国立遺伝学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
国立遺伝学研究所
National Institute of Genetics.jpg
正式名称 国立遺伝学研究所
英語名称 National Institute of Genetics
略称 遺伝研、NIG
組織形態 大学共同利用機関
所在地 日本の旗 日本
411-8540
静岡県三島市谷田1111
北緯35度7分4秒
東経138度56分18.6秒
予算 45億円(2012年度)[1]
人数 スタッフ数:約400人
* 教員約70人含む
*(管理部、技術課、博士研究員、大学院生、補佐員等含む)
所長 花岡文雄
設立年月日 1949年
上位組織 情報・システム研究機構
所管 文部科学省
提供サービス DDBJ
ウェブサイト https://www.nig.ac.jp/
テンプレートを表示

国立遺伝学研究所(こくりついでんがくけんきゅうしょ、英:National Institute of Genetics)は、遺伝学生命科学研究所で、情報・システム研究機構を構成する大学共同利用機関の一つ。静岡県三島市に所在する[2]総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻があり、大学院教育も行われている。遺伝学研究所内に日本遺伝学会事務局が置かれている。2014年度まで、国家事業であるナショナルバイオリソースプロジェクトの事務局も置かれた。

概要[編集]

国立遺伝学研究所は、生命科学分野における中核研究機関として国際水準の先端的研究に取り組んでいる。また、生命科学を支える中核拠点として、バイオリソース事業、日本DNAデータバンク(DDBJ)事業、DNAシーケンシング事業を行っている。

具体的な例としては、1950年代から日本の研究者が世界各地から集めた野生種を多数保管・栽培しており、栽培種の起源探求のほか、病害や塩害に強い品種改良ゲノム編集を含む)を研究している[2]

研究所の敷地内には研究用として多数のの木が植えられており、市民から桜の名所として親しまれている。桜のシーズンの毎年4月に行われる一般公開は多くの人でにぎわう。

研究の内容[編集]

大腸菌からヒトまで、分子レベルから生物集団レベルまで、理論から実験まで、遺伝学に関わる幅広い分野で研究を行う[3]分子進化の分野では中立説を提唱した木村資生や「ほぼ中立説」を提唱した太田朋子らが中心になって理論研究を進めた。

国立遺伝学研究所に付置されているDDBJでは塩基配列データベースのDDBJ/EMBL/GenBankやDRA(DDBJ Sequence Read Archive)をはじめ様々な研究ツールを無償で提供している。

教員採用基準[編集]

公募時の提出書類として、一般的には2名の研究者の推薦状や連絡先を求められるのに対して、国内・国外各2名以内の推薦状や連絡先を求められる。

富澤純一所長の時代に、助教授も研究室主宰者とすることとなった。研究室主宰者が定年退官した場合には研究室は解散し、所属する助教などの転出を促すこととなった。

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立遺伝学研究所 総合研究大学院大学 遺伝学専攻 要覧(2007年)Archived 2013年6月26日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b 「世界中から野生稲収集/静岡・国立遺伝研 21種1700系統以上 品種改良へ貴重資源」『日本農業新聞』2021年4月14日13面
  3. ^ 国立遺伝学研究所 総合研究大学院大学遺伝学専攻 要覧(2015年)

関連項目[編集]