四だいの小さな機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四だいの小さな機関車(汽車のえほん10)』(よんだいのちいさなきかんしゃ きしゃのえほん10)(原題Four Little Engines)は、低学年の児童向け絵本シリーズ「汽車のえほん」の第10巻である。

四だいの小さな機関車
著者 ウィルバート・オードリー
レジナルド・ダルビー
イギリス
言語 英語
ジャンル 絵本
出版社 エドモンド・ワード社(1955年 - 1968年
ケイ&ワード社(1968年 - 1998年
エグモント社(1998年 - )
出版日 1955年
前作 青い機関車エドワード
次作 ちびっこ機関車パーシー

概要[編集]

1955年イギリスで発行されたウィルバート・オードリー牧師執筆による汽車のえほんシリーズの第10巻。4話の短編作品を収録。挿絵はレジナルド・ダルビーが担当。ポプラ社から1974年7月に日本語訳が出版されていたが、2004年頃一旦絶版。2005年に『4だいの小さな機関車』という名で新装改訂版が出版された。2010年にミニ新装版が発売された。

成立の過程と作品背景[編集]

1945年から、ほぼ毎年に1巻ずつ続巻してきた本シリーズの第10巻。当時オードリー牧師が熱心に活動していた保存鉄道の援助の一つで、タリスリン鉄道の援助活動の一部として執筆された。同鉄道をモデルとした狭軌のスカーローイ鉄道の機関車たちが登場する。ダルビーも腕が上達し、機関車の描写がリアルになってくる。ただしダルビーの描くスカーロイ鉄道はこの巻だけである。

収録作品[編集]

  • スカーロイのおもいで(Skarloey Remembers)
  • 機関車サー・ハンデル(Sir Handel)
  • ピーター・サムのしっぱい(Peter Sam and the Refreshment Lady)
  • スカーロイのかつやく(Old Faithful)

登場キャラクター[編集]

スカーロイ鉄道
  • スカーロイ:旧版ではこの巻のみ表記が「スカーロイ」である。
  • レニアス:5ページのみに登場するが、明らかにデッサンが変。
  • サー・ハンデル
  • ピーター・サム
  • 5台の客車
局長の鉄道の機関車
人物
  • サー・ハンデル・ブラウン:スカーロイ鉄道の持ち主。最終ページで登場。
  • ピーター・サム(ほっそりじゅうやく):スカーローイ鉄道の重役。
  • ラーストさん:いつも途中駅で遅れてやってくる客。