因幡社駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
因幡社駅
駅舎(2007年10月1日)
駅舎(2007年10月1日)
いなばやしろ
Inaba-Yashiro
用瀬 (3.8km)
(7.0km) 智頭
所在地 鳥取県鳥取市用瀬町宮原43
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 B 因美線
キロ程 24.9km(鳥取起点)
電報略号 ヤロ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
19人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)6月5日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示

因幡社駅(いなばやしろえき)は、鳥取県鳥取市用瀬町宮原にある西日本旅客鉄道(JR西日本)因美線である。

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)6月5日 - 因美線用瀬 - 智頭間延伸時に開業。
  • 1928年昭和3年)3月15日 - 因美南線開業に合わせ、因美線が因美北線に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1932年(昭和7年)7月1日 - 鳥取 - 津山間全通に伴い、因美北線が現在の因美線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。

駅構造[編集]

智頭方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅停留所)。かつては相対式ホーム2面2線であったが、片側の線路(2番線)は撤去された。そのため、現在は駅舎側の1番線ホームのみを智頭方面行きと鳥取方面行きが共用している。元2番線のホームが撤去されずに残っている。

駅舎には理髪店が併設され、出札業務が簡易委託(常備券を発券)されているが月曜日は定休日である。駅の管理は鳥取鉄道部が行っている。

利用状況[編集]

鳥取市統計要覧によると、2017年度の年間の乗車人員は0.7万人で、一日平均の乗車人員は19人と算出できる。

近年の乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 年間
乗車人員
一日平均
乗車人員
2008年 1万 27
2009年 1万 27
2010年 1.3万 36
2011年 1.4万 38
2012年 1.3万 36
2013年 1.3万 36
2014年 1.4万 38
2015年 1万 27
2016年 0.9万 25
2017年 0.7万 19

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
B 因美線
用瀬駅 - 因幡社駅 - 智頭駅

関連項目[編集]