四ツ車大八 (8代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四ツ車大八 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 山影→四ツ車
本名 山影 誠
生年月日 (1980-07-24) 1980年7月24日(37歳)
出身 岩手県花巻市
身長 184cm
体重 154kg
BMI 45.49
所属部屋 伊勢ノ海部屋
得意技 右四つ、寄り、投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西十両8枚目
生涯戦歴 370勝368敗(103場所)
優勝 幕下優勝1回
データ
初土俵 1996年3月場所
引退 2013年5月場所
備考
2013年5月25日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

四ツ車 大八(よつぐるま だいはち、1980年7月24日 - )は、岩手県花巻市出身で伊勢ノ海部屋所属の元大相撲力士。本名は、山影誠(やまかげ まこと)。体格は身長184cm、体重154kg、血液型はO型。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は西十両8枚目(2008年11月場所)。

略歴[編集]

  • 1996年3月 初土俵
  • 1997年7月 四股名を四ツ車に改める。本人が8代目にあたる。
  • 2000年5月 三段目で7戦全勝を記録、しかし優勝決定戦で敗れ優勝ならず。
  • 2008年
    • 7月 1番相撲から6連勝するも7番相撲で里山に敗れる。もう1人の全勝であった星風も敗れたため8人での優勝決定戦となったが、初戦で持丸に敗れ優勝を逃す。
    • 9月 西幕下13枚目の地位で7戦全勝し、幕下優勝を果たす。場所後の番付編成会議で十両昇進が決定した。その後後援会の打ち上げにて優勝を報告し四ツ車は「気を抜かずに今まで以上にけいこに励む」と決意を新たにした。
    • 11月 自己最高位の十両8枚目に昇進。新十両の場所では勝ち越しはできなかった。
  • 2009年3月 3場所連続の負け越しで幕下に陥落。
  • 2012年9月 3場所連続の負け越しで三段目に陥落。
  • 2013年5月 4勝3敗と勝ち越したが、現役を引退[1]
  • 時期不明 股関節を痛める
  • 2017年1月6日 伊勢ノ海部屋の公式Facebookに、現在は東京五反田「ミート矢澤」に勤務しており春から名古屋店の副店長になることが記述された[2]

エピソード[編集]

  • 幼少の頃に両親が離婚し、母親も花巻温泉に住み込みで働き不在がちだったため、母方の祖母に育てられた。母親と祖母は入門後に他界し、2008年9月場所後に帰省した際二人の墓前に関取昇進を報告した。
  • 四ツ車大八」の四股名は伊勢ノ海部屋に江戸時代から伝わる由緒あるもので、町火消と大乱闘を繰り広げた話は「め組の喧嘩」として、歌舞伎の題材になっている。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:370勝368敗(103場所)
  • 十両成績:16勝29敗(3場所)

各段優勝[編集]

  • 幕下優勝:1回(2008年9月場所)

場所別成績[編集]

                                                                                                                                                                                                                                                            

四ツ車 大八
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1996年
(平成8年)
x (前相撲) 東 序ノ口 #37
3–4 
東 序ノ口 #33
5–2 
東 序二段 #167
2–5 
西 序ノ口 #16
3–4 
1997年
(平成9年)
東 序ノ口 #24
4–3 
東 序二段 #172
3–4 
西 序二段 #188
6–1 
東 序二段 #89
4–3 
西 序二段 #61
2–5 
西 序二段 #93
4–3 
1998年
(平成10年)
東 序二段 #69
4–3 
西 序二段 #44
3–4 
西 序二段 #63
4–3 
西 序二段 #39
5–2 
東 序二段 #1
4–3 
東 三段目 #82
3–4 
1999年
(平成11年)
西 序二段 #1
4–3 
東 三段目 #82
3–4 
東 序二段 #3
3–4 
西 序二段 #20
4–3 
東 三段目 #100
5–2 
西 三段目 #65
4–3 
2000年
(平成12年)
西 三段目 #49
3–4 
東 三段目 #67
3–4 
西 三段目 #86
7–0 
東 幕下 #55
2–5 
東 三段目 #18
4–3 
西 三段目 #4
1–6 
2001年
(平成13年)
東 三段目 #29
4–3 
西 三段目 #17
3–4 
東 三段目 #35
3–4 
西 三段目 #46
6–1 
西 幕下 #57
1–6 
西 三段目 #23
4–3 
2002年
(平成14年)
東 三段目 #13
3–4 
西 三段目 #26
3–4 
東 三段目 #45
5–2 
東 三段目 #21
6–1 
西 幕下 #43
5–2 
東 幕下 #25
4–3 
2003年
(平成15年)
西 幕下 #19
4–3 
東 幕下 #14
5–2 
東 幕下 #8
2–5 
東 幕下 #20
3–4 
東 幕下 #30
1–6 
東 幕下 #56
5–2 
2004年
(平成16年)
西 幕下 #32
5–2 
東 幕下 #18
5–2 
西 幕下 #10
2–5 
西 幕下 #18
3–4 
西 幕下 #23
3–4 
西 幕下 #28
4–3 
2005年
(平成17年)
西 幕下 #23
2–5 
西 幕下 #40
3–4 
東 幕下 #49
4–3 
東 幕下 #40
5–2 
東 幕下 #26
4–3 
西 幕下 #19
4–3 
2006年
(平成18年)
西 幕下 #13
3–4 
東 幕下 #21
3–4 
西 幕下 #29
3–4 
西 幕下 #38
2–5 
東 幕下 #55
4–3 
東 幕下 #47
1–6 
2007年
(平成19年)
東 三段目 #20
4–3 
東 三段目 #7
6–1 
東 幕下 #33
4–3 
東 幕下 #25
4–3 
東 幕下 #20
3–4 
西 幕下 #27
3–4 
2008年
(平成20年)
東 幕下 #34
5–2 
東 幕下 #18
1–6 
西 幕下 #42
4–3 
西 幕下 #33
6–1 
西 幕下 #13
優勝
7–0
西 十両 #8
6–9 
2009年
(平成21年)
西 十両 #10
6–9 
東 十両 #14
4–11 
西 幕下 #4
1–6 
西 幕下 #24
4–3 
西 幕下 #20
3–4 
西 幕下 #27
3–4 
2010年
(平成22年)
東 幕下 #37
4–3 
西 幕下 #31
2–5 
東 幕下 #48
5–2 
東 幕下 #31
3–4 
東 幕下 #38
3–4 
東 幕下 #45
3–4 
2011年
(平成23年)
西 幕下 #54
5–2 
八百長問題
により中止
東 幕下 #39
3–4 
西 幕下 #41
4–3 
東 幕下 #32
3–4 
東 幕下 #40
4–3 
2012年
(平成24年)
東 幕下 #35
5–2 
東 幕下 #20
3–4 
東 幕下 #28
2–5 
西 幕下 #40
2–5 
東 三段目 #4
4–3 
東 幕下 #56
2–5 
2013年
(平成25年)
東 三段目 #21
4–3 
西 三段目 #6
2–5 
東 三段目 #37
引退
4–3–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 山影 誠(やまかげ まこと) 1996年3月場所 - 1997年5月場所
  • 四ツ車 大八(よつぐるま だいはち)1997年7月場所 - 2013年5月場所

脚注[編集]

関連項目[編集]