四書集注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

四書集注』は南宋儒学者朱熹の主著で、「四書」に関する注釈を収集整理し、さらに朱熹自身の注釈を加えた『大学章句』、『中庸章句』、『論語集注』、『孟子集注』の4編の注釈書[1]朱子学に重視され、宋代以降の中国近世社会でもっとも広く読まれた書とも評価される[2]。『四書章句集注』ともされる。

概要[編集]

南宋の儒学者である朱熹は、「五経」への階梯として、孔子に始まり孟子へと続くが伝えられていると考え、「四書」(『大学』『中庸』『論語』『孟子』)を重視した[3]。朱熹は「四書」それぞれに注釈書を著し、これが『四書集注』と総称される。 において朱子学が国教化(延祐2年〈1315年科挙の標準解釈に採用)されて以降、朝鮮・ベトナム・日本など東アジアで広く受容された[4]。ただし、元朝において朱熹の注釈が科挙に採用されたことは、学問に著しい功利性を生じさせ、元来の朱子学の形骸化を招いたとも言える[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 湯浅 2018, p. 239.
  2. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 世界大百科事典. “四書集注(ししょしっちゅう)とは” (日本語). コトバンク. 2020年7月8日閲覧。
  3. ^ 石本,青木 2017, p. 5.
  4. ^ 湯浅 2018, p. 17.
  5. ^ 湯浅 2016, p. 105.

参考文献[編集]

  • 湯浅邦弘、2016、『テーマで読み解く 中国の文化』、ミネルヴァ書房 ISBN 4623075095
  • 石本道明,青木洋司、2017、『論語 朱熹の本文訳と別解』、明徳出版社 ISBN 4896199413 NCID BB25182430
  • 湯浅邦弘、2018、『教養としての 中国古典』、ミネルヴァ書房 ISBN 462308275X