四平陸軍戦車学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

四平陸軍戦車学校(しへいりくぐんせんしゃがっこう)とは、満州四平にあった大日本帝国陸軍軍学校(実施学校)のひとつである。

概要[編集]

1940年(昭和15年)12月1日、機甲部隊将兵の教育訓練を目的として、陸軍公主嶺学校戦車教導隊を基幹に「公主嶺陸軍戦車学校」が創設された。1942年(昭和17年)11月、四平街へ移転し「四平陸軍戦車学校」と改称した。

1944年(昭和19年)8月、戦局の悪化に伴い、本土防衛のため教導連隊、材料廠の主力は内地に移転し、幹部候補生教育を中心とした補充学校的なものとならざるを得なかった。終戦直前、独立戦車第9旅団に改編された。

所在地[編集]

沿革[編集]

  • 1940年(昭和15年)12月 陸軍公主嶺学校の戦車教導隊を基幹に「公主嶺陸軍戦車学校」を創設。
  • 1942年(昭和17年)11月 四平街に移転し「四平陸軍戦車学校」と改称。
  • 1944年(昭和19年)8月 教導連隊、材料廠の主力が内地へ移転。
  • 1945年(昭和20年)3月 千葉陸軍戦車学校における本土決戦要員教育を再開するため教官を転属。
    • 8月 独立戦車第9旅団に改編。旅団長:北武樹大佐

組織[編集]

  • 教育部
  • 研究部
  • 教導連隊
    • 2箇中隊
    • 幹部候補生隊
    • 下士官候補者隊
  • 材料廠

教育区分など[編集]

  • 甲種学生 中隊
  • 乙種学生 射撃・操縦
  • 丙種学生 通信
  • 丁種学生 初級将校
  • 幹部候補生隊・下士官候補者隊 各期約200名

歴代校長[編集]

  • 富永恭次 少将:1940年12月2日 -
  • 星野利元 少将:1941年4月10日 -
  • 名倉栞 少将:1942年9月1日 -
  • (代)池田末男 大佐:1944年7月15日 -
  • (代)北武樹 大佐:1944年12月30日 - 1945年7月26日

出身者[編集]

脚注・参照[編集]

  1. ^ 文芸春秋編『司馬遼太郎の世界』(単行本、1996年、ISBN 4165053902。文庫版、1999年、ISBN 4167217694。 )「6章 司馬さんの七十二年」より。

参考文献[編集]

  • 山崎重武ほか編集『四平(公主嶺)陸軍戦車学校史 - 満洲第五八三部隊』公四会事務局、1988年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 原剛・安岡昭男編『日本陸海軍事典コンパクト版(上)』新人物往来社、2003年。