国道126号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道126号標識
国道126号
地図
総延長 106.5 km
実延長 106.5 km
現道 106.5 km
制定年 1953年指定
起点 千葉県銚子市
銚子大橋前交差点(地図
主な
経由都市
千葉県東金市
終点 千葉県千葉市稲毛区
穴川インター交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
国道124号標識 国道124号
国道356号標識 国道356号
国道296号標識 国道296号
国道128号標識 国道128号
国道16号標識 国道16号
国道14号標識 国道14号
国道51号標識 国道51号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
起点の銚子大橋前交差点
千葉県銚子市(2015年6月)
国道126号 終点
千葉県千葉市稲毛区
穴川インター交差点

国道126号(こくどう126ごう)は、千葉県銚子市から東金市を経由して、千葉市稲毛区に至る一般国道である。

概要[編集]

千葉県山武郡横芝光町
(2015年3月)

旭市の網戸交差点付近から山武市の津辺交差点付近までは、JR総武本線とほぼ並走している。1970年代以降に開発されたバイパス道路が開発されたことで、沿線の旭市、匝瑳市、山武市、東金市には旧道(銚子道)が存在する。穴川インター交差点から広小路交差点の間は、かつては国道16号に指定されていた区間である。自動車専用道路バイパスとして、銚子連絡道路横芝光IC - 松尾横芝IC)、圏央道(松尾横芝IC - 東金IC/JCT)および千葉東金道路(東金IC/JCT - 千葉東JCT)が開通済である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

バイパス[編集]

飯岡バイパス
千葉県旭市蛇園
  • 飯岡バイパス(旭市)
  • 東金バイパス(山武市 - 東金市)

重複区間[編集]

国道
  • 国道409号東金市・台方十字路交差点 - 東金市・小野交差点)
  • 国道128号(東金市・台方十字路交差点 - 千葉市中央区・広小路交差点)
県道

国道126号の旧道[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

国道14号国道51号との分岐
千葉市中央区本町 広小路交差点

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在
  3. ^ 2013年4月26日に圏央道に編入。
  4. ^ 穴川インター交差点 - 千葉市中央区本町1丁目広小路交差点まではかつては国道16号(国土交通省による指定区間)の一部だったが、京葉道路沿いの千葉バイパスの全通後、指定区間解除の上、千葉市が管理する国道126号に編入されている。

出典[編集]

関連項目[編集]