四方六面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四方六面体
四方六面体
四方六面体
種別 カタランの立体、二十四面体
面数 24
面構成 二等辺三角形の一種
DU08 facets.png
辺数 36
頂点数 14
対称群 Oh
双対多面体 切頂八面体
特性 凸集合
テンプレートを表示

四方六面体(しほうろくめんたい、: tetrakis hexahedron / tetrakis cube)とは、カタランの立体の一種で、切頂八面体双対多面体である。立方体の各面の中心を持ち上げ、4つの二等辺三角形に分けたような形をしている。正四面体の各面と各辺の中心を持ち上げたような形にもなっている。

性質[編集]

四方六面体のサイコロ
  • 構成面となる二等辺三角形の形状
    • 頂角: 約83.62°
    • 底角: 約48.19°
    • 短い辺 : 長い辺 = 3 : 4

近縁な立体[編集]