国士舘大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国士舘大学硬式野球部(こくしかんだいがくこうしきやきゅうぶ、Kokushikan University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。国士舘大学の学生によって構成されている。

創部[編集]

1959年(昭和34年)創部

歴史[編集]

  • 1部リーグ優勝1回(1979年秋)
  • 2部リーグ優勝18回(1965年春,1970年秋,1971年春,1973年秋,1974年秋,1976年秋,1977年春,1980年秋,1981年春,1982年春,1982年秋,1983年春,1994年春,1996年春,1996年秋,1998年春,2009年秋,2016秋)
  • 3部リーグ優勝2回(1963年春,1986年秋)
  • 下部リーグ優勝1回(1961年秋) ※4部リーグ創設は1964年であるので1961年秋の優勝は下部リーグ(現在の4部に該当)

年表[編集]

  • 1959年(昭和34年) 東都大学野球連盟・準加盟2部に加盟、のち正式加盟。
  • 1961年(昭和36年) 春季リーグ初優勝※(下部リーグ)
  • 1963年(昭和38年) 春季リーグ3部初優勝、入替戦○2部初昇格
  • 1963年(昭和38年) 秋季リーグ2部5位
  • 1965年(昭和40年) 春季リーグ2部初優勝、入替戦日本大学に敗れ●2部残留
  • 1970年(昭和45年) 秋季リーグ2部優勝(2)、入替戦駒沢大学に敗れ●2部残留
  • 1971年(昭和46年) 春季リーグ2部優勝(3)、入替戦東洋大学に敗れ●2部残留
  • 1973年(昭和48年) 秋季リーグ2部優勝(4)、入替戦日本大学に敗れ●2部残留
  • 1974年(昭和49年) 秋季リーグ2部優勝(5)、入替戦日本大学に勝利し○1部初昇格
  • 1975年(昭和50年) 春季1部リーグ最下位、入替戦日本大学に敗退し●2部降格
  • 1976年(昭和51年) 秋季リーグ2部優勝(6)、入替戦亜細亜大学に敗退し●2部残留
  • 1977年(昭和52年) 春季リーグ2部優勝(7)、入替戦日本大学に勝利し○1部昇格
  • 1977年(昭和52年) 秋季1部リーグ最下位、入替戦日本大学に勝利し○1部残留
  • 1978年(昭和53年) 春季1部リーグ4位
  • 1978年(昭和53年) 秋季1部リーグ3位
  • 1979年(昭和54年) 春季1部リーグ5位
  • 1979年(昭和54年) 秋季1部リーグ初優勝。同年の明治神宮野球大会東都大学野球連盟代表として初出場。
  • 1980年(昭和55年) 春季1部リーグ最下位、入替戦専修大学に敗退し●2部降格
  • 1980年(昭和55年) 秋季リーグ2部優勝(8)、入替戦専修大学に敗れ●2部残留
  • 1981年(昭和56年) 春季リーグ2部優勝(9)、入替戦青山学院大学に勝利し○1部復帰
  • 1981年(昭和56年) 秋季1部リーグ最下位、入替戦日本大学に敗れ●2部降格
  • 1982年(昭和57年) 春季リーグ2部優勝(10)、入替戦日本大学に敗れ●2部残留
  • 1982年(昭和57年) 秋季リーグ2部優勝(11)、入替戦日本大学に敗れ●2部残留
  • 1983年(昭和58年) 春季リーグ2部優勝(12)、入替戦専修大学に勝利し○1部復帰
  • 1983年(昭和58年) 秋季1部リーグ最下位、入替戦青山学院大学に勝利し○1部残留
  • 1984年(昭和59年) 春季1部リーグ5位
  • 1984年(昭和59年) 秋季1部リーグ最下位、入替戦立正大学に勝利し○1部残留
  • 1985年(昭和60年) 春季1部リーグ5位
  • 1985年(昭和60年) 秋季1部リーグ出場停止、(部員待遇に学生野球憲章違反の疑いがかかり1年間(2季)の出場停止と1部から3部に降格の処分)
  • 1986年(昭和61年) 春季リーグ出場停止
  • 1986年(昭和61年) 秋季リーグ3部優勝(2)、入替戦順天堂大学に勝利し○2部復帰
  • 1987年(昭和62年) 春季リーグ2部初の最下位(1)、入替戦成蹊大学に勝利し○2部残留
  • 1987年(昭和62年) 秋季リーグ2部最下位(2)、入替戦学習院大学に勝利し○2部残留
  • 1990年(平成2年) 戸次義二監督就任(春季リーグから)
  • 1992年(平成4年) 春季リーグ2部最下位(3)、入替戦大正大学に勝利し○2部残留
  • 1992年(平成4年) 武居邦生監督就任(秋季リーグから)
  • 1994年(平成6年) 春季リーグ2部優勝(13)、入替戦立正大学に勝利し○1部復帰
  • 1994年(平成6年) 秋季1部リーグ5位
  • 1995年(平成7年) 春季1部リーグ最下位、入替戦亜細亜大学に敗れ●2部降格
  • 1996年(平成8年) 春季リーグ2部優勝(14)、入替戦東洋大学に敗れ●2部残留
  • 1996年(平成8年) 秋季リーグ2部優勝(15)、入替戦立正大学に敗れ●2部残留
  • 1998年(平成10年) 春季リーグ2部優勝(16)、入替戦青山学院大学に敗れ●2部残留
  • 2003年(平成15年) 秋季リーグ2部最下位(4)、入替戦大正大学に勝利し○2部残留
  • 2006年(平成18年) 永田昌弘監督就任(春季リーグから)
  • 2008年(平成20年) グラウンドを改修し神宮球場と同形式のハイブリッドターフ・ロングパイル人工芝に張替。センター方向にホームベースを移した。
  • 2009年(平成21年) 春季リーグ2部最下位(5)、入替戦大正大学に勝利し○2部残留
  • 2009年(平成21年) 秋季リーグ2部優勝(17)、入替戦青山学院大学に連勝○1部復帰。エース岩澤正登(JFE西日本硬式野球部)、主将高橋智之らを擁して30季ぶりの復帰。
  • 2010年(平成22年) 春季1部リーグ5位
  • 2010年(平成22年) 秋季1部リーグ最下位、入替戦日本大学に連敗●2部降格(秋季ベストナインに外野手・宮川翔太(明治安田生命硬式野球部)が選出)
  • 2012年(平成24年) 秋季リーグ直前に未成年部員の飲酒に対する連盟への報告の遅れにより、永田監督と西江部長が半年間の謹慎と出場停止
  • 2012年(平成24年) 秋季リーグ2部最下位(6)、入替戦順天堂大学に連勝して○2部残留
  • 2013年(平成25年) 春季6勝5敗・勝点3で3位。秋季4勝6敗・勝点2で4位
  • 2014年(平成26年) 春季6勝6敗・勝点2で4位。秋季5勝8敗・勝点1で5位。
  • 2014年(平成26年) 辻俊哉監督就任(平成26年12月1日付)
  • 2015年(平成27年) 加藤武治コーチ就任

本拠地[編集]

主な出身者[編集]

元プロ野球選手、プロ指導者

現役プロ野球選手

著名なアマ野球選手、指導者

関連人物[編集]