国民体育大会冬季大会スケート競技会ショートトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国民体育大会冬季大会スケート競技会ショートトラック(こくみんたいいくたいかい とうきたいかい スケートきょうぎかい ショートトラック)は、国民体育大会冬季大会で実施されるショートトラックスピードスケート大会である。

歴史[編集]

2001年より正式種目として採用されている[1]

歴代優勝[編集]

成年男子[編集]

年度 開催地 500m 1000m 3000mR 5000mR
56 2001年 山梨 寺尾悟(愛知県)[2] 寺尾悟(愛知県)[1]   山梨県[2]
57 2002年 北海道 山中直(岡山県)[3] 初田和也(大阪府)[4]   神奈川県[3]
58 2003年 群馬 西谷岳文(大阪府)[5] 寺尾悟(愛知県)[6]   愛知県[5]
59 2004年 青森 西谷岳文(大阪府)[7] 寺尾悟(愛知県)[8]   愛知県[7]
60 2005年 山梨 寺尾悟(愛知県)[9] 寺尾悟(愛知県)[10]   愛知県[9]
61 2006年 北海道 角張文彦(大阪府)[11] 上村大輔(大阪府)[12]   大阪府[11]
62 2007年 群馬   藤本貴大(熊本県)[13]    
63 2008年 長野 上村大輔(大阪府) 上村大輔(大阪府) 長野県 大阪府
64 2009年 青森 坂爪亮介(群馬県) 伊藤潤二(山梨県) 山梨県 東京都
65 2010年 北海道 坂下里士(愛知県) 竹原直久(東京都) 大阪府 東京都
66 2011年 青森 坂下里士(愛知県) 吉田貴司(東京都) 愛知県 神奈川県
67 2012年
68 2013年
69 2014年
70 2015年
71 2016年
72 2017年

成年女子[編集]

年度 開催地 500m 1000m 3000mR
56 2001年 山梨 田中千景(長野県)[2] 田中千景(長野県)[1] 愛知県[2]
57 2002年 北海道 飯塚容子(長野県)[3] 江村さやか(山梨県)[4] 愛知県[3]
58 2003年 群馬 泉さゆり(兵庫県)[5] 田中千景(長野県)[6] 長野県[5]
59 2004年 青森 神野由佳(東京都)[7] 神野由佳(東京都)[8] 愛知県[7]
60 2005年 山梨 神野由佳(東京都)[9] 神野由佳(東京都)[10] 長野県[9]
61 2006年 北海道 伊藤亜由子(愛知県)[11] 小沢幸(長野県)[12] 長野県[11]
62 2007年 群馬   小沢美夏(大阪府)[13]  
63 2008年 長野 清水小百合(愛知県) 古屋由布子(福岡県) 長野県
64 2009年 青森 坂下泰子(神奈川県) 武田仁美(新潟県) 長野県
65 2010年 北海道 坂下泰子(神奈川県) 坂下泰子(神奈川県) 大阪府
66 2011年 青森 藤原真実(大阪府) 石田千賀(大阪府) 大阪府
67 2012年
68 2013年
69 2014年
70 2015年
71 2016年
72 2017年

少年男子[編集]

年度 開催地 500m 1000m
56 2001年 山梨 末吉隼人(大阪府)[2] 末吉隼人(大阪府)[1]
57 2002年 北海道 伊藤潤二(山梨県)[3] 吉澤純平(山梨県)[4]
58 2003年 群馬 吉澤純平(山梨県)[5] 石関祐樹(群馬県)[6]
59 2004年 青森 伊藤潤二(山梨県)[7] 伊藤潤二(山梨県)[8]
60 2005年 山梨 三浦裕(福岡県)[9] 井出武士(山梨県)[10]
61 2006年 北海道 坂下里士(神奈川県)[11] 坂下里士(神奈川県)[12]
62 2007年 群馬   田中翔太郎(山梨県)[13]
63 2008年 長野 上村翔太(大阪府) 渡辺啓太(埼玉県)
64 2009年 青森 渡辺啓太(埼玉県) 渡辺啓太(埼玉県)
65 2010年 北海道 與那誠一(福岡県) 渡辺啓太(埼玉県)
66 2011年 青森 横山大希(兵庫県) 阪口剛隆(兵庫県)
67 2012年
68 2013年
69 2014年
70 2015年
71 2016年
72 2017年

少年女子[編集]

年度 開催地 500m 1000m
56 2001年 山梨 飯塚容子(長野県)[2] 小沢幸(長野県)[1]
57 2002年 北海道 酒井智美(長野県)[3] 重松良枝(愛媛県)[4]
58 2003年 群馬 小沢美夏(大阪府)[5] 小沢美夏(大阪府)[6]
59 2004年 青森 小沢美夏(大阪府)[7] 伊藤亜由子(静岡県)[8]
60 2005年 山梨 酒井裕唯(長野県)[9] 伊藤亜由子(静岡県)[10]
61 2006年 北海道 酒井裕唯(長野県)[11] 酒井裕唯(長野県)[12]
62 2007年 群馬 桜井美馬(東京都)[14] 桜井美馬(東京都)[13]
63 2008年 長野 吉田麻里絵(岡山県) 石田千賀(大阪府)
64 2009年 青森 吉田麻里絵(岡山県) 吉田麻里絵(岡山県)
65 2010年 北海道 菊池萌水(長野県) 吉田麻里絵(岡山県)
66 2011年 青森 菊池萌水(長野県) 菊池萌水(長野県)
67 2012年
68 2013年
69 2014年
70 2015年
71 2016年
72 2017年

出典[編集]

  • 2010年・2011年の結果:[1]
脚注
  1. ^ a b c d e 毎日新聞2001年1月31日付朝刊
  2. ^ a b c d e f 毎日新聞2001年2月1日付朝刊
  3. ^ a b c d e f 毎日新聞2002年1月31日付朝刊
  4. ^ a b c d 毎日新聞2002年1月30日付朝刊
  5. ^ a b c d e f 毎日新聞2003年1月30日付朝刊
  6. ^ a b c d 毎日新聞2003年1月29日付朝刊
  7. ^ a b c d e f 毎日新聞2004年2月2日付朝刊
  8. ^ a b c d 毎日新聞2004年2月1日付朝刊
  9. ^ a b c d e f 毎日新聞2005年2月4日付朝刊
  10. ^ a b c d 毎日新聞2005年2月3日付朝刊
  11. ^ a b c d e f 毎日新聞2006年1月30日付朝刊
  12. ^ a b c d 毎日新聞2006年1月29日付朝刊
  13. ^ a b c d 朝日新聞2007年1月31日付朝刊
  14. ^ 朝日新聞2007年2月1日付朝刊

関連項目[編集]