四日市浜園旅客ターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ターミナルの外観
シーワープ

四日市浜園旅客ターミナル(よっかいちはまぞのりょかくターミナル)は、三重県四日市市浜園にあった高速旅客船ターミナルである。

2006年4月1日中部国際空港(セントレア)への航路の運航を開始した。

ターミナルには高潮対策も施され、災害時には緊急物資輸送や市民の交通機関、四日市市の防災基地としても利用される予定であったが、2011年4月、所有者である四日市市において取り壊しの予算が成立したのち、ターミナルおよび桟橋など付帯施設のすべてが取り壊された。

沿革[編集]

  • 2006年4月1日 : 旅客ターミナルが開業。セラヴィ観光汽船により、中部国際空港への航路が開設される[1]
  • 2006年9月2日 : セラヴィ観光汽船により、名古屋港ガーデン埠頭への航路が開設される[1]
  • 2008年4月 : 経営破綻したセラヴィ観光汽船から、YALが中部国際空港航路の事業を承継する。
  • 2008年7月4日 : YAL社長(当時)が贈賄で逮捕されたことに伴い、四日市市からの燃料費補助が凍結される[2]
  • 2008年8月1日 : ダイヤ改正により減便する。
    • 従来は1日10往復、所要時間35分、運賃1,690円[3]だったものを、1日8往復、所要時間39分、運賃1,800円に変更した。
  • 2008年9月5日 : 同年10月4日の運行をもって航路廃止を決定する[4]
  • 2008年10月1日 : エンジントラブルを理由に同日の2便より欠航。修理に時間がかかることから運航は再開されず、そのまま廃止となった。[5]
  • 2008年10月5日 : 航路が廃止される。[5]
    • 航路廃止後も、残務処理のためとして同年内の船舶係留が許可されていた[5]
  • 2011年4月 : 所有者である四日市市の「平成24年度当初予算」において施設撤去のための予算が成立[6]。後に、ターミナルおよび桟橋など付帯施設のすべてが撤去される。

航路[編集]

[3] 全ての航路は廃止済みである。なお、各航路ともセラヴィ観光汽船により運航されていたが、同社の破綻後は中部国際空港への航路のみYALが承継した。

  • 中部国際空港(愛知県常滑市) 行き
  • 名古屋港ガーデン埠頭 行き
    • 就航船 : いなば2
    • 運航要目 : 1日4便、所要時間50分 ※土・日・祝日のみ運航。
  • 港内遊覧
    • 就航船 : いなば2
    • 運航要目 : 1日1便、所要時間 約50分 ※土・日・祝日のみ運航。

施設要目[編集]

  • 敷地面積 : 約10,000m2
  • 駐車場 : 約400台(無料)[1]

ターミナル施設[編集]

ターミナル内は公衆無線LANが整備されていた。

  • ロビー : 最大で旅客約100人を収容[1]
  • レストラン
  • 土産品販売店
  • PORT WAVE (ポートウェイブ、エフエムよっかいち) 浜園サテライトスタジオ
  • 中部国際空港航空機フライトインフォメーション
  • コインロッカー
  • コイン式インターネット
  • バスターミナル
  • タクシー乗り場
  • サービスヤード

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 資料4「第三回伊勢湾スーパー中枢港湾連携推進協議会 報告事項」 (PDF) (p.13 「四日市港に海上アクセスターミナルオープン」) - 伊勢湾スーパー中枢港湾連携推進協議会(2006年12月19日実施、2013年6月26日閲覧)
  2. ^ YAL:四日市が燃料補助を保留・存続の危機、運休も - 毎日jp(2008年7月5日付) [リンク切れ]
  3. ^ a b 特集:四日市浜園旅客ターミナル - 四日市市(「広報よっかいち」2006年10月下旬号、2013年6月26日閲覧) ※YAL承継前に関する出典。
  4. ^ YALが廃止届提出 中部空港-四日市航路 - 47NEWS(元ソースは中日新聞、2008年9月6日付、2013年6月26日閲覧) ※ソース表示にて全文の閲覧が可能。
  5. ^ a b c 12月末日まで残留を認める 四日市市とYALが協定 - 47NEWS(元ソースは伊勢新聞、2008年10月4日付、2013年6月26日閲覧) ※ソース表示にて全文の閲覧が可能。
  6. ^ 平成24年度当初予算資料 (PDF) - 四日市市(2013年6月26日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目[編集]