国富鳳山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
国富鳳山
時代 江戸時代中期
生誕 宝永4年(1707年
死没 宝暦12年9月19日1762年11月4日
改名 国富彦敬
別名 通称:熊之助→惣左衛門
:子礼、号:鳳山
墓所 本正寺(山口県周南市
主君 毛利広豊広寛
周防徳山藩
氏族 国富氏
父母 父:国富忠亮、母:吉原冝陳の娘
兄弟 鳳山、女(本城恒光室)
新見経重の娘
嶺南

国富 鳳山(くにとみ ほうざん)は、江戸時代中期の儒学者徳山藩士。彦敬。家格は中小姓、禄高は27石。徳山藩学の基礎を築いた人物の一人。

生涯[編集]

宝永4年(1707年)、徳山藩士・国富忠亮の長男として生まれる。人柄は温厚で言行をいやしくせず、名誉や利益には執着しない人物であったと伝わる。

壮年の頃に江戸へ出て、太宰春台と共に荻生徂徠門下の双璧と称された服部南郭に師事し、3年間古文辞学(徂徠学)を学んだ後に帰国した。

延享元年(1744年)に父・忠亮が隠居したためその後を継ぎ、徳山藩藩主・毛利広豊の信任を受けて侍講を務めると共に、徳山藩の子弟に古文辞学等を教え、剣槍弓馬を鍛錬した。また、鳳山は音韻にも詳しく、『両韻弁』や『鳳山詩集』を著した。

当時の儒学朱子学が中心であったが、鳳山は世評を気にせずに古文辞学を説いたため、徳山の古文辞学はこれ以降盛んになり、徳山藩の儒学教育の源流となった。鳳山の門下からは本城紫巌、役藍泉青木葵園らが出ている。

宝暦12年(1762年9月19日に病死。享年56。鳳山の家塾は、子の嶺南(彦章)が継いだ。墓は山口県周南市の本正寺にあり、墓碑は長州藩藩校である明倫館の祭酒・小倉鹿門が撰している。

鳳山の門弟達は鳳山の死を悲しみ、青木葵園は「西天明月没し、南海夜珠沈む、人は遺編を抱いて哭し、恨は旧感を兼ねて深し」と賦し、役藍泉は「時移り人おのずから尊し、千秋我が業を思えば、萬巻これ誰の恩ぞ」と述べている。

参考文献[編集]

  • 徳山市史編纂委員会『徳山市史 上』(1971年)600-601頁
  • 家臣人名事典編纂委員会編『三百藩家臣人名事典 第六巻』(新人物往来社1989年)214頁