国泰寺町界隈 (広島市中区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本 > 中国地方 > 広島県 > 広島市 > 中区 (広島市) > 国泰寺町界隈 (広島市中区)

国泰寺町界隈こくたいじまちかいわい)この項目では、広島市中区に位置する国泰寺町周辺について記述する。

目次

地理

広島市中心部よりやや南、広島市役所を中心とした地区。

隣接している地区

歴史

国泰寺という地名は、現在の全日空ホテル付近にかつて所在していた国泰寺(現在は西区己斐上に移転)に由来する。広島築城時から藩政時代初期にかけては、この国泰寺および隣接する白神社(神社)の南端まで広島湾が迫っていたが、藩政期を通じて遠浅の海が埋め立てられ、国泰寺・白神社より南に造成された新開地は「国泰寺村」と命名された。

近代以降の町名変更によって国泰寺村は北部の国泰寺町、南部の千田町などに分割され、国泰寺近辺の住所表示も小町(現在は中町に変更)となった。1928年昭和3年)、それまで中島新町(現在の中島町)に所在していた広島市役所が国泰寺町に移転し、国泰寺町は市政の中枢としての地位を占めるに至った。

住居表示

  • 国泰寺町(こくたいじまち)
  • 小町(こまち)

主な施設

学校

行政

公園

  • 国泰寺公園(国泰寺町)

道路

交通

関連項目

今日は何の日(9月17日

もっと見る