因幡電機産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
因幡電機産業株式会社
Inaba Denki Sangyo Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9934
1996年9月19日上場
大証1部(廃止) 9934
1993年2月16日 - 2013年7月15日
本社所在地 日本の旗 日本
550-0012
大阪府大阪市西区立売堀四丁目11番14号
設立 1949年(昭和24年)5月27日
業種 卸売業
法人番号 1120001041352
事業内容 電設資材商品・情報機器等の販売
空調配管部材・電気機器の製造及び販売
代表者 守谷承弘(代表取締役社長
資本金 81億2037万円
発行済株式総数 2340万株
売上高 連結:1973億80百万円
単独:1926億87百万円
(2013年3月期)
営業利益 連結:94億31百万円
単独:90億59百万円
(2013年3月期)
純利益 連結:48億72百万円
単独:51億35百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:771億37百万円
単独:761億69百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:1328億50百万円
単独:1312億32百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:1,371人 単独:1,076人
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (自社(自己株口) 4.34%)
(株)りそな銀行 3.41%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 3.16%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 2.92%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 (株)パトライト 100%
アイティエフ(株) 70%
外部リンク www.inaba.co.jp
テンプレートを表示

因幡電機産業株式会社(いなばでんきさんぎょう、: Inaba Denki Sangyo Co., Ltd.)は、大阪府大阪市西区立売堀に本社を置く、電線や配線器具を専門的に取り扱う商社。

概要[編集]

電設資材事業、産業機器事業の商社であるだけでなく、メーカー機能を併せ持っており、配電盤の「アバニアクト」、エアコン部材の「因幡電工」と言った独自ブランドも展開しており、粗利率を押し上げる要因となっている。

沿革[編集]

  • 1938年4月 - 大阪府堺市にて、因幡電機製作所を創業。
  • 1949年5月 - 大阪市東成区にて、因幡電機産業株式会社を設立。
  • 1976年9月 - 各事業部を分社化し、因幡産業機器株式会社、因幡電設資材株式会社、近畿因幡電材株式会社、大阪因幡電機株式会社、東京因幡電機株式会社の5社を設立。
  • 1978年9月 - 省力機器課を分社化し、因幡電工株式会社を設立。
  • 1979年8月 - イナバエンジニアリング株式会社を設立。
  • 1988年4月 - 因幡産業機器株式会社、因幡電設資材株式会社、近畿因幡電材株式会社、大阪因幡電機株式会社、東京因幡電機株式会社、因幡電工株式会社の関連会社6社を吸収合併。
  • 1993年2月 - 大阪証券取引所2部に上場。
  • 1996年9月 - 東京証券取引所2部に上場。
  • 1997年9月 - 東京・大阪両証券取引所1部に指定替え。
  • 1998年5月 - 東芝ライテック株式会社・株式会社フジクラとの合弁会社として、アイティエフ株式会社を設立。
  • 1999年4月 - 子会社・イナバビル管理株式会社(のちにイナバビジネスサービス株式会社に商号変更)を設立。
  • 2001年5月 - 東光電機産業株式会社を子会社化。
  • 2009年10月 - 子会社・春日電機株式会社を設立。
  • 2009年11月 - 更生会社となっていた旧・春日電機株式会社より事業譲受をし、SIAM ORIENT ELECTRIC CO., LTD.を子会社化。
  • 2011年2月 - 完全子会社の日本オートメ株式会社とイナバエンジニアリング株式会社を解散(2012年6月清算結了)。
  • 2012年2月 - 完全子会社のイナバビジネスサービス株式会社の全株式を譲渡。
  • 2013年5月 - 株式会社パトライトを買収し、完全子会社とする。

子会社[編集]

  • 株式会社パトライト(完全子会社)
  • アイティエフ株式会社(70%出資。電気機器事業)
  • 東光電機産業株式会社(完全子会社)
  • 春日電機株式会社(完全子会社。会社更生手続中の旧・春日電機株式会社から事業譲受
  • SIAM ORIENT ELECTRIC CO., LTD.