国松さまのお通りだい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国松さまのお通りだい
Nerima Oizumi-animegate Chronological table Kunimatsusama no Otoridai 1.jpg
大泉アニメゲートに設置されている「ねりまアニメ年表」の一コマ。
アニメ
原作 ちばてつや
監督 波多正美(チーフディレクター名義)
脚本 山崎晴哉伊東恒久田村多津夫
松岡清治鈴木良武 ほか
アニメーション制作 虫プロダクション
製作 虫プロダクション、フジテレビ
放送局 フジテレビ系列局
放送期間 1971年10月6日 - 1972年9月25日
話数 全46話+再放送6話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

国松さまのお通りだい』(くにまつさまのおとおりだい)は、1971年10月6日から1972年9月25日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビアニメである。虫プロダクションフジテレビの共同製作。全46話+再放送6話。

ちばてつや漫画作品『ハリスの旋風』の2度目のアニメ化作品で、カラーテレビの普及に合わせて本作はカラーでのリメイク作となっている。原題通りではないのは、アニメ第1作のスポンサーを務めていたカネボウハリスクラシエフーズの前身)がスポンサーを降りていたためである。また、終盤はオリジナルストーリーになっており、原作のその後にあたる話が描かれている。

スタッフは『あしたのジョー』とほぼ同じ布陣が参加している[1]。本作品制作の時点で虫プロダクションは経営危機に陥っており、本作品スタッフの多くは番組終了後に独立し、マッドハウスの設立メンバーとなった[1]

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 水曜 19:00 - 19:30 (1971年10月6日 - 1972年3月29日)
  • 月曜 19:00 - 19:30 (1972年4月3日 - 1972年9月25日)

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

石田 国松
- 大山のぶ代
オチャラ(朝井 葉子)
声 - 松島みのり
おでこ
声 - 田の中勇
メガネ
声 - 小原乃梨子
アー坊
声 - 山本嘉子
横地
声 - 増岡弘北川国彦
伊野
声 - 肝付兼太
殿山
声 - 飯塚昭三 → 岡本敏明
父ちゃん
声 - 西桂太
母ちゃん
声 - 渡辺典子
岩波先生
声 - 田中信夫
園長
声 - 和田啓
鬼塚
声 - 中田浩二
大番長
声 - 柴田秀勝
佐々木
声 - 加藤修
小山
声 - 小宮山清
豪田
声 - 増岡弘
川地
声 - はせさん治
沼田
声 - 田中亮一
塩原
声 - 山田俊司

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「国松さまのお通りだい」
作詞 - いしいたもつ / 作曲・編曲 - 淡の圭一 / 歌 - 山本喜代子
旧作の主題歌を改作したもの。
エンディングテーマ「逆転の応援歌」
作詞 - いしいたもつ / 作曲・編曲 - 淡の圭一 / 歌 - 嶋崎由理ボーカル・ショップ

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1971年
10月6日
学園なんかこわくない 山崎晴哉 波多正美
2 10月13日 エースになったるぞ! 伊東恒久 平田敏夫
3 10月20日 やったぜ小さな大選手 柴山達雄 杉山卓
4 10月27日 スターはつらいよ 山崎晴哉 石黒昇
5 11月3日 がんばれチビ助 田村多津夫 神田武幸
6 11月10日 日本一のへんてこチーム 松岡清治 取手近史
7 11月17日 サーカスの少女 鈴木良武 崎枕
8 11月24日 大暴れ見習いキャプテン 伊東恒久 杉山卓
9 12月1日 たのもう剣道部 山崎晴哉 富野喜幸
10 12月8日 大番長登場 杉山卓
11 12月15日 決闘富士見ヶ原 高橋良輔
12 12月22日 もーれつ新人部員 田村多津夫 平田敏夫
13 12月29日 町一番のいじめっこ 波多正美
14 1972年
1月5日
合宿所は大さわぎ 伊東恒久 神田武幸
15 1月12日 男度胸の闇げいこ 鈴木良武 高橋良輔
16 1月19日 俺はNo. 1剣士 田村多津夫 杉山卓
17 1月26日 友情の応援歌 山崎晴哉 高橋良輔
18 2月2日 国松様の特ダネ記者 平田敏夫
19 2月9日 うなれバクダンパンチ 濠喜人 富野喜幸
20 2月16日 憎いあいつをぶっとばせ 神田武幸
21 2月23日 俺は男だ泣くものか 田村多津夫 高橋良輔
22 3月1日 それ行け新拳斗部 伊東恒久 取手近史
23 3月8日 輝け!おんぼろリング 濠喜人 黒木大介
24 3月15日 あっぱれ国松大逆転 奈良虫丸 高橋良輔
25 3月22日 花は美しい 柴山達雄 杉野昭夫
26 3月29日 身代わり養子は大弱り 濠喜人 平田敏夫
27 4月3日 てんやわんやの裏方さん 山崎晴哉 高橋良輔
28 4月10日 国松の忠臣蔵 神田武幸
29 4月17日 田舎よいとこ一度はおいで 濠喜人 平田敏夫
30 4月24日 石田家最大のピンチ 黒木大介
31 5月1日 俺は黒帯三四郎 山崎晴哉 杉山卓
32 5月8日 黒いサッカー野郎 濠喜人 吉川惣司
33 5月15日 オッスよろしくサッカー部 山崎晴哉 石黒昇
34 5月22日 大張り切りゴールキーパー 濠喜人 平田敏夫
35 5月29日 男国松どこへ行く 田村多津夫 棚橋一徳
36 6月5日 すごーい野郎がやって来た 山崎晴哉 奥田誠治
37 6月12日 国松花の大勝利 佐藤一郎 波多正美
38 6月26日 マキの子守り唄 濠喜人
39 7月3日 走れ国松名ランナー 山崎晴哉 平田敏夫
40 7月10日 おれたちチビッ子渡り鳥 濠喜人 崎枕
41 7月24日 月の国からこんばんわ 田村多津夫 石黒昇
42 8月7日 祭りだ喧嘩だ国松だい! 山崎晴哉 鈴木正俊
43 8月21日 こんにちは船長 田村多津夫 黒木大介
44 9月4日 バンザイ!のんき先生 崎枕
45 9月18日 助っ人国松大暴れ 佐藤健一 取手近史
46 9月25日 決闘男国松ここにあり 濠喜人 波多正美

1972年には、本放送の合間に計6回の再放送が挿まれていた。

  • 6月19日:#05
  • 7月17日:#06
  • 7月31日:#07
  • 8月14日:#13
  • 8月28日:#04
  • 9月11日:#25

最高視聴率[編集]

ビデオリサーチ調べ、関東地区)

  • 本放送時:26.2% (1972年3月8日放送分)

放送局備考[編集]

  • 系列局のテレビ静岡は、前番組『あしたのジョー』まではフジテレビとの同時ネットを行っていたが、水曜19:00枠で放送されていた頃の本作に関しては、この時間帯を使ってNET系列の『尾崎紀世彦ショー ナウ・ナウ』(毎日放送)をネットしていたために放送していなかった。月曜19:00枠時代の放送ならびにその後の再放送の有無に関しては不明。
  • 放送当時フジテレビ系列とNET系列とのクロスネット局だったテレビ岡山は水曜19:00枠時代は同時ネットだったが、月曜19:00枠時代は裏番組の『魔法使いチャッピー』をNETと同時ネットしていた関係で金曜18:00からの遅れネットになった。
  • 放送当時フジテレビ系列と日本テレビ系列とのクロスネット局だった広島テレビは水曜19:00枠時代は同時ネットだったが、月曜19:00枠時代は『ハッチャキ!!マチャアキ』(日本テレビ)を3日遅れネットしていた関係で水曜18:00からの遅れネットになった。

映像ソフト化[編集]

2004年に、本作を収録したDVD-BOX全2巻がコロムビアミュージックエンタテインメント(現・日本コロムビア)から発売された。第1巻は2004年9月1日に、第2巻は同年12月1日に発売。

劇場版[編集]

1972年7月16日に上映された『東映まんがまつり へんしん大会』で、8話「大暴れ見習いキャプテン」のテレビブローアップ版が上映された。併映は、『魔犬ライナー0011変身せよ!』、『仮面ライダー対じごく大使』、『超人バロム・1』、『変身忍者 嵐』、『魔法使いチャッピー』の5本。

虫プロによる劇場作品の公開は1973年6月30日封切の『哀しみのベラドンナ』まで続いたが、同プロダクションによるテレビアニメが劇場上映されたのは本作が最後である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 吉田豪インタビュー 巨匠ハンター 9回戦 丸山正雄」『キャラクターランドSPECIAL ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』 徳間書店〈HYPER MOOK〉、2017年2月5日、pp.93-97。ISBN 978-4-19-730144-7。

関連項目[編集]

フジテレビ系列 水曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
あしたのジョー
(1970年4月1日 - 1971年9月29日)
国松さまのお通りだい
(1971年10月6日 - 1972年3月29日)
赤胴鈴之助
(1972年4月5日 - 1973年3月28日)
フジテレビ系列 月曜19:00枠
レモンの天使
(1971年10月4日 - 1972年3月27日)
国松さまのお通りだい
(1972年4月3日 - 1972年9月25日)
剣道一本!
(1972年10月2日 - 1972年12月25日)