国務大官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国務大官(英語: Great Officer of State)は、イギリスにおける伝統的な国王の大臣である[1]高等国務卿などとも訳される。

国務大官は、大侍従卿軍務伯のように世襲で任じられる職と、大家令のように儀式を行う際に任じられる職、そして大法官のように内閣の閣僚の一員として任命される職がある。イングランドとスコットランド 、以前はアイルランドにも、国務大官は別々に存在していた。

国務大官は、歴史的に影響力が大きな役職であったが、現在では主に儀式を行っている。内閣で閣僚と扱われる役職以外の多くの国務大官は、国家や王室の実務からは除外されている [2]

イングランド(およびウェールズ)[編集]

イングランドとウェールズからなる旧イングランド王国の国務大官 (Great Officer of Stateは次のとおり。

順位 役職(英語) 役職(日本語訳) 名前 注記
1 Lord High Steward 大家令 空位 1421年以降のほとんどの時期は空位である。特定の式典のために特別に任命されるにすぎず、現代では戴冠式の際に任命される。過去の貴族弾劾裁判では大法官が臨時の大家令に任命されることが多かったが、貴族院における貴族の弾劾裁判は1948年刑事裁判法により廃止された。
2 Lord Chancellor 大法官 ロバート・バックランド英語版 国王の書記長として始まった役職で、過去には行政・立法・司法の3権に関する権限を一身に担っていたが、現在は司法省を所管する閣僚職である。大法官と兼務が多かった国璽尚書(国璽・御璽の管理を行う)の官職は1761年に廃止され、職務は大法官に統合された。
3 Lord High Treasurer 大蔵卿 大蔵卿委員会英語版が職務を遂行する 第二大蔵卿 (Second Lord of the Treasuryとなる財務大臣が元来の実務を行う。大蔵卿委員会の委員長である第一大蔵卿 (First Lord of the Treasuryは、ほとんどの場合にイギリスの首相が兼務する。
4 Lord President of the Council 枢密院議長 ジェイコブ・リーズ=モッグ英語版 枢密院の長である。現在は、枢密院の事務局を所管する閣僚職である。
5 Lord Privy Seal 王璽尚書 ナタリー・エバンス 国王の私的な印章を管理する官職であったが、1873年には、大法官から国璽・御璽の管理が移管された。現在は、実務上の職責を持っていないが閣僚職である。
6 Lord Great Chamberlain 大侍従卿(または式部卿) 属人的英語版: 第7代チャムリー侯爵 現在は、ウェストミンスター宮殿内で両院のいずれにも属さない部分(女王・王のお召し替えの間とロイヤル・ギャラリー)を管理する役職である[3]。元来の役割は、現在宮内長官 (イギリス)英語版にて行われる。
7 Lord High Constable 大司馬 空位 元来、国王軍の司令官であり、平時には王室の馬を管理していた。1521年以降は戴冠式の際にだけ任命される。元来の役割は、現在Master of the Horseが担っている。
8 Earl Marshal 軍務伯 第18代ノーフォーク公爵 元来は大司馬の副官職。やがて典礼・紋章院の統括を職務とするようになり紋章院の総裁となった。元来の役割は、現在Master of the Horseが担っている。
9 Lord High Admiral 海軍卿[4] エディンバラ公爵フィリップ王配 アドミラルティ(海軍本部)の長であり、現在は君主や王族の名誉職。1709年以降1827年まで空席で、1828年以降は1964年にエリザベス2世女王が就任するまで空席であった。

関連項目[編集]

脚注・コメント[編集]

  1. ^ Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "State, Great Officers of" . Encyclopædia Britannica (英語). 25 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 801.
  2. ^ Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Household, Royal" . Encyclopædia Britannica (英語). 13 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 813–814.
  3. ^ 前田英昭『イギリスの上院改革』木鐸社、1976年(昭和51年)199ページ
  4. ^ ただし、閣僚を務めた時期もある海軍大臣(First Lord of the Admiralty)(1964年に国防大臣に職務を統合)を海軍卿と訳すこともある。