図形間隔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

図形間隔(ずけいかんかく、: figure space, numeric space)とは単一の数字と同一の印字間隔を占める植字単位である。

その幅はフォントによって異なるが、数字と同じ幅を持つ。そのため、改行後の位置揃えを目的として使用するのに適している[1]

規格[編集]

Unicode 及び HTML では U+2007 figure space (HTML:  ) に割り当てられている。また、HTMLでの文字実体参照 である[2]

Baudot code にも同様の文字が存在し、電信用符号化文字の第23字に割り当てられていた[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Unicode Line Breaking Algorithm”. Unicode, Inc.. 2021年7月27日閲覧。
  2. ^ https://unicode.org/cldr/utility/character.jsp?a=2007
  3. ^ The Evolution of Character Codes, 1874-1968 (PDF)”. 2017年11月1日閲覧。