国立病院機構奈良医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構奈良医療センター
病院外観
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構奈良医療センター
英語名称 National Hospital Organization Nara Medical Center
前身 国立西奈良病院、国立奈良病院
標榜診療科 内科、脳神経内科、呼吸器科、消化器科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科
許可病床数

320床
一般病床:260床



結核病床:60床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 平林 秀裕(院長)
開設年月日 2004年12月1日
所在地
630-8053
奈良県奈良市七条二丁目789番地
位置 北緯34度39分56.1秒
東経135度46分35.9秒
二次医療圏 奈良
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構奈良医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうならいりょうセンター)は、奈良県奈良市にある医療機関独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立療養所西奈良病院国立奈良病院を西奈良病院の地において統合、奈良医療センターとして発足した[1](旧国立奈良病院は、市立奈良病院となった)。政策医療分野におけるがん、神経・筋疾患、呼吸器疾患重症心身障害の専門医療施設である。病院の南側に奈良県立奈良東養護学校が隣接している。

沿革[編集]

  • 2004年12月1日 - 国立西奈良病院と国立奈良病院を統合し、奈良医療センターとして発足。

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

周辺の施設等[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立奈良病院は奈良市に移譲されて市立奈良病院として発足し、地域医療振興協会指定管理者となった。国立病院・療養所の独立行政法人化等について(厚生労働省)参照。

出典[編集]

  • 独立行政法人国立病院機構奈良医療センター公式サイト