団龍彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

団 龍彦(だん たつひこ、1948年1月26日[1] - 2005年6月)は、日本小説家。本名、菊池 忠昭(きくち ただあき)[1]

石川県生まれ[1]明治大学卒業[1]

人物[編集]

永井豪ファンクラブ会員を経て、1972年ダイナミックプロに入社[1]。『デビルマン』『マジンガーZ』などの雑誌媒介用の設定製作を担当する。『マジンガーZ』などの裏設定について、詳細まで考えていなかったため、同作を掲載していた『テレビマガジン』などの編集者に聞かれた際に慌てて作ったと述懐している[2]

1985年、『ゴッドマジンガー』の小説版で小説家としてデビュー[1]

1986年に刊行された学園超女隊シリーズの第1巻「ザ・学園超女隊」が1991年にOVA化されている。

2005年6月に死去。死因は公表されていない。

作品リスト[編集]

オリジナル作品[編集]

  • 霊感カップル ミキ&シュン(全3巻)
  • 瑠衣シリーズ(全3巻)
  • 舞シリーズ(全2巻)
  • 幽霊学級
  • 紅の伝説
  • 学園超女隊(全8巻)
  • こちら幽霊探偵局(全7巻)
  • 堕天戦士(全4巻)
  • ハレルヤ・ベイビー 赤ちゃんは救世主(全5巻)
  • 美王城
  • スーパーロボット大戦(全3巻)

ノベライズ作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 赤星 1998, p. 68.
  2. ^ 赤星 1998, pp. 64-65.

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『鉄の城 マジンガーZ解体新書』赤星政尚講談社、1998年2月7日。ISBN 4063300471。