四月怪談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四月怪談
ジャンル 少女漫画
恋愛漫画
ファンタジー漫画
漫画
作者 大島弓子
出版社 主婦の友社
掲載誌 ギャルズライフ1979年6月号
レーベル GLコミックス
サンコミックス・ストロベリーシリーズ(朝日ソノラマ
大島弓子選集
白泉社文庫
その他 57ページ
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

四月怪談』(しがつかいだん)は、大島弓子日本の短編少女漫画作品。およびそれを中心とした作品集。表題作は主婦之友社『ギャルズライフ』1979年6月号に掲載された。

また、上記を原作とした映画作品。

大島弓子自身が実際に見たという、幽霊と遊ぶ夢が元になり、生まれた作品である[1][2]

ストーリー(原作)[編集]

 春に高校2年に進級した国下初子はある朝不思議な夢を見る。見た事もない風体の少年(岩井弦之丞)が現れて「あなたは朝、登校中に工事現場の落下物に当たって死んだのです。だが肉体がまだ使えるから生き返りなさい」と言うのだ。最初は夢だと思って全く信じない初子だったが、いくつもの証拠を見せられて信じない訳にはいかなくなった。だが、初子は霊になった自由な感覚が面白くて中々生き返ろうとしない。弦之丞は初子が心配で彼女の後について回る。弦之丞は100年前(!)に死んで、生き返るために自分の肉体を探している霊なのだった。
 「どうせなら生き返った時に面白いと思う事をした方が良い」。そんな弦之丞の言葉に初子が思い出したのは同じクラスのオカルトマニア夏山登だ。霊が見えると自称する彼の前に現れて生き返った後「見えなかったじゃない」と言ってやろうと思ったからだった。だが、夏山登の前に現れた初子と弦之丞はしっかり夏山登に見えているらしかった。さらにお通夜に訪れたあこがれの津田山さんがクラス委員長(女性)の告白を受けているのを見てショックを受ける初子。子供の頃に大好きだったレンゲ畑も今はもうなくなっていて初子は失意を重ねる。はたして初子は火葬前に生き返る事が出来るのだろうか?

登場人物[編集]

  • 国下初子(くにしたはつこ)
  • 岩井弦之丞(いわいげんのじょう)
  • 夏山登(なつやまのぼる)
  • 津田沼(つだぬま)
  • 委員長
  • 初子の母親
  • 初子の父親

同時収録作品(GLコミックス版)[編集]

おりしも そのときチャイコフスキーが[編集]

mimi』(講談社1976年7月号に掲載。
約1兆円の遺産相続者である笛子は、ある時、『ハムレット』の劇の練習をしている親戚と友人たちに、北海道から来たばかりで互いに一目惚れをしたというジローマルという男性を紹介した。そのことを訝しく思った幼馴染みの才蔵は、ジローマルに笛子の遺産のことを話し、笛子の理想の男性がどのようなものであるかを語り、手を引くようにと勧める。

雛菊物語[編集]

『ギャルズライフ』(主婦の友社1980年4月号に掲載。
ある2月、母親が菊子を起こしに行くと、菊子の部屋のぶら下がり健康器に首つり用の輪がかけられているのを見て驚愕した。菊子は遊びだと言うが、心理学を専攻する菊子の兄、信彦は卒論のテーマも兼ねて、彼女の自殺願望を阻止すべく、菊子が難病でひと月も生きられないという大嘘をつき、それを菊子にそれとなく聞かせてどう反応するかという実験を開始する。当初、そのプログラム通りに菊子は動いているかに見えたが、彼女は徐々に信彦の予想を超えた行動を取るようになっていった。

アポストロフィーS[編集]

JOTOMO1976年3月号に掲載。

同時収録作品(サンコミックス版)[編集]

快速帆船[編集]

デュオ』(朝日ソノラマ1985年7月号に掲載。
気がつくと、「わたし」はスケバンのような出で立ちで、見知らぬ街を歩いていた。名前も、その街に住んでいたのか、どこへ行くつもりだったのかも思い出せない。チンピラに絡まれ、通りすがりのおじさんに助けて貰った彼女は、切符を持っていることに気づき、電車に乗れば何かを思い出すだろうと、電車に飛び乗る。

ノン・レガート[編集]

『デュオ』(朝日ソノラマ1985年3月号に掲載。
漫画家志望の小松崎晴子は、12月の某日、宝籤で3千万円に当選し、使い道を考えているところへ、友人からその姉のマンションを買わないかと誘われ、家賃生活から免れる絶好のチャンスとばかりに、そのマンションを購入した。しかし、その後彼女を待ち構えていたものは、同居する老人たちとの軋轢や、高すぎる維持費など、不運の連続の毎日であった。

ダリアの帯[編集]

ぶ~け1985年8月号に掲載。

単行本[編集]

  • 『四月怪談』 主婦の友、GLコミックス(1981年5月1日刊)
    • 収録作品 -『おりしもそのときチャイコフスキーが』・『雛菊物語』・『アポストロフィーS』・『四月怪談』
  • 『四月怪談』 朝日ソノラマ、サンコミックス・ストロベリーシリーズ(1987年9月30日刊)
    • 収録作品 -『四月怪談』・『快速帆船』・『ノン・レガート』・『ダリアの帯
  • 『大島弓子選集第8巻 四月怪談』朝日ソノラマ、1986年1月31日刊
    • 収録作品 -『ヒー・ヒズ・ヒム』・『草冠の姫』・『たそがれは逢魔の時間』・『四月怪談』・『赤すいか黄すいか』・『雛菊物語』・『裏庭の柵をこえて』
  • 『四月怪談』白泉社、白泉社文庫、1999年3月17日刊
    • 収録作品 -『ローズティーセレモニー』・『きゃべつちょうちょ』・『ページワン』・『四月怪談』・『雛菊物語』・『桜時間』・『金髪の草原

映画版[編集]

四月怪談
監督 小中和哉
脚本 関顕嗣
小中和哉
原作 大島弓子
製作 久野義治
小澤俊晴
小林紘
出演者 中嶋朋子
柳葉敏郎
角田英介
音楽 中谷靖
撮影 志賀葉一
編集 冨竹理一
製作会社 日本ビクター
配給 ヘラルド・エース
公開 日本の旗 1988年3月19日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 6000万円
テンプレートを表示

小中和哉の監督作品であり、初の35mmフィルム作品である[3]

日本ビクターがVHD(ビデオディスク)の普及の一環のため、他のメディアでは見れないVHDでのオリジナル作品として制作した。制作費は6000万円[4]

テアトル新宿にて単館上映された。青春を中心テーマに据えたファンタジー映画である。2008年現在、特撮映画監督としての活動が中心となっている小中和哉の初期作だが、小中のデビュー作が『星空のむこうの国』というファンタジー物であったことを含め、小中自身の「ファンタジー志向」をうかがい知ることが出来る一作である。また本作では、小中も端役として出演しているほか、アニメーターとして板野一郎が参加している。1991年の7月に日本テレビの「月曜映画」で本作に出演した柳葉敏郎が声優を勤めた「おもひでぽろぽろ」上映宣伝の一課として唯一のTV放送がされた。上映時に徳間書店からアニメージュ文庫として本作のフィルムを1コマずつスチールにし台詞をシナリオ形式で画面の横に掲載した形で発売された。

ストーリー(映画)[編集]

高校生の国下初子は、下校中に立ち寄った廃工場で、落下してきた鉄骨に当たりそうになったはずみで幽霊になってしまう。姿が見えないことや瞬間移動の能力を面白がる初子は、先輩幽霊である弦之丞の「早く自分の体に戻るように」という忠告にもなかなか耳を貸そうとしない。初恋の人にフラれたショックで初子は自暴自棄になり「生き返らない!」と自棄になってしまう・・・

スタッフ[編集]

  • 監督 : 小中和哉
  • 原作 : 大島弓子
  • 脚本 : 小中和哉、関顕嗣
  • 音楽 : 中谷靖
  • 撮影 : 志賀葉一
  • 照明 : 吉角荘介
  • 美術 : 近藤成之
  • 録音 : 杉崎喬
  • 編集 : 富宅理一
  • 助監督 : 山本英史
  • スチール : 古沢びんぶん
  • アニメーター : 板野一郎
  • 現像 : IMAGICA
  • ポスプロ : ビデオテック(現:株式会社JVCケンウッド・ビデオテック)、ニューメグロスタジオ
  • スタジオ : 東映東京撮影所
  • 製作者 : 久野義治、小澤俊晴、小林紘
  • プロデューサー : 牛山真一
  • 製作協力 : 光和興業

キャスト[編集]

  • 国下初子:中嶋朋子
  • 弦之丞:柳葉敏郎
  • 夏山登(初子の同級生):角田英介
  • 沢木留美子(初子のクラス委員長):原彩子
  • 津田沼宏(初子のクラス副委員長):新井昌和
  • 深沢教諭(初子のクラス担任):水口馨
  • 葬儀社の男:小沢仁志
  • 由美(初子の友人):鈴木愛
  • めぐみ(初子の友人):井沢奈美
  • トラックの運転手:永田豪史
  • 国下耕作(初子の父):寺田農
  • 国下とし子(初子の母):山口果林

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大島弓子選集第8巻『四月怪談』書き下ろしマンガエッセイより
  2. ^ 白泉社文庫『四月怪談』「あとがきマンガ」より
  3. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、310頁。ISBN 4766927060。
  4. ^ 『日経流通新聞』1987年10月27日、8頁「ビデオディスクのソフト各社、新企画打ち出し拡販――低価格やオリジナル映画」