国道150号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道150号標識
国道150号
地図
総延長 127.4 km
実延長 127.4 km
現道 106.5 km
制定年 1953年([[昭和[]]28年)指定
起点 静岡県静岡市清水区地図
主な
経由都市
静岡県焼津市牧之原市
終点 静岡県浜松市中区
相生町交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
国道149号標識 国道149号
国道473号標識 国道473号
国道1号標識 国道1号
国道152号標識 国道152号
国道257号標識 国道257号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国道150号 起点付近
静岡市清水区 清開1丁目
国道150号 終点
静岡県浜松市中区 相生町交差点

国道150号(こくどう150ごう)は、静岡県静岡市清水区から浜松市に至る一般国道である。

概要[編集]

静岡県の内陸を通過する国道1号に対し、駿河湾遠州灘を沿うように大きく南に迂回する経路を取る。

起点の静岡市清水区から、駿河湾沿いに位置する、焼津市牧之原市御前崎市などを経由し、終点の浜松市に至る路線である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

なお、政令上の起点は清水市となっているが、合併と政令指定都市移行に伴って、静岡市清水区となっている。

歴史[編集]

起点について、当初は国道1号駿河大橋(安倍川)西詰の丸子新田交差点(手越原I.C交差点)にあった[4]が、1981年(昭和56年)に静岡市の広野交差点から清水市[注釈 2]までの静岡県道26号静岡久能清水線の一部および静岡県道204号大谷用宗線を編入し[5]、起点も清水市に変更された。その後も枝状に分かれることとなった広野交差点から丸子新田交差点までの区間も国道150号として扱われていたが、2005年に静岡市へ移管された[注釈 6][5]。これにより、起点側で国道1号とは直接接続することはなくなった。

静岡市の大崩海岸の断崖を通っていた旧道区間は、その名の通り何度も土砂災害に見舞われて、ルートを変遷させてきた[6]。この区間は、バイパスである新日本坂トンネルの開通によって国道が移り、2004年(平成16年)に海上高架区間があった旧道は静岡県に移管されて静岡県道416号静岡焼津線に替わった[7][6]

年表[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道150号静岡浜松線(静岡市 - 浜松市)として指定施行[8]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道150号として指定施行[1]
  • 1971年(昭和46年)7月5日 - 大崩海岸の第5洞門が通行中の乗用車1台を巻き込みながら崩落[9]。同区間が長期間通行止めとなった。
  • 1981年(昭和56年)4月30日 - 起点側を延伸し、一般国道150号(清水市[注釈 2] - 浜松市)として指定施行[10]
  • 2004年平成16年)7月30日 - 静岡バイパスの広野交差点 - 焼津バイパスの木屋川交差点を本線に転換。
  • 2005年(平成17年)2月1日 - 広野交差点 - 木屋川交差点(大崩海岸沿いを経由する旧道)を静岡県道416号静岡焼津線に、手越原I.C. - 広野交差点を静岡市道手越原広野三丁目線に指定[注釈 6][5]

路線状況[編集]

静岡市・焼津市の「バイパス」区間および御前崎市内は概ね4車線化されている。

バイパス[編集]

清水バイパス
静岡県静岡市清水区駒越西

通称[編集]

  • しみずマリンロード
  • いちごライン
  • 久能街道
  • 掛塚街道(浜松市)
  • 遠州大橋通り(浜松市)

道の駅[編集]

地理[編集]

国道1号との交差
静岡県浜松市南区

静岡市の久能街道や牧之原市南部では駿河湾を望めるほど海岸に近接している。安倍川大井川天竜川を渡る。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c 2003年4月1日静岡市と清水市が合併して静岡市発足。2005年4月1日に政令指定都市へ移行して清水区発足。
  3. ^ 2005年10月11日に榛原町と合併して牧之原市発足。
  4. ^ 2005年4月1日に磐田市ほか3町1村が合併して磐田市発足。
  5. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在
  6. ^ a b これら旧道区間の通称は用宗街道
  7. ^ ただし、どちらも起点、終点を示す標識等はない。

出典[編集]

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年5月24日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月11日閲覧。
  4. ^ 人文社 1989, pp. 102,111.
  5. ^ a b c 様式集 (PDF)”. 静岡県交通基盤部. 2014年3月3日閲覧。
  6. ^ a b 平沼義之 2018, p. 107.
  7. ^ 佐藤健太郎『国道者』新潮社、2015年11月25日、45頁。ISBN 978-4-10-339731-1。
  8. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  9. ^ 「泥中に無残な1遺体 静岡の山くずれ」『中國新聞』昭和46年7月7日15面
  10. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和56年4月30日政令第153号)”. 法庫. 2013年1月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人文社 (1989), 東名・中央圏広域道路地図 (1989年8月 ed.), 人文社, ISBN 4-7959-0055-8 
  • 平沼義之「失われた酷道」『酷道大百科』〈ブルーガイド・グラフィック〉、実業之日本社、2018年12月28日、 107頁、 ISBN 978-4-408-06392-8。

関連項目[編集]