国立台南第一高級中学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国立台南第一高級中学
National Tainan First Senior High School
国立台南一中校舎
国立台南第一高級中学の位置(台南市内)
国立台南第一高級中学
国立台南第一高級中学の位置(台湾内)
国立台南第一高級中学
国立台南一中
概要
通称 台南一中
住所 台南市東区民族路1段1號
分類 国立
設立年 1922年
校訓 美毅健慧誠
外部リンク http://www.tnfsh.tn.edu.tw
職員・生徒
校長 張添唐
生徒数 2,837人
テンプレートを表示

国立台南第一高級中学(こくりつ たいなんだいいちこうきゅうちゅうがく)は、台湾台南市に位置する国立高級中学。略称は「台南一中」または「南一中」。1学年19クラス 合計57クラス。敷地面積は83,000平方メートル。

校史[編集]

1922年台湾総督府は植民地教育の推進を目的に中学校を増設した。しかし、日本人と一般の台湾人では日本語習熟度が異なるため別系統の教育制度が採用された。一般的には校名に「一」を付す中学では日本人と日本語習熟度の高い台湾人を、「二」を付す中学では台湾人の教育を担当していた。

台南一中はこの時期に台南市竹園町一丁目(当時)に「台南州立台南第二中学校」として設立された。同時期に創立された中学校としては、「台北二中」(現在の成功中学)、台中一中(現在の台中一中)、新竹中学(現在の新竹中学)、高雄中学(現在の国立高雄中学)の4校がある。

1945年12月14日、芝原仙雄が校長を務めていた台南第二中学は日本の降伏により中華民国政府に移管され、蘇恵鏗が戦後最初の校長として著任する。また「台南州立台南第二中学校」から「台湾省立台南第一中学」と改称され、更に高中の国営化政策により「国立台南第一高級中学」と改められた。

現在台南一中は男子校となっている。戦後高中が新たに設立される以前、台湾南部の優秀な生徒を集め、また男子校であったために理工系に強い学風を生み出した。近年は台南高雄に多くの高中が設置され、また教育部より高中進学振興政策の下、優秀な生徒を広く確保する観点から共学化が議論されている。

構内には日本統治時代に建築されたバロック様式の建築物が数多く保存されている。第二次世界大戦により戦災の被害を受けたが、現在では修復が完了し、台南市指定文化財として保護されている。

歴代校長[編集]

日本統治時代[編集]

  1. 高橋隆(1922年5月1日 - 1927年3月31日
  2. 小形留吉(1927年4月1日 - 1933年3月31日)
  3. 矢野速吉(1933年4月1日 - 1937年3月31日)
  4. 後藤義光(1937年4月1日 - 1942年3月31日)
  5. 今井盛太郎(1942年4月1日 - 1943年1月31日
  6. 芝原仙雄(1943年2月1日 - 1945年12月13日

戦後[編集]

  1. 蘇恵鏗(1945年12月14日 - 1956年7月30日
  2. 鄧芝如(1956年8月1日 - 1964年12月27日
  3. 金樹栄(1965年2月1日 - 1969年1月31日
  4. 李昇(1969年2月1日 - 1983年7月31日
  5. 史振鼎(1983年8月1日 - 1990年2月10日
  6. 許昭仁(1990年2月11日 - 1990年7月31日)(代理)
  7. 黄炎祥(1990年8月1日 - 1998年7月30日
  8. 蔡勇(1998年8月1日 - 2001年2月20日
  9. 張逸羣(2001年2月21日 - 2009年7月31日
  10. 黄運生(2009年8月1日 - 2012年7月31日
  11. 張添唐(2012年8月1日 - 現職)

校歌[編集]

蘇恵鏗 作詞 羅耀国 作曲

大海蒼蒼 高山昂昂 榕橋交拱 翠映我黌宮
海濱華胄 鄒魯文風 徳智體群 兮多士陶溶
勤読書 守秩序 思斉往哲 光文沈公
愛吾國 愛吾民 台南一中無負鄭成功

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯22度59分39秒 東経120度12分59秒 / 北緯22.99417度 東経120.21639度 / 22.99417; 120.21639