重大組織犯罪局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

重大組織犯罪局英語: Serious Organised Crime Agency, SOCA)とは、イギリスの警察組織の一つ。内務省所管の非政府部門公共機構英語版であり、主として組織犯罪を取り締まる捜査機関であった。その後、2013年10月、非大臣省英語版たる国家犯罪対策庁: National Crime Agency, NCA)に増強改編された。

来歴[編集]

従来、イギリスには国が直轄する犯罪捜査機関はなかったが、重大犯罪捜査については、各地方警察の本部長がロンドン警視庁に応援を求めることができた[1]。その後、犯罪の広域化・スピード化に対抗する必要から、1992年には組織犯罪対策部局として中央犯罪情報局 (National Criminal Intelligence Service[1]、また1998年には既存の管区犯罪捜査隊(Regional Crime Squads)を統合改編するかたちで中央犯罪捜査隊 (National Crime Squadが設置された[2]

しかしこのほかにも、違法薬物の取引英語版に対しては関税・物品税務局、組織化された移民犯罪に対しては移民局にも関連部局が存在しており、職掌が錯綜して不明確であった。共同捜査の試みも活発に行われていたものの、特に関税・物品税務局による麻薬取引や資金洗浄起訴が失敗する事例が多発した。このことから、責任を一元化するためこれらの組織を統合・強化して2006年4月に設立されたのがSOCAであった[2]

2013年に、重大犯罪捜査局(SOCA)を発展改組する形で国家犯罪対策庁(NCA)が新設された。SOCAは捜査活動が不十分であると批判されており、デーヴィッド・キャメロン内閣が新組織の設立を目指していた。新たに発足したNCAは、SOCAの全機能を引き継ぎつつ児童保護や警察関係の政府機関一部を取り組む型で新設され、重大犯罪捜査局は廃止となった[3]

編制[編集]

SOCAは2005年に制定された「重大組織犯罪及び警察法」を根拠とする。イギリス政府の直属機関ではない独立組織である非政府部門公共機構英語版であるが、予算は内務省の枠から支出されており、また活動も内務大臣の監督を受ける[2]。要員は4000人を超えるといわれた。

不法移民、違法薬物の取引、資金洗浄、密輸といった犯罪を取り締まるほか、過激な動物愛護団体著作権侵害などの取り締まりも行っている。「イギリスのFBI」と呼ばれる事もあるが、FBIと異なり、テロリズム殺人事件の捜査は行わない。

初代局長には元MI5長官のスティーヴン・ランダー卿(Stephen Lander)が就任した。2009年からはイアン・アンドリューズ卿(Ian Andrews)が就任した。

SOCAはイギリスのインテリジェンス・コミュニティーに属しており、合同情報委員会(JIC)に情報を提供する事になっていた。SOCAは犯罪組織の情報収集に加え、「フィナンシャル・インテリジェンス」(テロ組織や犯罪組織の資金の流れを追跡する情報活動。FININTと略すこともある)を担っていた。

出典[編集]

  1. ^ a b 今野 2000
  2. ^ a b c 岡 2005
  3. ^ intel_news_reports. “英政府、重大犯罪対策で新組織「英国版FBI」を発足” (日本語). Intelligence News and Reports. 2019年3月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 今野, 耿介『英国警察制度概説』原書房、2000年。ISBN 978-4562032457。
  • 岡, 久慶「2005年重大組織犯罪及び警察法-「イギリスの FBI」設置へ」『外国の立法』第225号、国立国会図書館、2005年8月、 177-189頁、 NAID 40006925259
  • ジャパン・ミリタリー・レビュー, 編纂.「イギリスの保安を担う影の主役たち--「国防省国防情報参謀部」「ロンドン警視庁テロ対策司令部」「重大組織犯罪局」 (特集 イギリス情報機関)」『ワールド・インテリジェンス』第5号、ジャパン・ミリタリー・レビュー、2007年3月、 35-38頁、 NAID 40015921672