国道133号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道133号標識
国道133号
総延長 1.4 km
実延長 1.4 km
現道 1.4 km
制定年 1953年指定
起点 横浜港神奈川県横浜市中区
開港広場前交差点(地図
終点 神奈川県横浜市中区
桜木町一丁目交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
国道16号標識 国道16号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道133号(日本大通り)
右側建物は神奈川県庁

国道133号(こくどう133ごう)は、横浜港から神奈川県横浜市中区桜木町に至る一般国道である。

概要[編集]

横浜市内にある横浜港の横浜第二港湾合同庁舎前(開港広場前交差点)から神奈川県庁横浜第二合同庁舎の前を通り、中区桜木町の国道16号交点(桜木町一丁目交差点)とを結ぶ延長1.4 kmの一般国道の路線で、いわゆる港国道のひとつ。国道としての歴史は古く、1885年(明治18年)に明治政府により国道(明治国道)が制定されたときの東京から横浜港へ至る「國道一号」を継承する路線である[1]。沿道には明治時代からの近代建築が建ち並び、起点付近で横浜港のシンボルともなっている大さん橋へとつながる[1]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

1885年明治18年)

『内務省告示第6号』(國道表)により横浜港に至る国道として、1号国道「東京より横浜港に達する路線」として表れる。これは現在の国道15号と国道133号に相当する路線で、神奈川で大阪へ向かう2号国道が分岐していた。この1号国道の桜木町から横浜港までは、現在の国道133号のほぼ同じルートである。

1920年大正9年)

道路法』に基づく『路線認定』の施行により、横浜港に至る国道は国道36号「東京市より横浜港に達する路線」となった。この路線は青木町字七軒町(神奈川区青木町)までが国道1号(日本橋 - 伊勢神宮)、本町(中区本町)までが国道31号(日本橋 - 横須賀)と重複するもので、現在の国道133号の性格(港国道)に近いものとなった。

1934年昭和9年)

国道36号が当時の国道1号のバイパスとして建設着工された新京浜国道を通る経過地に変更される。

1953年(昭和28年)5月18日

道路法に基づく『路線指定』にて、二級国道133号横浜港線(横浜港 - 横浜市中区桜木町)として指定施行。

1965年(昭和40年)4月1日

道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道133号として指定施行[2]

路線状況[編集]

通称[編集]

道路施設[編集]

橋梁[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f 2015年4月1日現在
  3. ^ 読みは「ほんちょうどおり」。横浜市の都市計画道路としては3・3・1号「本町線」(ほんちょうせん)に該当する。なお西側から辿った場合、国道133号は港郵便局前で開港資料館の方に左折し日本大通りに合流するが、本町通りはそのまま東に直進して元町中華街駅の東側にある谷戸橋まで続いている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 松波成行 2008, p. 101、「いちばん古い国道」より。
  2. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 7. 2017年5月7日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市中区 本町通り(横浜線沿線散歩:街角散歩 2008年10月)

参考文献[編集]

  • 松波成行「おもしろ国道ア・ラ・カルト」、『酷道をゆく』、イカロス出版2008年3月20日、 101頁、 ISBN 978-4-86320-025-8。

関連項目[編集]