半保護されたページ

国士舘大学の人物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

国士舘大学の人物一覧(こくしかんだいがくのじんぶついちらん)は国士舘大学に関係する人物の一覧記事。

法人関係者

舘長

  • 柴田梵天(現在の舘長は創立者の意志を継ぐ者として設置)

理事長

理事

理事(常任含)

評議員

教学関係者

現在における著名な教職員(常勤・客員・非常勤)

教員

創立関係者

*1913年(大正2年)

**青年大民団(「思いやり会」と「筑前学生会」の合同発展させたもの)

***藤嘉三郎、田中健介、中垣内輝、永江清、石黒英一、柴田徳次郎(早稲田柔道部員6名)安積中学校での講演会と柔道演武をはじめ、会津中学校、福島中学校、福島師範学校へ、さらに仙台で相川勝六、小田定文の出迎えを受ける。

*1916年(大正5年)

**青年大民団(東京市牛込区)

***東京日比谷大松閣において柴田徳次郎から雑誌「大民」の発行披露会を行った。招待客としては後藤新平頭山満寺尾亨古賀廉造江藤哲蔵三浦梧楼建部遯吾添田壽一押川方義、主催者側は永井柳太郎、眇田熊右衛門、宮川一貫大角桂巌、齋村五郎、南里祐義、平島達夫、柴田徳次郎押川清大島次喜太、学生代表として佐伯仙之助、遠藤盛彌、下川慶雄、白石好夫、三船久蔵簡牛凡夫、東郷次兵衛らに主要メディアが参加した。

****「大民」執筆者;3月号 柴田徳次郎大山郁夫林毅陸、阿部秀助、田尻稲次郎上塚司後藤新平添田壽一、末松一三

*1917年(大正6年)

**私塾国士舘設立(東京市麻布区)港区南青山6-13大民団本部

***早稲田劇場において1000人を超える大演説会が開かれた。弁士は石橋湛山西岡竹次郎、伊藤重治郎、河野安通志尾崎士郎、多門竜夫、花田大助らが演説。同年、本部にて「国士舘開学式」が行われた。白石好夫大民理事、寺尾亨長島隆二中野正剛原口竹次郎、山崎源二郎、佐藤正

****「大民」執筆者;6月号 国民党総理犬養毅、内務大臣後藤新平、伯爵板垣退助、政友会幹事小坂順造、憲政会総務安達謙蔵、早稲田大学教授安部磯雄。また組織の変遷として、7月号第2巻第7号の付録では、顧問に田尻稲次郎、頭山満、野田卯太郎の3名、本部員として編集 薄田斬雲山田三七郎、主筆花田大助、理事田中俊蔵、白石良夫簡牛凡夫、主幹柴田徳次郎、経理喜多悌一の8名

*1919年(大正8年)

**国士舘新館建設(東京市世田谷区

***民団本部(私塾国士舘)では政治、経済、社会、宗教、哲学、武道などを講義。11月には新築落成式、財団法人国士舘の認可を受けた。

****「大民」第5巻第1号 執筆者 野田卯太郎頭山満寺尾亨、長瀬鳳輔、松田道一長谷川良信横井時敬山崎源二郎、花田大助、佐藤正、濱地八郎、關野直次、森俊蔵、筑南、本多哲。


主な出身者

研究者

政界

国会議員

市町村長

地方議会議員

その他政治活動家

経済・財界

スポーツ選手

柔道

陸上競技

バスケットボール

ラグビー

ハンドボール

プロレスラー

レスリング

ウエイトリフティング

シンクロナイズドスイミング

新体操

ボブスレー

バレーボール

サッカー

現役引退
海外のリーグ
なでしこリーグ
Jリーグ
JFL
地域リーグ

【東北社会人サッカーリーグ】

【関東社会人サッカーリーグ】

【北信越フットボールリーグ】

【関西サッカーリーグ】

野球

プロ野球
アマ野球、アマ野球指導者

マラソン

スポーツその他関係者

文化

芸能人

アナウンサー

映画監督

写真家

落語家

作家

建築家

その他