国道138号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道138号標識
国道138号
地図
総延長 73.3 km[注釈 1]
実延長 66.1 km[注釈 1]
現道 66.1 km[注釈 1]
制定年 1953年指定
起点 山梨県富士吉田市
上宿交差点(地図
主な
経由都市
静岡県御殿場市
終点 神奈川県小田原市
小田原市民会館前交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
国道137号標識 国道137号
国道139号標識 国道139号
国道300号標識 国道300号
国道413号標識 国道413号
国道469号標識 国道469号
国道246号標識 国道246号
国道1号標識 国道1号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国道138号 起点
山梨県富士吉田市 上宿交差点付近

国道138号(こくどう138ごう)は、山梨県富士吉田市から静岡県御殿場市を経由して、神奈川県小田原市に至る一般国道である。

概要[編集]

国道1号(重複区間)への分岐
神奈川県足柄下郡箱根町
宮ノ下交差点付近

山梨県の南東部で位置する富士吉田市の中心市街から、富士山の東部山麓の山中湖箱根を経由しての神奈川県小田原市街地に至る一般国道の路線である。主な通過地は、山梨県山中湖村、静岡県御殿場市、神奈川県箱根町で、富士吉田 - 山中湖間は「旧鎌倉往還」、山中湖 - 御殿場 - 箱根間は「箱根裏街道」とよばれる道で、籠坂峠乙女峠といった山岳地も通過する。箱根町宮ノ下から終点の小田原市民会館前までの区間は、国道1号東海道)と道路を重用する。御殿場市内に旧道に並行するバイパス道路として開通し、現在は現道になっている御殿場バイパスがある。歴史的には、1953年に最初の国道指定を受けて二級国道138号富士吉田小田原線となり、1965年に道路法改正に伴い一般国道138号になった。

起点の上宿交差点は国道137号国道139号と接続し、御殿場で国道246号裾野バイパスと連絡、終点側は新・旧の国道1号と結ばれる。途中の御殿場バイパスでは高速自動車国道である東名高速道路御殿場インターチェンジ (IC) で接続しており、高速道路や主要幹線国道と連絡を担う重要な幹線道路になっている。富士山の眺望もよく、沿線に山中湖、箱根温泉などの観光地や大型ショッピングセンターが点在し、観光シーズンなどには道路が渋滞するほど混雑するときがある。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

静岡県駿東郡小山町
須走付近からの富士山
2015年3月撮影

富士山が見える区間が多い。富士吉田市上宿交差点より、富士山の裾野からスタートして高原を進む。しばらく行くと富士五湖の一つである山中湖が見える。籠坂峠を上りきると、静岡県駿東郡小山町の須走の集落に出る。周辺には、東富士五湖道路須走IC、富士山須走口や自衛隊富士学校がある。

そのまま走ると御殿場市に入り、しばらくすると御殿場バイパスと旧国道138号(静岡県道401号・神奈川県道736号御殿場箱根線)の分岐があり、ここからバイパスが始まる。国道246号との立体交差をくぐり、バイパスを進むと東名高速道路御殿場ICがある。旧国道とは深沢西交差点でいったん合流したあと、深沢東交差点で再び分岐する。

県境の乙女峠をトンネルで抜ける乙女道路有料道路であった頃は、長尾峠(現在の静岡県道401号・神奈川県道736号御殿場箱根線)も国道138号だった。富士山の眺望のいい乙女峠を抜けると神奈川県足柄下郡箱根町に入る。山道を走り宮ノ下交差点で国道1号と合流して、小田原市小田原城付近で終点となる。

週末や、夏の観光シーズンを中心に、富士吉田市の市街地、山中湖周辺、東富士五湖道路須走IC - 東名高速道路御殿場ICなどで、信号が多いこともあり、著しい渋滞が発生する。特に、並行する道路がない須走IC - ぐみ沢上交差点の間は激しい渋滞となるため、御殿場バイパスの延伸が進められている。また、御殿場プレミアム・アウトレットへ出入りする車で、付近が激しく混雑することもある。しかし、2014年6月28日の圏央道の相模原愛川ICから高尾山ICまでの区間の開通によって今まで東富士五湖道路を利用していた運転手も圏央道経由に変更したため渋滞も大幅に緩和された。

バイパス[編集]

御殿場バイパス
(国道246号との分岐)
静岡県御殿場市茱萸沢

有料道路[編集]

通称[編集]

  • 旧鎌倉往還(上宿交差点 - 旭日丘交差点)
  • 箱根裏街道(旭日丘交差点 - ぐみ沢上交差点、深沢西交差点 - 宮ノ下交差点)
  • 乙女道路乙女峠付近)
  • 富士パノラマライン(国道139号山梨県山中湖村籠坂<静岡県境> - 富士吉田市経由 - 富士河口湖町<静岡県境>)[注釈 5]

重複区間[編集]

  • 国道413号(山梨県富士吉田市 - 南都留郡山中湖村)
  • 国道1号(神奈川県足柄下郡箱根町 - 小田原市)

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

国道413号の分岐
山梨県南都留郡山中湖村

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

主な峠[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 東富士五湖道路を含む。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在
  4. ^ 1956年9月30日に2町3村が合併して足柄下郡箱根町発足。
  5. ^ 山梨県による道路愛称名[11]
  6. ^ 現道とは第二出入口(東京方面)のみ接続しており、第一出入口は旧道(静岡県道401号御殿場箱根線)との接続となる。

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年9月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (XLS)”. 道路統計年報2019. 国土交通省道路局. 2020年6月11日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年8月27日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和35年6月20日政令第167号)の原文があります。
  6. ^ 1964年10月28日、日本道路公団公告第39号
  7. ^ ウィキソースには、一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)の原文があります。
  8. ^ 1984年12月17日、日本道路公団公告第30号
  9. ^ 同日、建設省告示第1140号
  10. ^ 国道138号線を通行する路線バスの運転再開見込みについて”. 箱根登山バス株式会社. 2020年1月2日閲覧。
  11. ^ 山梨全域道路愛称名対象路線及び愛称名 (PDF)”. 山梨県県土整備部道路管理課. 2013年4月8日閲覧。

関連項目[編集]