国司順正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国司順正

国司 順正(くにし よりまさ、1842年2月20日天保13年1月11日[1]) - 1890年(明治23年)12月18日)は、日本の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍少将元老院議官貴族院勅選議員

経歴[編集]

山口県出身で、長州藩士1871年7月31日(明治4年6月14日御親兵創設時に上京し第7番大隊長に就任[1]1872年5月9日(明治5年4月3日)、陸軍少佐に任官した[1]

1874年(明治7年)1月、近衛歩兵第2連隊長となり、佐賀の乱に出征し、竹橋事件にも出動した。1878年(明治11年)11月、陸軍大佐に昇進し、翌月、近衛歩兵第1連隊長に就任。1880年(明治13年)4月、広島鎮台参謀長に発令され、翌年1月、熊本鎮台参謀長に転じた。

1882年(明治15年)2月、陸軍少将に進み熊本鎮台司令官に就任。1885年(明治18年)5月、歩兵第6旅団長となり、翌年7月10日に退任した[1]

その後、1888年(明治21年)11月20日、元老院議官に就任[1]1890年(明治23年)9月29日、貴族院議員に勅選され[1]、同年12月に死去するまで在任した。同年10月20日、元老院が廃止され議官を非職となり[1]錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]

栄典・授章・授章[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』408-413頁。
  2. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  3. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号110
  4. ^ 『官報』第2244号「叙任及辞令」1890年12月19日。
  5. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 我部政男・広瀬順晧編『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』柏書房、1995年。

関連項目[編集]