四葉 (板橋区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 板橋区 > 四葉 (板橋区)
四葉
—  町丁  —
水車公園
四葉の位置(東京23区内)
四葉
四葉
四葉の位置
座標: 北緯35度46分39.3秒 東経139度39分7.03秒 / 北緯35.777583度 東経139.6519528度 / 35.777583; 139.6519528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 赤塚地域
面積
 - 計 0.341km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 4,743人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 175-0084[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

四葉(よつば)は、東京都板橋区町名[4][5]。現行行政地名は四葉一丁目から二丁目。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は175-0084[2]

四葉一丁目。農地が多く、起伏が激しい。

地理[編集]

板橋区西部に位置する。北で高島平、東から南にかけて徳丸、西で赤塚、北西で大門に隣接する。 高島平側の低地部と、赤塚高台側の台地部の中間にあり、起伏に富んだ地形になっている。

歴史[編集]

元は武蔵国豊島郡徳丸四葉村江戸時代に誕生した徳丸村の分村で、徳丸本村、徳丸脇村と共に徳丸三村と呼ばれた。江戸期はじめは天領だったが、後に東叡寺領となった[6]。当該エリアは1871年浦和県(現埼玉県)から東京府に編入された。1889年には赤塚村大字四ツ葉となり、1932年には板橋区の地名となった。四葉という地名の由来はわかっていない。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
四葉一丁目 1,187世帯 2,424人
四葉二丁目 938世帯 2,319人
2,125世帯 4,743人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
四葉一丁目 1~8番
16番
22~24番
31番
板橋区立紅梅小学校 板橋区立赤塚第一中学校
9~15番
17~21番
25~30番
板橋区立赤塚第三中学校
四葉二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

町域に駅は存在しないが、以下の路線が利用可能である。

バス[編集]

道路[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P795
  5. ^ 『いたばしの地名』板橋区教育委員会、1995年、P189-190
  6. ^ 『東京市町名沿革史 下巻』 東京市企画局都市計画課編、東京市企画局都市計画課、1938年、398頁。全国書誌番号:46066240OCLC 33673479
  7. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。