国東半島県立自然公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

国東半島県立自然公園(くにさきはんとうけんりつしぜんこうえん)は、大分県北東部にある国東半島1951年(昭和26年)3月30日に設けられた県立自然公園

概要[編集]

国東半島の沿岸部と内陸部を指定地域とする自然公園である。総面積は19,691.18haで、このうち陸域が15,591.18ha、海域が4,100haを占める。2005年度の利用者数は1,080,000人。なお、国東半島のうち、最高峰の両子山山頂付近と姫島瀬戸内海国立公園に指定されており、国東半島県立自然公園には含まれていない。

内陸部には奇岩が立ち並ぶとともに六郷満山文化に関する文化財が多数残っている。また、沿岸部には北部の周防灘側にリアス式海岸が発達する一方、東部から南部の伊予灘沿いには白砂青松の海岸が続く。

区域内の自治体[編集]

主要な景勝地・文化財[編集]

関連項目[編集]

大分県の県立自然公園