四国急行バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

四国急行バス株式会社(しこくきゅうこうバス)は、かつては愛媛県松山市香川県高松市を結ぶバス路線を有する会社であった。

四国急行バス株式会社
種類 株式会社
略称 四急(よんきゅう)
本社所在地 日本の旗 日本
790
愛媛県松山市湊町五丁目1番地1
設立 1964年(昭和39年)3月12日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送業
代表者 代表清算人 宮脇 先
資本金 3,000万円
発行済株式総数 6万株
従業員数 68名
主要株主 伊予鉄道瀬戸内運輸琴平参宮電鉄
テンプレートを表示

沿革[編集]

  • 1964年(昭和39年)3月12日: 伊予鉄道、瀬戸内運輸、琴平参宮電鉄と共同出資(後に高松琴平電鉄も出資)で愛媛県松山市湊町五丁目13番地に設立。
  • 1965年(昭和40年)3月18日: 高松 - 松山間(国鉄バス北四国急行線)と並行し開業。
  • 1977年(昭和52年)
    • 1月: 利用低迷のため廃止。
    • 2月1日:解散。
    • 8月29日:清算結了。
  • 1979年(昭和54年)7月22日: 並行する国鉄バス北四国急行線も廃止された。

路線[編集]

  • 1965年3月18日 開業

運行区間

※四国急行バスの松山は松山市駅
※ 四国急行バス11往復、国鉄バス6往復。(うち1往復は特急便)
※ 所要時間:特急3時間55分、急行4時間10分 途中休憩は川之江で5分間

1966年7月15日

  • 松山側の発着駅を統一 
  • 大街道一丁目-松山 廃止
  • 大街道一丁目-松山市駅-松山 開業
  • 金蔵寺町、国道観音寺、土居町 開駅

1970年8月27日 

  • 国道高瀬、久米 開駅

1974年8月30日

  • 西条常心から国道西条に改称。

1975年9月 

  • 四国急行バス10往復を5往復に減回

1975年12月5日 

  • 郷東橋、国道端岡、大頭、横河原、新立 開駅
  • 国鉄バス1往復減回

停留所増設後(1975年12月当時)

  • 高松駅 - 五番町 - 郷東橋 - 国道端岡 - 坂出駅前 - 丸亀駅前 - 金蔵寺町 - 国道高瀬 - 国道観音寺 - 豊浜駅前 - 川之江駅前 - 伊予三島駅前 - 土居町 - 新居浜東城 - 国道西条 - 伊予小松 - 大頭 - 川内 - 横河原 - 久米 - 新立 - 大街道 - 松山駅 -松山市駅
※ 四国急行バス5往復、国鉄バス4往復
※ 所要時間:4時間00分
※ 高松駅は近鉄琴産会館前 松山市駅は伊予鉄バスターミナル。

本社・営業所[編集]

本社は伊予鉄道本社内にあり、営業所は高松、川之江にあった。運転士、車掌は設立後に採用したが、事務職の多くは伊予鉄道からの出向である。

車両[編集]

出資会社等の関係もあり、日野自動車製、車体は金産自動車工業であった。後にトイレ付の車両が導入された。会社解散後はそれぞれの出資会社に引き取られた。

参考文献[編集]

  • バスジャパンハンドブックシリーズ10『瀬戸内運輸』(1996年)、BJエディターズ
  • 伊予鉄道100年史(1987年)、伊予鉄道株式会社
  • 松山地方法務局備付四国急行バス株式会社閉鎖登記簿(1977年8月30日閉鎖)

備考[編集]