噴門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Stomach002.svg
胃の解剖
1:食道 2:ヒス角 3:噴門 4:胃角 5:幽門 6:十二指腸 A:胃底部 B:胃体部 C:前庭部 X:小彎 Y:大彎
Illu stomach.jpg
表記・識別
MeSH D002299
ドーランド
/エルゼビア
f_17/12380862
解剖学用語英語版

噴門(ふんもん、Cardia)とは、食道につながる部分の事[1]。 噴門は、食道の重層扁平上皮から消化管の単層円柱上皮へとつながる胃と食道の結合部分である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤田ら, p.115

参考文献[編集]

  • 藤田尚男、藤田恒夫『標準組織学 各論』医学書院、2001年3月1日、第3版第10刷。ISBN 4-260-10053-X。