四生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

四生(ししよう、: catur-yoni)とは、仏教における生物分類方法で、その出生方法によって4つに分類したもの[1]である。「胎卵湿化」、「卵胎湿化」とも。

四生の分類[編集]

  • 胎生(たいしょう、: jarāyu-ja) - 母親胎内から出生するもの(哺乳動物など)。人間もこれに含まれる。
  • 卵生(らんしょう、: aṇḍa-ja) - 殻から出生するもの(鳥類魚類など)[1]
  • 湿生(しっしょう、: saṃsveda-ja) - 湿潤なじめじめしたところから出生するもの(虫など)[1]
  • 化生(けしょう、: upapādu-ka) - により何もないところから、別によりどころなしに[2]忽然と出生するもの(天人地獄衆生など)[1]

餓鬼は胎生のものと化生のものとがあり、畜生は胎生のものと卵生のものと湿生のものとがある。特殊な場合として、畜生にも化生があり、人間にも卵生・湿気・化生がある、という[2]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 中村元他 『岩波仏教辞典』 岩波書店、1989年、第2版。ISBN 4-00-080072-8。
  • 櫻部建 ; 上山春平 『存在の分析<アビダルマ>―仏教の思想〈2〉』 角川書店角川ソフィア文庫〉、2006年。ISBN 4-04-198502-1。(初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)

関連項目[編集]