国人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国人(こくじん、くにびと、くにゅうど)とは、広くその国の国民、住民のこと[1]

六国史日本後紀および三代実録)において国衙領の国民または住民を指す言葉として用いられ[1]、越前国人、大和国人、河内国人などが見える[2][3]

また、国人領主(こくじんりょうしゅ)は中世の史料において、在京の名目上の領主である中央官吏に対して在地の実質上の領主を指す言葉として用いられ(国人領主制[1][4]国衆(くにしゅう)や在国衆(ざいこくしゅう)とほぼ同義ないし明確な違いは無い[1]

概要[編集]

国人とは、日本後紀においてはその国衙領の国民ないし住民を指し、中世史料においては在国の有力名主を指す一般的呼称として用いられた史料上の言葉ないし用語である[1]

平安時代中期に成立した後期王朝国家体制の下で荘園公領の管理者となった荘官郡司郷司保司の階層や、そこに出自することの多かった鎌倉時代以降の地頭の系譜を引く武士を指す資料用語である。幕府守護荘園領主など外部の支配層に対抗する在地勢力の意味で使われ、独自の領域支配をめざした。

「国人」という呼称は、「在地に居住した惣領を中心に独自の勢力を持つ武士」を指す言葉として、鎌倉時代から散見される。彼らの直接の源流は鎌倉時代の地頭職の武士にあり、そうした武士たちが土着し、在地領主となったものである。鎌倉時代には、支配層に反抗する者の意味を含む「悪党」という名で呼ばれることもあった。

この層の武士たちが重要な存在となったのは鎌倉幕府滅亡の前後から南北朝時代にかけてで、特に観応の擾乱の頃からである。南北朝時代には、諸国の政治・軍事は国元に腰を据えている領主たちによって動かされた。一方で国人たちは、中央政界の動向にも敏感に対応していった。国人は室町幕府守護大名・荘園領主の行動を左右する実力を蓄積する在地勢力にまでに成長したのである。この背景には、南北朝の動乱期に目覚めた支配下の農民層への支配力の強化、室町幕府や守護大名の支配や干渉への対抗、馬借問丸といった運送業の発達に伴う流通経済・地域経済の伸張がある。

領地の経営では、在国あるいは在地領主としての国人領主は、各所に散在して地方を支配するという地頭領主型の支配形態から一歩進み、本領を中心に集中性を持つ領域支配をするようになった。国人層は荘園領主と地下人の対立に介入し、代官職や所務職などを請け負うこともあった。国人領主の領域支配は、それ以前の在地領主と比べて土地と農民の支配がより強固である。検地や国人間に結ばれた人返しなどがこの例である。

国人は、守護や荘園領主など領域外からの支配者に対しては、その被官となって半従属的支配を受けることもあれば、領内の百姓身分の上層部である地侍を被官化することによって得た強力な軍事力や他の国人との連携を背景に反抗することもあった。南北朝時代から室町時代にかけてしばしば起きた国一揆(国人一揆=国人領主連合)は、形態は様々だが国人領主同士の結合と見ることができる。

戦国時代になると、守護大名の支配が衰微した地域では、国人は城持ちの独立領主として存在し、やがて大部分の国人は戦国大名の家臣団に組み込まれていった。その一方、守護大名を凌ぐ勢力を持った国人は、毛利氏長宗我部氏龍造寺氏田村氏のように戦国大名となるものも現れた。

各地の主な国人領主[編集]

蝦夷地[編集]

蝦夷国 蠣崎氏(松前氏)

奥羽地方[編集]

陸奥国 南部氏大浦氏八戸氏大光寺氏斯波氏和賀氏稗貫氏九戸氏久慈氏閉伊氏浄法寺氏工藤氏阿曽沼氏、江刺氏、薄衣氏、岩淵氏、葛西氏大崎氏黒川氏留守氏国分氏、秋保氏、砂金氏、氏家氏、高清水氏、長江氏、朴沢氏、馬籠氏、本吉氏、亘理氏白石氏相馬氏岩城氏結城氏田村氏石川氏標葉氏上遠野氏、飯野氏、伊達氏蘆名氏猪苗代氏、懸田氏、佐藤氏鬼庭氏(茂庭氏)畠山氏石橋氏、大内氏、長沼氏二階堂氏
出羽国 安東氏秋田氏)、大平氏小野寺氏白岩氏新城氏戸沢氏楢岡氏浅利氏本堂氏八柳氏六郷氏由利十二頭最上氏武藤氏天童氏寒河江氏白鳥氏、鮭延氏、楯岡氏東根氏左沢氏細川氏

関東地方[編集]

常陸国 佐竹氏江戸氏小田氏小野崎氏笠間氏鹿島氏、菅谷氏、大掾氏土岐氏原氏)、真壁氏山入氏、山方氏、小栗氏、小瀬氏、小川氏、小田野氏、信太氏
下野国 宇都宮氏那須氏佐野氏小山氏塩谷氏多功氏芳賀氏益子氏皆川氏、足利長尾氏、蘆野氏伊王野氏大関氏大田原氏千本氏福原氏壬生氏武茂氏茂木氏、君島氏、長沼氏
上野国 今井氏横瀬氏由良氏)、桐生氏長尾氏長野氏赤井氏岩松氏上泉氏後閑氏、高田氏、沼田氏
下総国 結城氏千葉氏足利氏、臼井氏、海上氏、白井氏、高城氏多賀谷氏野田氏原氏水谷氏山川氏簗田氏
上総国 酒井氏土岐氏、山室氏
安房国 正木氏安西氏
武蔵国 江戸氏太田氏深谷氏宅間氏大石氏一色氏金子氏吉良氏佐々木氏豊島氏渋川氏成田氏三田氏
相模国 大森氏三浦氏曾我氏松田氏

北陸地方[編集]

越後国 長尾氏色部氏千坂氏宇佐美氏、柿崎氏、加地氏北条氏小国氏新発田氏上条氏直江氏平子氏本庄氏山本寺氏
佐渡国 本間氏
越中国 轡田氏、蜷川氏、宮崎氏、上野氏、唐人氏、埜崎氏、神保氏椎名氏石黒氏土肥氏斎藤氏
能登国 長氏温井氏遊佐氏
加賀国 富樫氏斎藤氏
越前国 朝倉氏甲斐氏堀江氏山崎氏
若狭国 粟屋氏逸見氏、本郷氏

中部地方[編集]

甲斐国 今井氏穴山氏小山田氏跡部氏甘利氏板垣氏、波木井氏(南部氏)、市川氏、大井氏栗原氏飯富氏、小佐手氏、馬場氏、諸角氏、横田氏
信濃国 諏訪氏仁科氏井上氏高梨氏、須田氏、市河氏保科氏島津氏村上氏屋代氏栗田氏海野氏根津氏望月氏香坂氏真田氏依田氏大井氏高遠氏大日方氏片桐氏知久氏三村氏木曾氏
飛騨国 姉小路氏三木氏江馬氏内ヶ島氏広瀬氏牛丸氏
美濃国 浅野氏斎藤氏稲葉氏氏家氏安藤氏遠山氏明智氏山県氏落合氏清水氏、可児氏、各務氏、蜂屋氏原氏木田氏東氏遠藤氏竹中氏不破氏佐藤氏、大島氏、西尾氏、土田氏、肥田氏平井氏、岸氏、坂津氏、森氏、日比野氏、日根野氏、仙石氏長井氏土岐氏坂上氏徳山氏村国氏関氏安田氏鷲見氏、松葉氏、青木氏国枝氏堀氏杉原氏、妻木氏、坪内氏

東海地方[編集]

駿河国 朝比奈氏葛山氏福島氏富士氏
遠江国 天方氏、天野氏井伊氏大河内氏小笠原氏久野氏本間氏、浜名氏
三河国 鵜殿氏奥平氏吉良氏菅沼氏西郷氏戸田氏牧野氏松平氏足助氏三河鈴木氏、荒川氏、大須賀氏
尾張国 織田氏佐久間氏佐々氏丹羽氏林氏久松氏前田氏山田氏水野氏水野氏 (桓武平氏)毛利氏山内氏山口氏石橋氏
伊勢国 神戸氏長野氏関氏大河内氏木造氏、坂内氏、田丸氏、波瀬氏、藤方氏
志摩国 九鬼氏
伊賀国 服部氏、百地氏、藤林氏、阿波氏、福喜多氏、中氏、浅野氏、今堀氏、乾氏、町井氏、上月氏、城戸氏、稲増氏、竹島氏、田矢氏、常岡氏、稲垣氏、阿拝氏、仁木氏

畿内近国[編集]

近江国 佐々木氏浅井氏赤尾氏青地氏浅見氏安部井氏、磯野氏、今井氏大原氏朽木氏、善積氏、和田氏高屋氏、小倉氏、上坂氏、蒲生氏、駒井氏、下坂氏、高宮氏、平井氏渡辺氏
山城国 革嶋氏、椿井氏、松井氏
摂津国 芥川氏、荒木氏有馬氏池田氏伊丹氏茨木氏入江氏、瓦林氏、多田氏、塩川氏、高山氏、中川氏、能勢氏、溝杭氏、渡辺氏松原氏三宅氏、薬師寺氏、和田氏
和泉国 淡輪氏、天羽氏、寺田氏、沼田氏、和久氏
河内国 遊佐氏入江氏松井氏水走氏、安見氏、渡辺氏津熊氏
大和国 筒井氏越智氏、沢氏、多田氏、吐山氏、十市氏、豊田氏、布施氏、柳生氏
紀伊国 雑賀衆藤白鈴木氏、湯河氏、野辺氏、周参見氏、玉置氏、山本氏
淡路国 安宅氏、賀集氏、梶原氏吉川氏、管氏、野口氏、広田氏、福良氏、船越氏

山陰地方[編集]

但馬国 垣屋氏八木氏太田垣氏、田結庄氏、田公氏、宿南氏
丹波国 波多野氏赤井氏内藤氏、宇津氏、川勝氏、上林氏、須知氏、大槻氏、塩見氏、足立氏、荻野氏、久下氏酒井氏、中澤氏、籾井氏
丹後国 延永氏、石川氏
因幡国 草刈氏、田公氏三上氏因幡毛利氏矢部氏波多野氏、丹比氏、鹿野氏吉見氏、伊田氏、木原氏因幡武田氏中村氏秋里氏吉岡氏佐治氏
伯耆国 南条氏小鴨氏山田氏行松氏福頼氏村上氏越振氏進氏東郷氏、小森氏、蜂塚氏日野氏長氏
出雲国 尼子氏三沢氏三刀屋氏赤穴氏、神西氏、宍道氏、末次氏、大西氏、湯原氏、米原氏
隠岐国 隠岐氏
石見国 石見吉川氏石見小笠原氏、祖式氏、佐波氏、周布氏高橋氏、出羽氏、多胡氏、永安氏、都野氏、本城氏、益田氏、三隅氏、福屋氏、吉見氏、久利氏

山陽地方[編集]

播磨国 別所氏三木氏、明石氏、安積氏、在田氏、淡河氏、糟谷氏、後藤氏、依藤氏、有馬氏
備前国 浦上氏松田氏金光氏宇喜多氏、伊賀氏、能勢氏
備中国 三村氏庄氏石川氏上野氏、秋葉氏、新見氏、多治部氏、清水氏、妹尾氏、陶山氏、難波氏、南氏
美作国 後藤氏、江見氏、佐藤氏、新免氏、中島氏、美作三浦氏美作菅家党垪和氏原田氏、大河原氏、草刈氏
備後国 山内氏多賀山氏宮氏、古志氏、渋川氏杉原氏、田総氏、福原氏三吉氏渡辺氏、和智氏、福田氏、有地氏、楢崎氏、高須氏
安芸国 毛利氏吉川氏小早川氏阿曽沼氏天野氏井上氏香川氏熊谷氏宍戸氏、白井氏、山県氏、野間氏、平賀氏厳島神主家
周防国 陶氏、青景氏、椙杜氏問田氏仁保氏冷泉氏杉氏
長門国 内藤氏岡部氏厚東氏、豊田氏

四国地方[編集]

讃岐国 十河氏香川氏秋山氏、有岡氏、池内氏、鴨井氏、寒川氏、長尾氏、羽床氏、前田氏三木氏、光井氏、三谷氏、牟礼氏、由佐氏、香西氏、奈良氏
阿波国 麻殖氏、伊沢氏近藤氏、大西氏、市原氏、海部氏、鎌田氏、佐々木氏、新開氏、三枝氏佐野氏、田口氏、多田氏土肥氏原田氏三木氏、元木氏、森氏山田氏麻植氏吉成氏三好氏
土佐国 長宗我部氏本山氏安芸氏吉良氏香宗我部氏津野氏大平氏山田氏、片岡氏、豊永氏、石谷氏、入交氏、弘田氏
伊予国 河野氏西園寺氏宇都宮氏、忽那氏、戒能氏、金子氏、土居氏、真鍋氏高橋氏、妻鳥氏、薦田氏

九州地方[編集]

豊前国 杉氏城井氏、佐田氏、時枝氏豊前長野氏、貫氏、野中氏、門司氏
豊後国 大友氏佐伯氏戸次氏臼杵氏、一万田氏、佐田氏、志賀氏、託摩氏、田北氏、立花氏、田原氏、阿南氏、吉弘氏、朽網氏野上氏、瀬口氏
筑前国 少弐氏麻生氏河崎氏原田氏宗像氏秋月氏
筑後国 蒲池氏河崎氏、草野氏、黒木氏、五条氏、筑後高橋氏田尻氏西牟田氏星野氏、三池氏、問註所氏
肥前国 龍造寺氏鍋島氏有馬氏松浦氏、上妻氏、犬塚氏、伊万里氏、宇久氏五島氏)、江上氏大村氏、小河氏、小田氏、神代氏、草野氏、西郷氏渋川氏田尻氏高木氏肥前千葉氏筑紫氏長崎氏、成冨氏、波多氏、深堀氏、横岳氏、平井氏後藤氏
対馬国 宗氏
肥後国 菊池氏相良氏阿蘇氏赤星氏、鹿子木氏、城氏隈部氏甲斐氏名和氏宇土氏、五条氏、和仁氏、合志氏、小代氏、内空閑氏、天草氏、志岐氏、大矢野氏、上津浦氏、栖本氏、長島氏
日向国 伊東氏北原氏土持氏北郷氏樺山氏新納氏、三田井氏、米良氏、梅北氏、若林氏
大隅国 肝付氏伊地知氏、上井氏、牛屎氏、加治木氏、税所氏、敷根氏、禰寝氏、菱刈氏、平田氏、本田氏
薩摩国 島津氏伊集院氏、鎌田氏、川上氏山田氏、川田氏、入来院氏祁答院氏東郷氏高城氏鶴田氏蒲生氏、大前氏、和泉氏、執印氏種子島氏八木氏

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 大辞泉(小学館)
  2. ^ 日本後紀
  3. ^ 三代実録
  4. ^ 日本史広辞典(山川出版)

参考資料[編集]

  • 大石泰史編 『全国国衆ガイド 戦国の“地元の殿様”たち』 星海社、2015年8月25日、ISBN 978-4-06-138571-9

関連項目[編集]