月)
前番組 番組名 次番組
噂の刑事トミーとマツ
(第1シリーズ)
TBS系 水曜20時台(1982年1月 - 12月)
秘密のデカちゃん
噂の刑事トミーとマツ
(第2シリーズ)
TBS系 水曜20:54 - 20:55枠(1982年1月 - 9月)
秘密のデカちゃん
(20:00 - 20:55)
噂の刑事トミーとマツ
(第2シリーズ)
【1分縮小して継続】
JNNフラッシュニュース
(20:54 - 21:00)
【1分拡大して継続】