国道106号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道106号標識
国道106号
地図
総延長 92.7 km
実延長 92.7 km
現道 92.7 km
制定年 1953年昭和28年)指定
開通年 - 1978年昭和53年)[1]
起点 岩手県宮古市
築地交差点(北緯39度38分29.64秒 東経141度57分32.63秒 / 北緯39.6415667度 東経141.9590639度 / 39.6415667; 141.9590639 (築地交差点(起点))
終点 岩手県盛岡市
市役所前交差点(北緯39度42分8.01秒 東経141度9分15.21秒 / 北緯39.7022250度 東経141.1542250度 / 39.7022250; 141.1542250 (市役所前交差点(終点))
接続する
主な道路
(記法)
国道045号標識 国道45号
国道340号標識 国道340号
国道004号標識 国道4号
国道455号標識 国道455号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

国道106号(こくどう106ごう)は、岩手県宮古市から盛岡市に至る一般国道である。本道路のバイパスとして順次整備が進められている地域高規格道路の宮古盛岡横断道路についても本項で述べる。

概要[編集]

盛岡市茶畑
2013年5月。

古くから宮古街道[2]または閉伊街道[3]と呼ばれてきた道路を踏襲している。同じ二地点を結ぶJR山田線とは盛岡駅 - 区界駅間を除く区界駅以東の区間で閉伊川に沿って併走している。区界駅以西の区間は簗川に沿って進む。

かつては川沿いにカーブの多い線形だったが、昭和40年代後半から道路改良が行われトンネルを多用した直線的な区間が増えたことで、東日本大震災発生前である2011年(平成23年)当時の盛岡市から宮古市への標準的な所要時間は1時間44分であった[4]

国道106号全線が宮古盛岡横断道路として地域高規格道路に指定されていたことにより東日本大震災の復興支援道路として重点的な整備がなされた[5][6]結果、東日本大震災発生から10年後の2021年(令和3年)3月に復興支援道路として事業がすすめられた宮古盛岡横断道路は全線開通し、宮古市から盛岡市への所要時間は1時間27分に短縮された[7]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[8][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

宮古盛岡横断道路[編集]

宮古盛岡横断道路(みやこもりおかおうだんどうろ)は、宮古市から盛岡市に至る延長約100 kmの地域高規格道路である[11][12]。線形不良による交通隘路区間の解消、三次医療施設へのアクセス向上、沿岸地域の産業・経済の復興⽀援等を目的として事業が進められている[13]1994年平成6年)12月16日に計画路線の指定を受け、うち18 kmが宮古西道路達曽部道路簗川道路都南川目道路として事業化されてきた[11]が、東日本大震災の復興支援道路として[5]2011年平成23年)11月21日[14]優先整備区間[15]48 km(宮古箱石道路(宮古 - 箱石)、平津戸松草道路(平津戸・岩井 - 松草)、区界道路(区界 - 簗川))が新規事業化され[11][13]、2020年(令和2年)4月には田鎖蟇目道路[16]、2021年(令和3年)4月には箱石達曽部道路がそれぞれ新規事業化された[17]。このうち宮古西道路、田鎖蟇目道路、箱石達曽部道路、平津戸松草道路平津戸工区、区界道路、都南川目道路は自動車専用道路、その他は一般道路である。なお、2011年平成23年)年度末の供用状況は、1999年平成11年)11月16日に供用を開始[15]した達曽部道路1.4 kmのみであった[11]。また、都南川目道路は国の直轄権限代行事業として事業が行われた[18]

年表[編集]

ここでは宮古盛岡横断道路として行われた改良事業についても紹介する。

  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道106号宮古盛岡線(宮古市 - 盛岡市)として指定施行[19]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道106号として指定施行[8]
  • 1978年(昭和53年)10月31日 - 一次改築工事が完了し、全線開通した[20]
  • 1994年平成6年)12月16日 - 全線が地域高規格道路宮古盛岡横断道路として指定を受けた。
  • 1999年(平成11年)11月16日 - 川井村(現宮古市)川内に達曽部道路が開通した。同時に並行する現道が市町村道に格下げされた。
  • 2011年(平成23年)11月21日 - 第三次補正予算(12兆1025億円)が成立し、宮古盛岡横断道路を「復興支援道路」として整備する予算措置がなされた[14]。未着手区間のうち宮古箱石道路(宮古西道路を含む36 km)、平津戸松草道路(7 km)、区界道路(8 km)が国土交通省の事業権限代行のもとで事業化された。
  • 2013年(平成25年) - 盛岡市に簗川ダムの付け替え道路事業として整備していた簗川道路が開通した[21]
  • 2016年(平成28年)3月12日 - 都南川目道路 川目IC - 田の沢ICが開通した[22]
  • 2019年(平成31年)3月30日 - 宮古西道路 宮古中央IC - 宮古根市ICが開通した[23]
  • 2019年(令和元年)12月8日 - 都南川目道路 田の沢IC - 手代森ICが開通した[24]
  • 2020年(令和2年)
    • 3月30日 - 宮古箱石道路 下川井工区が開通した[25]
    • 4月 - 田鎖蟇目道路が新規事業化[16]
    • 7月12日 - 宮古西道路 宮古港IC - 宮古中央ICが開通した[26]
    • 12月5日 - 区界道路が開通した[27]
  • 2021年(令和3年)3月28日 - 宮古箱石道路 蟇目 - 腹帯地区[28]と川井 - 箱石地区[28]、平津戸松草道路 平津戸工区[28]と岩井・松草工区[28]の開通により、復興支援道路として事業化された区間が全線開通となった[7]
  • 2021年(令和3年)度 - 箱石達曽部道路が新規事業化[17]

開通予定年度[編集]

  • 未定
    • 田鎖蟇目道路[16]
    • 箱石達曽部道路[17]

路線状況[編集]

宮古バイパス[編集]

宮古(みやこ)バイパスは、宮古市の築地交差点から同市上鼻(かんぱな)2丁目(北緯39.632536度0分0秒 東経141.915327度0分0秒 / 北緯39.63254度 東経141.91533度 / 39.63254; 141.91533 (宮古市上鼻2丁目))に至るバイパス道路である。1984年昭和59年)に全線で供用を開始した[29]旧道は国道指定解除された結果、岩手県道40号宮古岩泉線の一部および宮古市道となっている。

宮古箱石道路[編集]

宮古箱石道路(みやこはこいしどうろ)は宮古盛岡横断道路を構成する道路で、宮古市藤原から同市箱石に至る区間である(岩手県施行区間を除き33 km)[30]。このうち起点側の宮古市藤原から同市根市までは宮古西道路として岩手県と国土交通省により自動車専用道路が整備されており(後述)、残る区間については復興支援道路として国土交通省が岩手県から権限代行を受けて下記の線形不良区間3箇所(計16 km)について一般道の規格(第3種第2級)でバイパス整備が行われているが、本線部分は自動車専用道路規格(第1種第3級)を担保とした設計[31]となる予定。2013年平成25年)に着工され、2021年(令和3年)3月28日に全通した。

  • 起点:宮古市藤原3丁目[13]
  • 終点:宮古市箱石第5地割[13]
  • 延長:約33 km[30][13]
  • 道路規格:第1種第3級(宮古西道路)、第3種第2級(宮古西道路を除く区間)[30]
  • 設計速度:80 km/h(宮古西道路)、60 km/h(宮古西道路を除く区間)[30]
  • 事業着手:2011年平成23年)度
  • 開通
  • 事業者:国土交通省東北地方整備局[30]
  • 主な工区[30]

宮古西道路[編集]

宮古西道路(みやこにしどうろ)は宮古箱石道路を構成する道路で、宮古市藤原[30]から同市根市[32]に至る自動車専用道路である[33]。宮古市街地から閉伊川を挟んだ右岸(南)側を主に通過する。宮古市藤原(宮古港IC)から三陸自動車道と接続する宮古中央ICまでの区間(4.0 km)は国が直轄施行し2020年令和2年)7月12日に開通した[26]。宮古中央ICから宮古根市ICまでの区間(3.4 km)は岩手県が施行し、2019年平成31年)3月30日に開通した[23][32]

田鎖蟇目道路[編集]

田鎖蟇目道路(たくさりひきめどうろ)は宮古盛岡横断道路を構成する道路で、宮古市田鎖から蟇目に至る延長7.2 kmの区間である[16]

箱石達曽部道路[編集]

達曽部道路[編集]

達曽部道路(たっそべどうろ)は宮古盛岡横断道路を構成する道路で、宮古市(開通時は下閉伊郡川井村)川内を起終点とする、延長1.4 kmの区間である。一般道路の規格である第3種第1級(設計速度80 km/h)で、完成2車線で建設された[33]1994年平成6年度)に着工し、1999年平成11年)11月16日に開通した[38]

平津戸松草道路[編集]

平津戸松草道路(ひらつとまつくさどうろ)は宮古盛岡横断道路を構成する道路で、宮古市平津戸から同市区界に至る区間である。復興支援道路として国土交通省が岩手県から権限代行を受けて下記の線形不良区間2箇所(計7 km)について、平津戸工区は自動車専用道路の規格(第1種第3級)、岩井・松草工区は一般道の規格(第3種第2級)でバイパス整備が行われている[39]2014年平成26年)に着工された。平津戸工区には宮古市側では最長となる延長3,159 mの(仮称)平津戸トンネルが含まれているが、2018年平成30年)5月30日に貫通している[40]

  • 起点:宮古市平津戸[39]
  • 終点:宮古市区界第4地割[39]
  • 延長:約7 km[39]
  • 道路規格:第1種第3級(平津戸工区/自動車専用道路)、第3種第2級(岩井・松草工区)
  • 設計速度:80 km/h(平津戸工区)、60 km/h(岩井・松草工区)
  • 事業着手:2011年平成23年)度
  • 開通:2021年令和3年)3月28日[28]
  • 事業者:国土交通省東北地方整備局
  • 主な工区

区界道路[編集]

区界道路(くざかいどうろ)は宮古盛岡横断道路を構成する道路で、宮古市区界から盛岡市簗川に至る区間である。復興支援道路として国土交通省が岩手県から権限代行を受けて区界峠を回避する自動車専用道路(第1種第3級)として整備が行われている[41]。全長は約8 kmでこのうち2018年(平成30年)1月11日に貫通式があった新区界トンネル(全長4,998 m、事業費約250億円)は、岩手県内のトンネルで最長、東北では3番目の長さとなる[42]。トンネル長が5,000 mをわずかに下回った理由は道路法第46条第3項に基づき5,000 m以上の道路トンネルに適用される危険物積載車両の通行制限適用を回避するためである[43]

整備により同路線で最大の難所とされる区界峠を回避できるようになる。2014年平成26年)に着工され、2020年令和2年)12月5日に開通[27]。総事業費は約370億円[44]

簗川道路[編集]

簗川道路(やながわどうろ)は宮古盛岡横断道路を構成する道路で、道路規格は第3種第1級の一般道路。道路の線形改良や狭小区間の解消を主目的としているが、現道は付近を流れる簗川に建設中の簗川ダムによって水没するため、付替道路としても建設された[45]。当初は2007年度(平成19年度)の完成計画となっていた[45]が、2012年3月に2013年度末の供用開始予定を発表し[46]2013年平成25年)3月10日に全線で供用を開始した[47][48]区界道路都南川目道路の開通により、起点で区界道路と、終点近くの川目ICで都南川目道路と接続していて、川目IC-終点間はランプウェイになっている[41][18]。また、簗川ダム水没エリアは2014年1月頃に封鎖され、通れなくなっているほか、水没しない旧道部分は2014年3月31日までに市道に格下げされた[49]

都南川目道路[編集]

都南川目道路(となんかわめどうろ)は宮古盛岡横断道路を構成する道路。現道は盛岡市街地に向かうが、本道路は盛岡市街地南方の盛岡市手代森で国道396号および岩手県道36号上米内湯沢線と接続している[18]。県道36号を西に向かうと国道4号東北自動車道盛岡南ICと接続する。当初は完成4車線の計画のもと、暫定2車線で供用を開始することとなっていたが、完成2車線に改められた[33]

重複区間[編集]

  • 国道340号(宮古市茂市第5地割 - 宮古市川井第1地割)

道路施設[編集]

道の駅[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • 全区間岩手県内に所在。
  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。施設欄の背景色がである区間は未開通区間または未供用施設に該当する。未開通区間の名称は全て仮称である。
道路名 IC番号 施設名 接続路線名 起点
から
(km)
備考 所在地
国道106号
宮古箱石道路
(宮古西道路)
宮古港IC 国道45号 0.0 - 宮古市
宮古中央IC E45 三陸沿岸道路(宮古中央JCT経由)
岩手県道277号宮古港線
国道106号(現道)・宮古バイパス
岩手県道40号宮古岩泉線
4.0 -
宮古田鎖IC 岩手県道200号花輪千徳線 5.4
宮古根市IC 国道106号(現道) 7.3
国道106号
田鎖蟇目道路
宮古田鎖IC 岩手県道200号花輪千徳線 5.4 事業中[16]
牛伏IC 事業中[16]
蟇目IC 国道106号(現道) 12.6
国道106号
宮古箱石道路
(蟇目 - 腹帯地区)
茂市出入口
腹帯 国道106号(現道) 19.6
国道106号(現道)
国道106号
宮古箱石道路
(下川井地区)
古田 国道106号(現道) 0.0 盛岡方面出入口のみ
川井 国道106号(現道) 2.0 宮古方面出入口のみ
国道106号(現道)
国道106号
宮古箱石道路
(川井 - 箱石地区)
川井 国道106号(現道) 0.0
上川井出入口 盛岡方面出入口のみ
箱石第5地割 国道106号(現道) 7.0
国道106号(現道)
国道106号
箱石達曽部道路
箱石 国道106号(現道) 事業中[36][37]
川内IC 国道106号(現道) 事業中[36][37]
川内 国道106号(現道) 0.0  
国道106号
達曽部道路
一般道路
川内 国道106号(現道) 1.4
国道106号(現道)
国道106号
平津戸松草道路
平津戸 国道106号(現道) 0.0
区界第4地割 6.3
一般道路
区界第4地割 国道106号(現道) 7.0
国道106号(現道)
国道106号
区界道路
区界第1地割 国道106号(現道) 0.0
新区界トンネル - 長さ 4,998 m
盛岡市
簗川第6地割 国道106号(現道) 8.0
国道106号
簗川道路
一般道路
川目IC 国道106号(現道) 14.7
国道106号
都南川目道路
盛岡方面出入口のみ
田の沢IC 国道106号(現道)
岩手県道36号上米内湯沢線
17.3
手代森IC 国道396号国道456号
岩手県道36号上米内湯沢線
20.7
基本計画区間
E4
東北自動車道
41 盛岡南IC 岩手県道36号上米内湯沢線
宮古盛岡横断道路(計画路線)

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
宮古港IC - 宮古根市IC 2=1+1
完成2車線 中央分離帯付き)
80 km/h
宮古田鎖IC - 蟇目IC 未開通
蟇目IC - 腹帯 2=1+1
完成2車線 中央分離帯付き)
80 km/h
国道106号(現道)
宮古市古田 - 宮古市川井 2=1+1
完成2車線 中央分離帯付き)
60 km/h
国道106号(現道)
宮古市川井 - 宮古市箱石第5地割 2=1+1
完成2車線 中央分離帯付き)
80 km/h
箱石 - 川内 未開通
宮古市川内 - 宮古市川内 2=1+1 60 km/h
国道106号(現道)
平津戸 - 区界第4地割 2=1+1
(完成2車線 中央分離帯付き)
80 km/h
区界第4地割 - 区界第4地割 2=1+1 60 km/h
国道106号(現道)
区界第1地割 - 簗川第6地割 2=1+1
(完成2車線 中央分離帯付き)
80 km/h
簗川第6地割 - 川目IC 2=1+1 60 km/h
川目IC - 手代森IC 2=1+1
(完成2車線 中央分離帯付き)
80 km/h

トンネルと橋[編集]

トンネル・橋梁名称 読み方 延長 区間 備考
煙突山トンネル えんとつやま 1,554 m 宮古港IC - 宮古中央IC
小山田こ道橋 こやまだ 93 m
小山田西トンネル こやまだにし 1,100 m
松山トンネル まつやま 73 m 宮古中央IC - 宮古田鎖IC
宮古田鎖橋 みやこたくさり 56 m 宮古田鎖IC - 宮古根市IC
田鎖トンネル たくさり 326 m
宮古西大橋 みやこにし 431 m
宮古田鎖IC - 蟇目IC 未開通
ひきめ大橋 124 m 蟇目 - 茂市出入口
ひきめトンネル 1,885 m
茂市上の橋 もいちかみ 143 m 茂市出入口 - 腹帯
茂市トンネル もいち 1,174 m
蕨の沢橋 わらびのさわ 50 m
腹帯清水トンネル はらたいしみず 577 m
腹帯大橋 はらたい 278 m
腹帯水神トンネル はらたいすいじん 283 m
国道106号(現道)
古田トンネル ふった 2,050 m 古田 - 川井
国道106号(現道)
川井第1トンネル かわい 1,764 m 川井 - 上川井出入口
中川井橋 なかかわい 18 m
川井第2トンネル かわい 1,782 m
上川井橋 かみかわい 15 m 上川井出入口 - 箱石
上川井トンネル かみかわい 559 m
片巣大橋 かたす 164 m
片巣トンネル かたす 1,493 m
新箱石大橋 しんはこいし 144 m
箱石 - 川内 未開通
下平1号橋 しただいら 67 m 川内 - 川内
下平第1トンネル しただいら 196 m
下平1号橋 しただいら 64 m
下平第2トンネル しただいら 635 m
国道106号(現道)
与部沢こ線橋 よべさわ 99 m 平津戸 - 区界第4地割
与部沢トンネル よべさわ 1,039 m
新葛部沢橋 しんくずべさわ 16 m
平津戸トンネル ひらつと 3,159 m
岩井第1トンネル いわい 682 m
新栃渕橋 しんとちぶち 112 m
岩井第2トンネル いわい 143 m
岩井沢橋 いわいさわ 51 m
新松草橋 しんまつくさ 上り:46 m
下り:48 m
笹平橋 ささだいら 上り:41 m
下り:45 m
松草トンネル まつくさ 534 m
国道106号(現道)
去石こ線橋 さりいし 207 m 区界第1地割 - 区界第6地割
新区界トンネル しんくざかい 4,998 m
簗川トンネル やながわ 1,576 m
簗川新橋 やながわ 33 m
曽利田1号橋 そりだ 38 m 区界第6地割 - 川目IC
曽利田トンネル そりだ 194 m
曽利田2号橋 そりだ 46 m
水沢橋 みずさわ 97 m
水沢トンネル みずさわ 411 m
天狗岩橋 てんぐいわ 39 m
境鼻トンネル さかいばな 138 m
境鼻橋 さかいばな 59 m
落合橋 おちあい 226 m
簗川大橋 やながわ 264 m
宇曽沢1号橋 うそざわ 142 m
宇曽沢2号橋 うそざわ 110 m
宇曽沢3号橋 うそざわ 108 m
大升沢トンネル おおますざわ 263 m
大升沢橋 おおますざわ 315 m
級沢橋 まださわ 385 m
川目橋 かわめ 354 m
新川目トンネル しんかわめ 757 m 川目IC - 田の沢IC
田の沢こ道橋 たのさわ 23 m 田の沢IC - 手代森IC
手代森トンネル てしろもり 2,625 m

(出典:「宮古盛岡横断道路地図(一括) 」 (岩手県ホームページ[51])より

地理[編集]

通過する自治体[編集]

岩手県宮古市腹帯付近(国道340号との重複区間)

交差する道路[編集]

直轄指定区間編入の要望[編集]

国道106号の道の駅区界高原に掲示された「国道106号を国道46号に編入してほしい」の看板

国道106号は宮古 - 盛岡 - 秋田の横断軸の一部であり、三陸沿岸地域の早期復興に「復興道路」として位置づけられている。その一層の強化を図るために、岩手県は国道106号を指定区間に編入し、国道46号等と併せて国で一体的に管理すること国に対し要望している[52]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年6月6日に宮古市ほか1町1村が合併して宮古市発足。
  3. ^ 2010年1月1日に宮古市へ編入。
  4. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ “岩手県の道路の略年表” (PDF). 岩手県公式ページ (岩手県). http://www.pref.iwate.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/004/491/ryakunennpyo140423.pdf 
  2. ^ いわての街道(宮古街道)”. 岩手県. 2012年9月29日閲覧。
  3. ^ 閉伊街道図解題”. 岩手県立図書館. 2012年9月29日閲覧。
  4. ^ 道路時刻表(国道106号)”. 国土交通省東北地方整備局道路部. 2010年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月29日閲覧。
  5. ^ a b 「復興道路・復興支援道路」の概要”. 復興道路・復興支援道路情報サイト. 国土交通省東北地方整備局道路部. 2012年9月29日閲覧。
  6. ^ 復興道路を核とした道路施策の取組方針(概要版) (PDF)”. 岩手県 (2012年3月). 2021年4月1日閲覧。
  7. ^ a b 宮古盛岡横断道路 3月28日全線開通へ 宮古〜盛岡の所要時間18分短縮<岩手・宮古市>”. 岩手めんこいテレビ (2021年3月24日). 2021年4月1日閲覧。
  8. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月2日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年5月5日閲覧。
  10. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月2日閲覧。
  11. ^ a b c d 復興道路:宮古盛岡横断道路(宮古 - 盛岡)”. 復興道路・復興支援道路情報サイト. 国土交通省東北地方整備局道路部. 2012年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月29日閲覧。
  12. ^ 国道106号 宮古盛岡横断道路 改築事業”. 国土交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所. 2019年4月29日閲覧。
  13. ^ a b c d e 平成29年度東北地方整備局事業評価監視委員会(第3回)資料5 (PDF)”. 東北地方整備局. 2019年4月29日閲覧。
  14. ^ a b はじめに”. 復興道路・復興支援道路情報サイト. 国土交通省東北地方整備局. 2012年9月29日閲覧。
  15. ^ a b 宮古盛岡横断道路優先整備区間の位置図 (PDF)”. いわて復興ネット. 2012年9月29日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k 新規事業採択時評価結果(令和2年度新規事業化箇所) (PDF)”. 国土交通省道路局. 2020年4月23日閲覧。
  17. ^ a b c 新規事業採択時評価結果(令和3年度新規事業化箇所) (PDF)”. 国土交通省道路局. 2021年4月11日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i 一般国道106号都南川目道路 都南川目道路の位置付けと事業経緯 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局. 2012年9月29日閲覧。
  19. ^ ウィキソースには、[[s:二級国道の路線を指定する政令 (昭和二十八年)|二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)]]の原文があります。
  20. ^ 事務所のあゆみ”. 国土交通省東北地方整備局三陸国道事務所. 2014年11月30日閲覧。
  21. ^ “一般国道の供用開始(平成25年3月8日盛岡広域振興局長告示第25号)”, 岩手県報 第11251号, (2013年3月8日) 
  22. ^ a b “復興⽀援道路【宮古盛岡横断道路】都南川⽬道路が部分開通します〜⾼速ネットワークの整備で地域の活性化に寄与〜” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省岩手河川国道事務所, (2016年2月8日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/59617_1.pdf 2016年3月6日閲覧。 
  23. ^ a b 松山-根市間30日開通 宮古西道路”. 岩手日報 (2019年3月2日). 2019年3月30日閲覧。
  24. ^ a b 宮古盛岡横断道路 都南川目道路が全線開通します! 都南川目道路「田の沢IC〜手代森IC」間が令和元年12月8日(日)15時に開通 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 岩手河川国道事務所・岩手県・盛岡市 (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  25. ^ a b 復興支援道路 宮古盛岡横断道路 宮古〜箱石間の「下川井地区(古田トンネル)」が完成 令和2年3月30日(月)に交通切り替えを行います (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 三陸国道事務所 (2020年3月25日). 2020年3月25日閲覧。
  26. ^ a b 三陸沿岸道路と宮古港がつながります! 三陸沿岸道路「宮古中央JCT〜田老真崎海岸IC」間と宮古盛岡横断道路「宮古港IC〜宮古中央IC」間が令和2年7月12日(日)16時00分に同時開通 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 三陸国道事務所・岩手県・宮古市 (2020年6月30日). 2020年6月30日閲覧。
  27. ^ a b c 宮古〜盛岡間の最大の難所が解消! 宮古盛岡横断道路「区界〜簗川」間が令和2年12月5日(土)15時00分に開通 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 岩手河川国道事務所・岩手県・盛岡市・宮古市 (2020年10月27日). 2020年10月27日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g “岩手県内の復興道路・復興支援道路の開通について” (pdf) (プレスリリース), 国土交通省 東北地方整備局 三陸国道事務所・岩手河川国道事務所, (2021年3月5日), http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/kisya/kisyah/images/85692_1.pdf 2021年3月5日閲覧。 
  29. ^ 宮古市議会平成11年12月定例会 12月15日4号 (1999年12月15日). 宮古市議会会議録検索システム”. 宮古市議会. 2012年9月29日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i 三陸国道事務所 平成30年度事業概要”. 国土交通省三陸国道事務所. 2019年5月2日閲覧。
  31. ^ 設計報告書 - 茂市トンネル (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 (2014年3月). 2016年5月21日閲覧。[リンク切れ]
  32. ^ a b c <平成31年3月30日>宮古盛岡横断道路 宮古西道路(宮古中央IC~宮古根市IC)の開通式を開催しました!”. 岩手県. 2019年5月2日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i 一般国道106号都南川目道路 事業計画の検討(車線数)] (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局. 2012年9月29日閲覧。
  34. ^ a b c 第133 回岩手県都市計画審議会 (PDF)”. 岩手県. 2006年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月29日閲覧。
  35. ^ a b c 一般国道106号(宮古盛岡横断道路)田鎖蟇目道路に係る新規事業採択時評価 (PDF)”. 国土交通省道路局. 2020年4月23日閲覧。
  36. ^ a b c d e f g h i j 一般国道106号(宮古盛岡横断道路)箱石達曽部道路 説明資料 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 (2021年3月9日). 2021年3月9日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i j 令和3年度三陸国道事務所の事業概要について (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 (2021年3月30日). 2021年3月30日閲覧。
  38. ^ 国道106号 宮古盛岡横断道路 通信 - 国土交通省 東北地方整備局
  39. ^ a b c d e f g 岩手河川国道事務所 平津戸松草道路 進捗状況 (PDF)”. 国土交通省岩手河川国道事務所. 2015年11月29日閲覧。
  40. ^ “復興支援道路宮古盛岡横断道路一般国道106号平津戸松草道路(仮称)平津戸トンネル貫通式のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 清水建設(株)東北支店、国道交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所, (2018年5月16日), http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/kisya/kisyah/images/70028_1.pdf 2019年4月29日閲覧。 
  41. ^ a b c d e 岩手河川国道事務所 区界道路 進捗状況 (PDF)” (日本語). 国土交通省岩手河川国道事務所 (2015年8月28日). 2019年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月3日閲覧。
  42. ^ <宮古盛岡横断道>岩手最長4998 m 盛岡と宮古つなぐトンネルが貫通」『河北新報』河北新報社、2018年1月12日。2019年3月3日閲覧。オリジナルの2018-01-13時点におけるアーカイブ。
  43. ^ 新区界トンネル着工 宮古盛岡横断道路、難所回避へ」『岩手日報』岩手日報社、2015年6月29日。2019年3月3日閲覧。オリジナルの2015-07-02時点におけるアーカイブ。
  44. ^ 新区界トンネル着工 宮古盛岡横断道路、難所回避へ」『岩手日報』岩手日報社、2016年6月9日。2019年3月3日閲覧。オリジナルの2018-01-12時点におけるアーカイブ。
  45. ^ a b 大規模公共事業再評価調書(簗川道路) (PDF)”. 岩手県. 2012年9月29日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ 簗川ダムだより第18号 (PDF)”. 岩手県簗川ダム建設事務所. 2012年9月29日閲覧。
  47. ^ “国道106号・盛岡・簗川道路 3月10日開通”. 河北新報. (2013年1月18日). オリジナルの2013年1月22日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130122091306/http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130118t31034.htm 2013年1月18日閲覧。 
  48. ^ “県が復興道路として位置付けた「宮古盛岡横断道路」の初めての開通区間について(簗川ダム付替道路)” (PDF) (プレスリリース), 岩手県県土整備部道路建設課, (2013年1月16日), http://www.pref.iwate.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/004/771/20130116_1-01.pdf 2013年1月18日閲覧。 
  49. ^ 簗川ダムだより No.25 (PDF)”. 岩手県 (2013年12月). 2014年6月20日閲覧。
  50. ^ a b c 道路の区域変更(平成23年岩手県盛岡広域振興局長告示第5号) (PDF) 『岩手県報』第11034号 (2011年1月25日)
  51. ^ 地域高規格道路 一般国道106号 宮古盛岡横断道路”. 2021年4月14日閲覧。
  52. ^ 岩手県政党要望”. 2012年12月12日閲覧。

関連項目[編集]