四十八手 (アダルト用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

四十八手(しじゅうはって)は、性行為における性交体位の種別を表したものである。江戸四十八手(えどしじゅうはって)とも呼ばれる[1]。この言葉は日本江戸時代において名付けられたとみられる。表裏合わせて九十六手(きゅうじゅうろくて)ともいわれる。近年では、"百手"ともいわれる。

概説[編集]

決まり手のような名称を付けて各種の性交体位を定義したものである。日本の伝統的な性交体位の概念である。名称については日本語圏において成立したため、同じ体位でも他の言語圏とは異なる名称が付いている場合が多い。

諸説あるものの浮世絵師・菱川師宣が描いた春画『恋のむつごと四十八手』とされる[2]。48手の内容については選者によりその時代から名称、体位ともに固定されておらず、その後の時代に合わせても追加、統合などが行われている。

おもな四十八手[編集]

以下、『夢枕艶房秘書』(東京美術出版)をベースに筆致。

1.網代本手(あじろほんて)
正常位。
2.揚羽本手(あげはほんて)
正常位。
3.筏本手(いかだほんて)
正常位。
4.せきれい本手
正常位。
5.寿本手(ことぶきほんて)
正常位。
6.洞入り本手(ほらいりほんて)
変形の正常位。
7.笠舟本手(かさふねほんて)
膝を抱え込んでの正常位。
8.深山本手(みやまほんて)
正常位。
9.入船本手(いりふねほんて)
男性が座位の正常位。
10.唐草居茶臼(からくさいちゃうす)
座位。
11.忍び居茶臼(しのびいちゃうす)
座位。文献によっては櫓がけとも呼ばれる。
12.濵千鳥(はまちどり)
女性は正常位。男性は半身で測位。
13.横笛(よこぶえ)
測位。
14.こぼれ松葉(こぼれまつば)
交差式測位。
15.菊一文字(きくいちもんじ)
交差式測位。
16.浮橋(うきはし)
測位。
17.八重椿(やえつばき)
交差位。
18.つばめ返し(つばめがえし)
交差位。
19.万字くづし(まんじくずし)
交差位。
20.出船うしろ取り(でふねうしろどり)
後背位。
21.つぶし駒掛け(つぶしこまかけ)
後背位。
22.本駒掛け(ほんこまかけ)
後背位。男性側は座位。
23.〆込み錦(しめこみにしき)
後背座位。
24.〆込み千鳥(しめこみちどり)
男性が寝る後背座位。
25.うしろ櫓(うしろやぐら)
後背位。いわゆる立ちバック。
26.亂れぼたん(みだれぼたん)
背面座位
27.本茶臼(ほんちゃうす)
密着座位。
28.いかだ茶臼(いかだちゃうす)
伸長位
29.時雨茶臼(しぐれちゃうす)
騎乗位
30.機織茶臼(はたおりちゃうす)
騎乗位
31.御所車(ごしょぐるま)
変形の交差位。
32.月見茶臼(つきみちゃうす)
変形の背面座位。
33.寶船(たからふね)
交差位
34.空竹割(からたけわり)
伸長位。
35.しがらみ
伸長位。
36.いかだくずし
伸長位。
37.廓つなぎ(くるわつなぎ)
交差位。
38.かげろう
女性上位の変則位。
39.きぬた
臀部を合わせる変則位。
40.狂ひ獅子(くるいしし)
結合部を見せ合う体位。
41.花菱ぜめ(はなびしせめ)
クンニリングス
42.尺八(しゃくはち)
フェラチオ
43.むく鳥(むくどり)
男性上位のシックスナイン。
44.白光錦(びゃっこうひしき)
手マン。
45.さかさ椋鳥(さかさむくどり)
女性上位のシックスナイン
46.二ツ巴(ふたつどもえ)
測位でのシックスナイン。
47.立鼎(たちかなえ)
立位。別名:鯉の滝登り
48.やぐら立ち(やぐらだち)
立位。別名:駅弁。

おもな裏四十八手[編集]

1.俵だき本手(たわらだきほんて)
2.浮島本手(うきしまほんて)
3.つるべ落し(つるべおとし)
4.だるま返し(だるまがえし)
5.地藏抱き(じぞうだき)
6.鳴門うしろ取り(なるとうしろどり)
7.いすか取り(いすかどり)
8.裾野(すその)
9.座禪ころがし(ざぜんころがし)
10.押し車(おしぐるま)
11.花あやめ(はなあやめ)
12.下り藤(くだりふじ)
13.やぶさめ
14.ひよどりごえ
15.八つ橋(やつはし)
16.丁字引き(ちょうじびき)
17.巣ごもり(すごもり)
18.虹のかけはし(にじのかけはし)
19.絞り芙蓉(しぼりふよう)
20.岩淸水(いわしみず)

その他[編集]

クンニリングス

フェラチオ

  • 雁が首
  • 千鳥の曲
  • 吊り橋
  • 松葉崩し
  • テコがかり

(腰高位)

(腰吊位)

  • 立ち松葉

対面座位

(後背座位)

(男性上位・女性上位

(騎乗位)

(側臥位=側位

(仰臥位)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 白倉敬彦 『恋のむつごと四十八手 - 春画を読む』 平凡社平凡社新書 514〉、2010年3月。ISBN 978-4-582-85514-2。
  • 白倉敬彦 『春画で読む江戸の色恋 - 愛のむつごと「四十八手」の世界』 洋泉社、2011年10月。ISBN 978-4-86248-820-6。
  • 白倉敬彦 『春画の色恋 - 江戸のむつごと「四十八手」の世界』 講談社講談社学術文庫〉、2015年9月14日。ISBN 978-4-06-292319-4。
  • 永井義男 『江戸の性語辞典』 朝日新聞出版朝日新書 484〉、2014年10月。ISBN 978-4-02-273584-3。
  • 夢枕艶房秘考(性戯四十八手裏表絵解説)東京美術出版、平成6年刊

関連項目[編集]