国立循環器病センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立循環器病センター病院
National Cardiovascular Center Osaka JPN.jpg
情報
英語名称 National Cardiovascular Center Hospital
許可病床数 640床
機能評価 一般500床以上:Ver4.0
開設者 厚生労働省
開設年月日 1977年7月
所在地
〒565-8565
大阪府吹田市藤白台五丁目7番1号
電話 06-6833-5012
二次医療圏 豊能
(PJ 医療機関)
  

国立循環器病センター(こくりつじゅんかんきびょうセンター、National Cardiovascular Center国循)とは、 厚生労働省直轄の施設等機関で、6つの国立高度専門医療センターの一つ。

目次

概要

厚生労働省組織令第150条に基づいて設置され、循環器病に関しての診断及び治療、調査及び研究並びに技術者の研修を行う。トップに当たる総長は2008年4月1日より橋本信夫(前京都大学大学院医学研究科脳神経外科学教授)が務めている。

名のとおり循環器を専門とする日本最先端の医療機関であると同時に、循環器病を専門とする医学研究機関でもある。病院は特定機能病院に位置づけられているが、大学付属病院以外で特定機能病院として認められているのは、当センターと国立がんセンターおよび大阪府立成人病センターのみである(2007年現在)。日本国内のみならず、日本国外からも患者が訪れる。

2010年4月1日より独立行政法人国立循環器病研究センターへの移行が決まっている。初代理事長は公募選考を行ったところ、総長の橋本のみが応募、書類選考・面接を経て橋本の就任が内定した。[1]

近くには入院患者の家族のためにドナルド・マクドナルド・ハウスが設置されており、看病のためそこに滞在することも可能になっている。

沿革

  • 1977年7月 - 開設式典を挙行。
  • 1977年8月 - 診療開始。
  • 1999年5月12日 - 国内2例目の心臓移植を行う。

歴代総長

  • 初代:吉田常雄(1977年6月 - 1983年8月)
  • 第2代:曲直部寿夫(1983年8月 - 1990年3月)
  • 第3代:尾前照雄(1990年4月 - 1995年3月)
  • 第4代:川島康生(1995年4月 - 1996年9月)
  • 第5代:菊池晴彦(1996年10月 - 2000年6月)
  • 第6代:山口武典(2000年7月 - 2001年3月)
  • 第7代:北村惣一郎(2001年4月 - 2008年3月)
  • 第8代:橋本信夫(2008年4月 - )

病院長

  • 曲直部寿夫(1977年6月 - 1983年8月)
  • 尾前照雄(1983年9月 - 1990年4月)
  • 川島康生(1990年4月 - 1995年4月)
  • 下村克朗(1995年4月 - 1997年3月)
  • 山口武典(1997年4月 - 2000年7月)
  • 北村惣一郎(2000年7月 - 2001年4月)
  • 友池仁暢(2001年6月 - )

研究所長

  • 岡小天(1977年6月 - 1981年10月)
  • 仁村泰治(1981年10月 - 1989年3月)
  • 松尾壽之(1989年4月 - 1997年3月)
  • 眞崎知生(1997年4月 - 2000年3月)
  • 菅弘之(2000年4月 - 2007年3月)
  • 寒川賢治(2007年4月 - )

アクセス

阪急電鉄千里線北千里駅から阪急バス[2]で約5分、「循環器病センター前」バス停下車すぐ。または同駅から徒歩15分。

その他

  • 2008年1月16日、勤務していた看護師が過労死したことについて、大阪地裁公務災害と認めた。
  • 2008年4月13日、心臓血管内科部長が、2005年 - 2007年の2年間にわたり、製薬会社各社から講演料などの名目で報酬を得ていたことが明らかになった。同センター側は、同部長は「この分野のトップの人材」であるとして、今後も外部での講演や執筆活動を認めるとしている。[3]

脚注

  1. ^ 厚生労働省:国立循環器病研究センター理事長の公募について
  2. ^ 30、54、55、56、59、64、66、78、79系統。
  3. ^ 国立循環器病センター部長、講演などで5000万円 - MSN産経ニュース(2008年4月14日)

関連項目

今日は何の日(2月22日

もっと見る

「国立循環器病センター」のQ&A