四つの目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四つの目
ジャンル 小学生向け教育番組
司会者 鈴木泰雄(NHKアナウンサー)
出演者 草下英明
山口奈々
大宮悌二
小宮山清
やなせたかし
オープニング 『四つの目のテーマ』
製作
制作 NHK
放送
音声形式 モノラル放送
パイロット版
放送期間 1966年3月23日
放送時間 水曜18:00 - 18:25
放送分 25分
1966年4月から1969年4月3日まで
放送期間 1966年4月7日 - 1969年4月3日
放送時間 木曜18:00 - 18:25
放送分 25分
1969年4月10日から1972年3月まで
放送期間 1969年4月10日 - 1972年3月30日
放送時間 木曜18:20 - 18:45
放送分 25分
番組年表
前作 茶の間の科学
続編 レンズはさぐる
テンプレートを表示

四つの目』(よっつのめ)とは、NHK総合テレビ1966年3月23日から1972年3月30日まで放送された小学生向けの科学をテーマにした番組である。番組開始から1970年3月26日まではモノクロ放送で、1970年4月2日からはカラー放送

概要[編集]

1966年3月23日に放送記念日特集として初登場し、同年4月7日からレギュラー化された。

番組名の「四つの目」は、通常の撮影による「肉眼の目」、高速度撮影や微速度撮影による「時間の目」、顕微鏡や望遠鏡などによる「拡大の目」、X線撮影による「透視の目」を意味する。物事を様々な「目」で科学的に分析するという小学生向けの当番組は、後番組の『レンズはさぐる』を経て、そのフォーマットは生活に密着した情報番組へと受け継がれていった。そして生まれたのが『ウルトラアイ』、『トライ&トライ』、『ためしてガッテン』である。

NHKには、1967年3月30日放送の「ウグイス」のみが保存されている。

放送時間[編集]

放送期間 放送時間(JST 備考
1966.03.23 水曜 18:00 - 18:25 『わんぱくテレビ局』を休止して放送。
1966.04.07 1969.04.03 木曜 18:00 - 18:25
1969.04.10 1972.03.30 木曜 18:20 - 18:45 こどもニュース』が18:00へ、人形劇枠が18:05へそれぞれ移動したことで繰り下げ。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 鈴木泰雄(当時NHKアナウンサー)

解説[編集]

アシスタント[編集]

VTR出演[編集]

ナレーター[編集]

この他、やなせたかしが出演した。その役割は草下の解説に対するコメンテーター的存在で、やなせが漫画家という立場でイラストを書いて解説するようなことはなかった(やなせたかし#困ったときのやなせさんも参照。『アンパンマン』の最初の作品は当番組の放映中である1969年に執筆され、単独の絵本としては放映終了間もない1973年に初刊が出たが、爆発的な人気を得るのはさらに10年以上が経過したのちである)。

NHK総合テレビ 木曜18:00 - 18:25枠
前番組 番組名 次番組
四つの目
(1966年4月 - 1969年3月)
18:00-こどもニュース
18:05-空中都市008
【以上平日】
18:20-四つの目
【20分繰り下げ】
NHK総合テレビ 木曜18:20 - 18:45枠
18:00-四つの目
【20分繰り下げ】
18:25-みんなのうた
あねいもうと
【以上平日】
四つの目
(1969年4月 - 1972年3月)
NHK総合テレビ 科学番組
四つの目