国井庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国井庫

国井 庫(くにい くら、文久3年7月16日[1]1863年8月29日) - 大正8年(1919年5月27日[2])は、衆議院議員憲政本党立憲国民党)、弁護士

経歴[編集]

出羽国村山郡上山町出身。1874年明治7年)に上山町小学校を卒業し、1878年(明治11年)まで私塾で漢学を学んだ[1]1879年(明治12年)から1884年(明治17年)まで小学校の教員を務めた[1]1885年(明治18年)に明治法律学校(現在の明治大学)に入学し、卒業後に代言人の資格を得た[3]1894年(明治27年)より1902年(明治35年)まで山形新聞社の社長を務めた[1]

1902年の第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。4回連続当選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新選代議士列伝』P.199
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『新撰衆議院議員列伝』P.208

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』 金港堂、1902年
  • 『新撰衆議院議員列伝』 日本現今人名辞典発行所、1903年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年