四つ葉のクローバー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四つ葉のクローバー
岡村孝子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMG JAPAN
プロデュース Takako Okamura
Yukio Hiasa
チャート最高順位
岡村孝子 年表
TOY BOX
2005年
四つ葉のクローバー
2006年
After Tone V
2006年
『四つ葉のクローバー』収録のシングル
  1. 銀色の少女
    リリース: 2006年4月26日
テンプレートを表示

四つ葉のクローバー』(よつばのクローバー)は、岡村孝子の通算15枚目のオリジナルアルバム。2006年5月24日発売。発売元はBMG JAPAN

解説[編集]

アルバムで初めてDVD付(初回生産分のみ)でリリースされた15作目。DVDには、CDジャケットの撮影で訪れたオーストラリアパースでのオフ・ショットのほか、先行シングル「銀色の少女」(2006年4月26日)のミュージック・ビデオが収録されている。 初回盤・通常盤共通のCDには、「銀色の少女」のほか、「春色のメロディー」(2005年1月29日)と「夢をあきらめないで 『逆境ナイン』リマスタリング・バージョン」(2005年6月22日)のカップリング曲がそれぞれアルバム・バージョンで収録されている[1]。 なお、DVD付初回生産盤と通常盤はジャケット写真も異なっている。

楽曲における特徴の一つに、コーラスを用いた曲が多いこと(他のアルバムでは通常3曲から5曲程度なのに対し、本作では10曲中「暁の空」以外の9曲)が挙げられる。「フックエンド・マナーの丘」「聖域 〜Sanctuary〜」に至っては、先に発表されていたバージョンではコーラスがなかったが、本アルバム収録に際しコーラスを加えている。

初回盤はDVDのほか、シングル「銀色の少女」初回生産盤と本アルバムの両アイテム購入者へ向けた連動特典があった。特典の中身は、抽選で全国各地で開催されるトークショーに招待されるというもの。招待制のトークショーでは、岡村本人を交えた映像鑑賞や握手会などが行われた。

アルバムに連動したコンサート・ツアーは行われていないが、2006年暮れに行われた「Christmas Picnic」で本アルバムから何曲かが披露された。なお、このコンサートではあみんのパートナーである加藤晴子が飛び入りで参加し、2007年に「あみん」を再開することが発表された。

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. 四つ葉のクローバー(5:06)
  2. 銀色の少女(5:19)
  3. 夢見る瞳(4:48)
    • あみんの3枚目のアルバム『未来へのたすき』(2008年10月22日)にあみんヴァージョン収録。
  4. Tomorrow(5:02)
    • コーラスに加藤晴子が参加。
  5. 晩春(4:39)
    • 岡村個人の楽曲であるが、2007年夏に行われたあみんの25周年記念ツアーにおいて2人で歌われた[3]
  6. フックエンド・マナーの丘(Album Version)(4:44)
    • 32ndシングル「夢をあきらめないで 『逆境ナイン』バージョン」のカップリング曲
    • 「フックエンド・マナー」とはイギリス・チェッケンドンにある番地の名前から[4]
  7. 以心伝心(4:40)
  8. 聖域 〜Sanctuary〜(Album Version)(4:07)
    • 30thシングル「春色のメロディー」のカップリング曲。
    • 前作のアルバムタイトルが『Sanctuary』(2005年3月23日)であったが収録されていない。
    • シングル音源と比べて、より神聖なアレンジへと装いを変えている。
  9. 暁の空(5:39)
    • 「未知標」にも登場する「七色の虹」「はばたく」などの言葉が、本楽曲の歌詞にも登場する[5]
  10. 永遠の夏(4:47)
    • 撮影のためオーストラリア・パースに赴いた際、移動の車中で構想が出来たという楽曲[6]
作詞・作曲: 岡村孝子(Except M-2 作詞: さだまさし)
編曲: 萩田光雄 M-2・3・5・6・7・8・9・10 、海老原真二 M-1・4

DVD[編集]

  • Visual-Shooting Tour 2006 in West Australia
  1. 銀色の少女 Music Video
  2. OFF-SHOT SCENE

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「銀色少女」のカップリング曲「遠き故郷」は本アルバム未収録。
  2. ^ さだまさしは、岡村が楽曲を作り始めたきっかけとなった人物であり、「あみん」というグループ名もさだの楽曲から拝借している。
  3. ^ 歌唱映像は、2007年12月19日に『25th Anniversary Aming Concert Tour 2007 In the prime 〜ひまわり〜』のタイトルでDVD化済。
  4. ^ 1990年前後の頃、レコーディングのために毎年チェッケンドンを訪れていた。
  5. ^ 元々「未知標」はあみんのデビュー曲「待つわ」(1982年7月21日)のB面曲。そののちLP『ANDANTINO』(1986年11月29日)でセルフカヴァーされ、『Andantino a tempo』(1987.2.4)でCD化された。
  6. ^ トークショー(東京会場)にて、本人が口頭でコメントした。