国景子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くに けいこ
国 景子
生年月日 1940年
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
職業 女優
活動期間 1960年 - 1970年代

国 景子(くに けいこ、1940年[1] - )は、日本女優兵庫県神戸市出身[1]

来歴・人物[編集]

神戸海星女子学院高等学校卒業[1]。ファッションモデルを経て、1960年に松竹に入社、同年の野村芳太郎監督『黄色いさくらんぼ』でデビュー[1][2][信頼性要検証]。以後、篠田正浩監督『乾いた湖』(1960年)、渋谷実監督『モンローのような女』(1964年)などの作品に出演[2]。1965年松竹を離れ、以後は高倉健主演・石井輝男監督『網走番外地シリーズ』(東映、1965-1967年)、千葉真一主演・深作欣二監督『カミカゼ野郎 真昼の決斗』(にんじんプロダクション・國光影業、1966年)などの作品に脇役として出演する傍ら、テレビドラマにも数多く出演[2]。1970年代半ばまで活動した[2]

出演[編集]

映画[編集]

  • 黄色いさくらんぼ(1960年、松竹) - 磯野サヨリ
  • 禁男の砂 真夏の情事(1960年、松竹) - 吉田弘子
  • 乾いた湖(1960年、松竹) - 篠山貴子
  • 白い肌と黄色い隊長(1960年、松竹) - 千代子
  • 浮気のすすめ 女の裏窓(1960年、松竹) - 菊江
  • 旗本愚連隊(1960年、松竹) - お町
  • 痛快太郎(1961年、松竹) - ピンキイ・山下
  • 蒼い海流(1961年、松竹) - 河内郷子
  • サラリーマン手帖 夢を失わず(1961年、松竹) - 大隅洋子
  • 伴淳・森繁のおったまげ村物語(1961年、松竹) - お玉
  • 三味線とオートバイ(1961年、松竹) - 深雪
  • 学生重役(1961年、松竹) - 桜田たまみ
  • 三人娘乾杯!(1962年、松竹) - ホステス
  • 涙を、獅子のたて髪に(1962年、松竹) - マリ
  • 大学かぞえうた 先輩・後輩(1962年、松竹) - 高見圭子
  • あの橋の畔で 完結篇(1963年、松竹) - アパートの女
  • 続・ニッポン珍商売(1963年、松竹) - アキ子
  • 踊りたい夜(1963年、松竹) - ユカ
  • モンローのような女(1964年、松竹) - モデル
  • 女嫌い(1964年、松竹) - 由美
  • 乾いた花(1964年、松竹) - タア坊
  • この道赤信号(1964年、松竹) - 珠子
  • こちら婦人科(1964年、松竹) - 京子
  • 昨日のあいつ今日のおれ(1965年、松竹) - かすみ
  • 俺たちの恋(1965年、松竹) - 遠山冴子
  • かも(1965年、東映) - 森貝みつ子
  • おんな番外地 鎖の牝犬(1965年、東映) - 関口和子
  • 網走番外地 望郷編(1965年、東映) - 玲子
  • 天下の快男児(1966年、松竹) - ぽんた
  • カミカゼ野郎 真昼の決斗(1966年、にんじんプロダクション・國光影業) - 鳳美
  • 熱い血の男(1966年、松竹) - 千加
  • 可愛いくて凄い女(1966年、東映) - 宇野リエ子
  • 黄金バット(1966年、東映) - ピラニア
  • 網走番外地 大雪原の対決(1966年、東映) - 待子
  • 続 浪曲子守唄(1967年、東映) - 八重
  • 網走番外地 決斗零下30度(1967年、東映) - 弓子
  • 決着(おとしまえ)(1967年、東映) - 君子
  • 続 組織暴力(1967年、東映) - 澄子
  • 網走番外地 悪への挑戦(1967年、東映) - 弓子
  • 続・決着(1968年、東映) - エミ
  • 徳川女系図(1968年、東映) - 常盤井
  • (秘)トルコ風呂(1968年、東映) - 艶子
  • 極道社員遊侠伝(1968年、松竹) - 花江
  • 喜劇 駅前桟橋(1969年、東宝) - 西条まさみ
  • 銭ゲバ(1970年、東宝) - ヒデ子
  • 尼寺博徒(1971年、東映) - 美果
  • 女囚701号/さそり (1972年、東映) - 根元
  • ボディガード牙 必殺三角飛び(1973年、東映) - 八重

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 週刊朝日』1960年12月18日号、朝日新聞社[要ページ番号]
  2. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・女優篇』