国立病院機構甲府病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構甲府病院
Kofu National Hospital.JPG
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構甲府病院
英語名称 National Hospital Organization Kofu National Hospital
前身 国立甲府病院
国立療養所西甲府病院
標榜診療科 内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、 整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科
許可病床数

276床
一般病床:270床



結核病床:6床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 長沼博文(院長)
開設年月日 2004年10月1日
所在地
400-8533
山梨県甲府市天神町11-35
位置 北緯35度40分38秒
東経138度34分03秒
二次医療圏 中北
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構甲府病院(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうこうふびょういん)は、山梨県甲府市にある医療機関独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立甲府病院及び旧国立療養所西甲府病院政策医療分野における成育医療、循環器病、呼吸器疾患結核を含む)、重症心身障害の専門医療施設である。

沿革[編集]

  • 1909年 歩兵第49連隊(甲府連隊)の誘致に際して、甲州財閥若尾民造が提供・買収して集積した用地のなかに甲府衛戍病院として創設
  • 1936年 甲府陸軍病院となる
  • 1945年12月1日 陸軍解体により厚生省へ移管、国立甲府病院となる
  • 1953年 国立療養所甲府病院と改称
  • 1962年 国立甲府病院と改称
  • 2001年1月6日 厚生労働省移管
  • 2004年(4月) 独立行政法人へ移行、国立病院機構甲府病院となる
  • (旧国立病院機構西甲府病院)
    • 1943年 山梨県立結核療養所として創設、その後日本医療団に移管
    • 1947年 厚生省へ移管、国立療養所山梨清楽荘となる
    • 1979年 国立療養所西甲府病院と改称
    • 2001年 厚生労働省へ移管
    • 2004年4月1日 独立行政法人へ移行、国立病院機構西甲府病院となる
  • 2004年10月1日 国立病院機構甲府病院と国立病院機構西甲府病院を甲府病院の地において統合。統合時の西甲府病院の地番は山梨県甲府市山宮町3368。

診療科[編集]

内科呼吸器科消化器科循環器科小児科外科整形外科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科

主な機能[編集]

交通アクセス[編集]

  • JR甲府駅北口1番乗り場より山梨交通バス14系統「HANAZONOホスピタル」行き、15系統「上帯那」行き、16・17系統「塚原」行きのいずれかに乗車し、「国立病院」バス停下車。
  • JR甲府駅北口から徒歩30分。
  • JR南甲府駅より山梨交通バス17系統「塚原」行きに乗車し、「国立病院」バス停下車