国産洋画劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国産洋画劇場
ジャンル バラエティ/パロディドラマ
配信期間 2018年8月31日 -
配信国 日本の旗 日本
制作 NTTぷらら、吉本興業
出演者 ロバート秋山
友近
外部リンク 国産洋画劇場・大阪チャンネル
テンプレートを表示

国産洋画劇場(こくさんようがげきじょう)は大阪チャンネルで配信される映画番組である。2018年8月31日よりスタートした[1]。キャッチコピーは『今や洋画は国産の時代[2]

概要[編集]

秋山竜次友近がダブル主演となり、様々な洋画のヒット作品をパロディにしたものである。役者はもちろん、小道具、ロケーション、スタッフ、機材など全て“純国産”[3]にこだわった日本人ならではの視線で作られており、元ネタの一部の事象は日本固有のものに置き換えられている[4]

ロゴはかつてフジテレビで放送されていた『ゴールデン洋画劇場』風にしてあり、オープニングもそれを意識した作りになっている。また、放送開始前には淀川長治のそっくりさんを使った解説が入る(但し、これは『日曜洋画劇場』のパロディである)。

企画のきっかけは、友近のコントライブに秋山がゲスト出演することが多く、二人で何か面白いことは出来ないかと予てから話しており、作品として何らかの形で残したい、作りこんだものに挑戦してみたいという希望が一致して実現した[5]

出演者2人は「自分のアイデアが狭まりそう」なため洋画を見たことがなく、あくまで「完全オリジナル」を主張している[6][7]

ラインナップ[編集]

内容
かつての花型力士であった六城は、ある理由で闇相撲に身を落としたが、遠藤との出会いで再び表舞台に返り咲こうと奮起するが・・・。
内容
豪華屋形船で出逢った身分違いの運命の恋、しかし彼らに待ち受けるのは過酷な運命だった・・・。
  • 激突き! 全5話 元ネタは「激突!
内容
ドライバーの男と執拗に追って来る軽トラックとの壮絶な闘いを描く。

脚注[編集]

関連項目[編集]