国司憲一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
くにし けんいちろう
国司 憲一郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 大阪府高石市
生年月日 (1972-01-12) 1972年1月12日(48歳)
血液型 AB型
最終学歴 明治大学
勤務局 RSK山陽放送
部署 ラジオ局ラジオ制作部
職歴 アナウンス部(1995年4月-2006年3月)
→報道部(2006年4月-2007年3月)
→四国支社報道部(2007年4月-2010年3月)
→報道部(2010年4月-2011年3月)
→アナウンス部(2011年4月-2019年9月)
活動期間 1995年 -
配偶者 あり
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
出演中RSKイブニング5時
出演経歴VOICE21
国司憲一郎のリンだRiNだ
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

国司 憲一郎(くにし けんいちろう、1972年1月12日 - )は、RSK山陽放送(RSK)のアナウンサー。愛称は国司くん(VOICE21時代より)ないしは国司さん(イブニングDonDon時代以降)。

人物[編集]

  • 山口県出身の父親と、愛媛県出身の元看護師の母親が、それぞれ大阪勤務時に知り合い、憲一郎が生まれた。
  • 一人っ子である。
  • 高校時代は男子高に通っていた。また、母親は看護師を辞めた後、女子校の事務員をしていた時期があったという(2020年5月23日放送、RSKラジオ『国司と武田の土曜番長』より)。
  • その後家族で名古屋市へ移住。憲一郎は浪人時代に河合塾千種区本社の校舎へ通っていた。
  • 明治大学卒業後、1995年RSKに入社。アナウンス部に配属(同期に伊藤奈美花村恭子、渡邊ありさ(旧姓:笹岡))。
  • 1997年から2000年まで『VOICE21』2代目レポーターとなり地域における知名度を上げた。
    • 当時より『VOICE21』ではグルメ情報に比重が置かれるようになっていたため、食レポの仕事が増えた。が、同時に担当後期になると体重・体格も増加して視聴者からは国司の成人病を心配する声も上げられるようになった。番組内では「ディレクター(あるいは当時のアナウンス部長)が奥さんに涙とともに直訴された」という名目の下で、スポーツクラブ巡りなどを主軸とする国司のダイエット企画も幾度か組まれた。
    • 2006年の報道部への異動に関して、上述の「奥さんの直訴」ネタと絡めて語られる事があった。
  • 2009年現在、実家は父の故郷である山口県に構えている。
  • 大学とRSKアナウンスの先輩にあたる浜家輝雄からは、これまで3度番組枠を受け継いでいる(『VOICE21』、『国司憲一郎の元気一番!』(前身は『ハマイエてれび回覧板』)。『リンだとRiN太の土曜番長』(前身は『はまいえサタデー〜白雲悠々〜』))。
  • カラオケが上手い。
  • 公休日に『あもーれマッタリーノ』宛に一般リスナーに紛れ込んで、国司(くにつかさ)というラジオネームでメールを送ることがあり、奥富亮子により紹介される。
  • 大の読売ジャイアンツファン。

現在の担当・出演番組[編集]

ラジオ[編集]

  • 朝耳らじお(月曜 2019年10月-)
  • あもーれ!マッタリーノ(木曜 2017年4月6日-2019年3月、2019年10月-)
  • 国司と武田の土曜番長(2019年4月6日-)
  • おかやまニュースの時間(水曜ディレクター 2019年10月-)
  • RSK主催のスポーツ大会全般(不定期で実況)

過去の担当・出演番組[編集]

テレビ[編集]

RSK

その他

ラジオ[編集]

RSK

  • RSKスポーツジョッキー(火曜 1996年上半期)RSKエキサイトナイター終了後の放送。
  • どきどき!ラジオタウン(木曜)
  • おはようネットワーク(月-木曜 2003年4月-2005年3月)
  • 国司憲一郎のラジオ直球どまん中!(2005年4月4日-2006年3月31日)
  • 中四国ライブネット
    • 「岡山発 中四国びっくり!お国自慢合戦」(2006年1月21日)
    • 「岡山発 中四国温泉・観光自慢!あなたは何処に行きたいですか」(2006年3月18日)
    • 「岡山発 まるごと!!おかやまマラソン2018」(2018年10月7日)
  • リンだとRiN太の土曜番長(2015年4月4日-2019年3月30日)

その他