国家地方警察静岡県本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国家地方警察静岡県本部(こっかちほうけいさつしずおかけんほんぶ)は、旧警察法時代に存在した静岡県都道府県国家地方警察で、自治体警察を設けない地域を管轄区域とする。また国家地方警察東京警察管区本部の行政管理を受ける。

1954年(昭和29年)の新警察法の公布により廃止され、新たに都道府県警察として静岡県警察本部が発足した。

組織[編集]

1948年(昭和23年)時点

  • 総務部
    • 秘書調査課、会計課
  • 警務部  
    • 人事装備課、教養課
  • 刑事部  
    • 捜査課、鑑識課、防犯統計課
  • 警備部  
    • 警備課、交通課、通信課  

地区警察署[編集]

1948年(昭和23年)発足時

  • 賀茂地区警察署(後の東賀茂地区警察署)
  • 田方地区警察署(後の北田方地区警察署)
  • 駿東地区警察署(後の南駿東地区警察署)
  • 富士地区警察署
  • 庵原地区警察署
  • 安倍地区警察署
  • 志太地区警察署
  • 榛原地区警察署
  • 小笠地区警察署(後の西小笠地区警察署)
  • 周智地区警察署
  • 北磐田地区警察署(初代)(後の中磐田地区警察署)
  • 南磐田地区警察署
  • 浜名地区警察署(後の東浜名地区警察署)
  • 引佐地区警察署

1951年(昭和26年)10月1日

  • 賀茂地区警察署を東西に分け西賀茂地区警察署を新設
  • 田方地区警察署を南北に分け南田方警察署を新設。
  • 駿東地区警察署を南北に分け北駿東地区警察署を新設
  • 小笠地区警察署を東西に分け東小笠警察署を新設
  • 北磐田地区警察署を北部中部に分け北磐田地区警察署(2代目)を新設
  • 浜名地区警察署を東西に分け西浜名地区警察署を新設

県内の自治体警察[編集]

関連項目[編集]