四平陸軍戦車学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

四平陸軍戦車学校(しへいりくぐんせんしゃがっこう)とは、満州四平にあった大日本帝国陸軍軍学校(実施学校)のひとつである。

概要[編集]

機甲部隊将兵の教育訓練の拡充を目的として、陸軍公主嶺学校戦車教導隊を基幹に「公主嶺陸軍戦車学校」が創設された。

前身[編集]

沿革[編集]

組織・教育区分[編集]

総合機甲部隊の運用および射撃の教育研究を担当

  • 本部
  • 研究部
  • 教育部 
    • 甲種学生:中隊
    • 乙種学生:射撃・操縦
    • 丙種学生:通信
    • 丁種学生:初級将校
    • 戊種学生:操縦・通
    • 幹部候補生隊:各期 約200名
    • 下士官候補者隊:各期 約200名
  • 教導連隊
    • 2コ中隊
  • 材料廠

人事[編集]

歴代校長[編集]

  • 富永恭次 少将(陸士25期):1940年12月2日 - 1941年4月10日
  • 星野利元 少将(陸士25期):1941年4月10日 -1942年9月1日 (*1942年8月1日 中将 )
  • 名倉栞 少将(陸士26期):1942年9月1日 -1942年11月 日

    1942年11月:移転。「四平陸軍戦車学校」と改称。補職学校名変更。

  • 名倉栞 少将(陸士26期):1942年11月 -1944年7月8日 (*1943年3月9日 兼-教導戦車旅団長 )(*1944年6月 中将 )
  • (代理)池田末男 中佐(陸士37期):1944年7月15日 - 1944年12月22日 (*本務:四平陸軍戦車学校教官
  • (代理)北武樹 大佐(陸士27期):1944年12月30日 - 1945年7月26日

歴代幹事[編集]

  • 名倉栞 少将(陸士26期):1940年12月2日 - 1941年7月7日
  •      (陸士 期):  年 月 日-   年 月 日
  •      (陸士 期):  年 月 日-   年 月 日

歴代教官[編集]

  • 重見伊三雄 大佐(陸士27期):1940年12月2日 - 1941年12月1日
  • 当山弘道 大佐(陸士28期):1940年12月2日 - 1942年8月1日 
  • 池田末男 中佐(陸士37期):1941年11月25日 -1942年11月

  1942年11月:移転。「四平陸軍戦車学校」と改称。補職学校名変更。

  • 池田末男 中佐(陸士37期):1942年11月 - 1944年12月22日 (*1944年7月15日 :四平陸軍戦車学校長 代理 )
  • 重見伊三雄 大佐(陸士27期):1942年12月1日 - 1944年3月1日

研究主事[編集]

  • 細見惟雄 大佐(陸士25期):1939年8月1日- 1940年12月1日

教導戦車連隊長[編集]

  •  玉田美郎 大佐(陸士25期):1940年12月2日 - 1941年10月15日

  * 1941年11月21日:教導戦車連隊は、戦車第24連隊に改編[注釈 8]。教導業務は、そのまま委託継続。

学校 附[編集]

  •      (陸士 期):  年 月 日-   年 月 日
  • 北武樹 大佐(陸士27期):  年 月 日- 1945年7月26日


出身者[編集]

所在地[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 憲兵科を除く各兵科は、兵科の中の一つである各兵種となった。(例)これにより、従来は不可能であった、砲兵大尉を歩兵連隊内の歩兵砲中隊長や、連隊砲中隊長への補職が可能となり、転科手続きなく人事行政に断髪力を持たせ、新兵器・新戦術に対応した戦備・戦力拡大図ることが可能となった。
  2. ^ 戦車は、歩兵科戦車兵から兵科機甲兵となる。
  3. ^ 乗車騎兵に歩兵出身者の補職も可能となる。
  4. ^ 挺身兵には、戦車も山砲もあるが航空であったり、船舶兵には、高射砲や野砲もあるが工兵である等、従来の兵科の垣根を跨るものの柔軟運用が可能となった。
  5. ^ 公主嶺学校教の教導業務は、そのまま公主嶺陸軍戦車学校教導戦車隊が継続して実施。
  6. ^ 全ての車輌における操縦・整備・燃料・戦術の研究・教育・行政は機甲本部に一元化。
  7. ^ 昭和17年3月30日編成完結。昭和17年6月24日教導戦車旅団隷下に編入。
  8. ^ 戦車第24連隊は1942年3月30日 編成完結。1942年6月24日:教導戦車旅団隷下に編入。

出典[編集]

  1. ^ 軍令陸甲第七十六號『戰車第四師團臨時編成要領』
  2. ^ 文芸春秋編『司馬遼太郎の世界』(単行本、1996年、ISBN 4165053902。文庫版、1999年、ISBN 4167217694。 )「6章 司馬さんの七十二年」より。

参考文献[編集]

  • 山崎重武ほか編集『四平(公主嶺)陸軍戦車学校史 - 満洲第五八三部隊』公四会事務局、1988年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 原剛・安岡昭男編『日本陸海軍事典コンパクト版(上)』新人物往来社、2003年。