国広ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国広 ジョージ(くにひろ ジョージ、1951年 - )は建築家、建築活動家。国士舘大学教授。清華大学客員教授。国広ジョージ健彦とも[1]

経歴[編集]

東京都文京区生まれ[2]米国籍。父親は日系アメリカ人二世[2]。1964年に渡米し、1974年カリフォルニア大学バークレー校を卒業[3]、1976年ハーバード大学大学院デザインスクールを修了した[3]。1996年まで建築家としてサンフランシスコロスアンゼルスニューヨークで活動したが、1997年に拠点を東京に移し、1998年に国士舘大学工学部助教授就任[3]。2003年より現職[3]日本を拠点にアジアを中心に活動している。2006年-2007年には日本建築家協会副会長を歴任。2008年より「建築家の祭典」と言われるUIA国際建築家連合2011東京第24 回世界建築会議の日本組織委員会広報部会長を務めた。2010年-2011年にはアジア建築家評議会 (ARCASIA)、通称アルカシアの会長を務めた。2009年、アメリカ建築家協会 (AIA) より、85,000余名の会員中3パーセントを占めるフェロー(特別会員)の称号を授与される。2011年からは北京の清華大学建築学院にて客員教授として教鞭をとっている。2013年にはアメリカ建築家協会国際理事に就任。同年からは浙江省龍泉市長の委嘱により「龍泉国際竹建築ビエンナーレ」のコミッショナー・指名建築家も務めている。また同年より、加藤淳子とともにT-Life 環境ラボを設立、「衣食住」と建築設計の領域を超越したトータルな視点から環境の創造を行っている[2][4]

米国ではイエール大学 (1987)、コロンビア大学 (1988)、ハーバード大学 (1990)、ニュージャージー工科大学 (1989-91) で教鞭をとった。

家族・親族[編集]

父・逹宜(みちのり)はアメリカ・カリフォルニア州オークランド生まれの日系2世。母・勢津子 (1928-2009) は、三菱財閥創設者岩崎弥太郎の曾孫で、元三菱地所取締役岩崎彦弥太の長女。三菱の3代目総帥・岩崎久弥は母方の曾祖父にあたる。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]